So-net無料ブログ作成

柿もぎ2011 [2011仕事・作業]

柿の木は弱いので折れやすい。
柿もぎ(“もぐ”は“取る”)最中に枝が折れて梯子や脚立から転倒した事故話には事を欠かない。

しかし相変わらず父親は、本日もサーカス顔負けの如く豪快にゆらゆらと枝を揺らしている。

76.jpg

農作業合間に柿もぎもまた作業と云える我が家=
=親戚や知合いに届けるために毎年秋後半の風物詩だ。

とある一本の木で、伸びすぎて邪魔になった枝を切断する、とのことで、
そのまま切り落とすと柿が傷つきダメになるので、
切断部より先端の枝をロープで支え、父親がノコギリで切断し、私が枝部をゆっくり引き下ろす。

77.jpg

こうなれば、その後の柿もぎは楽なのだが、
通常は梯子や脚立に上ったり、高枝バサミでもぐので、それなりの時間を要する。

78.jpg

実家周りは、邪魔になったものを伐採して現在は4本で、私の家の周りも3本ある。

79.jpg

必要十分量の木々で、そもそもそんなに必要ともしないので、
現在は写真撮影の被写体として雪が積もるのを静かに待っている、というところか。

75.jpg

柿はお腹を冷す=寒い時期は注意して程々に味わいましょう。
私は果物が好きではないので柿も例外にもれず・・・黙々と作業マシンと化しているのみ。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。