So-net無料ブログ作成
検索選択

恵みの雨も豪雨警戒 [-2013近況]

昨日からの雨は田畑には待望の恵みの雨である。
が、夜半から凄まじい雨が降り続いていてニュースにもなるなど、少し不安にもなっている。

86.jpg

あの日ような地元の増水、町会各所の土砂災害、R113寸断騒ぎにならなければ良いが・・・。

87.jpg

こんな時によく見るWebカメラ
 → 山形県R113道路ライブカメラ
 → 新潟県ライブカメラ

さて今日は・・・。
nice!(0)  コメント(0) 

肥料振り2011 [2011農の作業]

7月下旬は追肥(おいごえ)の時期だ。
上手くゆけば収量アップと食味向上が望めるが、下手をすると倒伏などの危険性もある。
実はここが判らぬことだらけで頭を悩ましている。

71.jpg

具体的には生育診断(生長具合)が判らない。
生長具合により施肥適期と使用量が決定されるべきだが、今の自分はできない。
まずは親に従って摺り合わすのみだ。

72.jpg

動力散布機での作業は如何にムラ無く散布できるかだが、これが難しい。
散布機と肥料で約30kg弱は決して軽くなくて、傾斜や段差、凸凹の畦で軽くふらついたりする。
田んぼを何枚もこなすと結構な重労働だ。

73.jpg

ゴムの緩い靴下は長靴の中でズレてしまい足の踏ん張りを阻害して不快だ。
潔く脱いで裸足で作業を継続する・・・こんな靴下履くなよ!

74.jpg

この追肥作業においての生育診断と散布作業は課題だらけ=登竜門?

75.jpg

しかし難しいゆえに、やり甲斐もある!
・・・と、ポジティブなことでヨシ! ・・・と、しておこう♪

nice!(0)  コメント(0) 

デントコーンの種蒔き2011 [2011農の作業]

減反の畑に牛用飼料のデントコーンを植えた。
今年は遅れに遅れた今頃なので秋の収穫に不安はあるが、植えぬとは云ってられないし。

81.jpg

82.jpg

既に草が伸び放題で酷い畑であったので、自走機で草刈りを行い、トラクターで丁寧に耕し、
と例年以上に手間と時間が掛かってしまった。

83.jpg

昭和の香り漂う種蒔き機ごんべえが今年も登場。

84.jpg

手押しでモコモコと進めるが、草が引っ掛かり気持ち良く前進できない↓

85.jpg

およそ2mおきに草を取り除くので立ったりしゃがんだりの動作が辛い↓

86.jpg

その後に肥料を散布する。

87.jpg

約2反部の畑は片道約60~80mほどか? これを1m間隔で往復するのだ。
この日は曇り空ゆえに気力体力充実ゆえに1時間半ほどだが、炎天下では2時間以上要する↓

88.jpg

すぐさま除草剤を散布する。

89.jpg

約2反部の畑を3箇所だが、周囲の草刈りから始まって大変な時間を要した。

90.jpg

何事も適切な時期があろうが、これも遅い春の影響だ。

昨年のゲリラ豪雨と異常に暑い夏、今年は遅い雪融けと早すぎる梅雨明け・・・
今後も、わけの判らぬ気象と闘わなければならないようだ。


そんな、いっぱいいっぱいの仕事の中なので、ゴミを発見するとメラメラと怒りが込み上げる。

79.jpg

お前の家の周りにカップラーメンの容器が捨てられていて気持ち良いか!?

・・・と、いうわけだ。
nice!(0)  コメント(0) 

ゴミを捨てるな! [-2013ひとりごと]

自宅前からセブンイレブンまで200m弱の道路脇には、残念なことにいつもゴミが落ちている。
ここが自分の土地云々ではなく、公共モラルとして気分が悪い。

93.jpg

当初は高校生風情が捨てたゴミかと思っていたが、
父親曰く、「アレは昼間にクルマ停車して食べた大人が捨てているみたいだぞ」とのこと。
確かに付近の道路では昼間に停車して休んでいるクルマは多く見かける。

春先などは冬期間に捨てられ溜った大量のゴミが田んぼにもあり気分が悪い。

モラルの低いルーズな大人がこのザマでは、子どもも真似て良い社会にはならぬもの。
ゴミ捨て現場を見つけたらドヤそうと、鼻息荒く即戦闘モード突入の準備はできている私だ。

nice!(0)  コメント(1) 

トラクターロータリの爪交換 [2011仕事・作業]

トラクターの耕運ロータリの爪交換を行った。

41.jpg

田んぼの荒起こしでは昨年の株がそのまま残るなど、
ただ切り込みを入れただけのようで、全く起きていない状態が多く見受けられてまずかった。
原因は明らかな爪の摩耗だ。

42.jpg

たぶん購入以来の初交換かも。

43.jpg

よくぞここまで・・・単純に耕運量に比例するが管理がルーズである。

44.jpg

石を叩いてか、縦方向にまで鋼は変形している!

45.jpg

きつくボルト締めする必要があるので、外すのでもハンマーで叩かなければならない=重労働。

46.jpg

もちろん締めるのもハンマーで叩きつつだ=さらに重労働。

47.jpg

朝の6時頃から8時までは涼しかったが、
9時再開では陽が上がり、あまりに暑いので日陰へ移動して黙々と作業は続く。

48.jpg

爪は44枚で、結局12時過ぎまでの、計5時間も要した=思ったより時間が掛かるものだ。

49.jpg

石だらけの田んぼも酷いが、砂の田んぼでの使用では瞬く間に摩耗するらしい。
ランニングコストはバカにならないので、このような視点でも自由に田んぼを選べたら良いが・・・。

政府が語る大規模集約などは絶対に有り得ない。
土地売買においては金にまつわる様々な思惑など、どろどろとした世界では動かせるはずがない。
収穫が上がる、管理しやすいなど理想の田んぼの確保は、夢だよなぁ・・・と今日も脱線閉幕。


nice!(0)  コメント(0) 

『平均年収2500万円の農村』 [本(農業)]

現状はとても活気があるとは感じられない淋しい我が町なので・・・。

『平均年収2500万円の農村』   藤原忠彦 著   ソリックブックス

39.jpg

実はここ長野県川上村は2回ほど通過したことがある。

一度目は1997年秋に小諸よりJR小海線で南下し従兄弟のマダム実家へ訪問した際に通過した。
しかし、その時は村の様子はよく判らなかった。
目的のJR最高地点へ野辺山駅からレンタママチャリで漕ぎまくったことのみ鮮明に覚えているが・・・。

二度目は一昨年秋に北杜よりR141で爆走北上して草津温泉へ向う時にだ。
その時は高原の広大な野菜畑とトラクター群が目立ち、何となく活気を感じたことを覚えている。
当時の私は脱サラ半年後ゆえに、農業感覚に自然と意識が向いたものと思われる。

そーか、そーだったのか!
当時知っていれば、山形ナンバーが村内を怪しく徘徊していたことだろう♪ 惜しい。
私もこのように、考えて実践して結果をだす覇気ある自治体の中で生きてゆきたい。
nice!(0)  コメント(0) 

印象的な虹 [夏の景色]

低くて太いライン・・・先日見かけた印象的な虹。

  (肉眼では迫力を感じたが、写真は広角撮影ゆえに伝わらないな~↓)
99.jpg

進行方向ゆえに、この後はこの虹の架け橋の下をクルマで通る浪漫気分満点な私。
・・・しかしその現実は雨の中。
「これって、まぼろし~」
IKKOさんのように苦笑いする私。

遠くで目に入るものと、そこにある現実。
世の中も人生も、虚々実々に溢れるそんなものなのかもしれない。

「う~む、IKKOさんは奥深いな」

今日も、どーでもイイことが徒然に心に浮かんでは消えてゆく呑気な私。
この余裕どうよ・・・今日も少年ハートのオヤジはゆく。
nice!(0)  コメント(0) 

道路陥没・・・朝篠-水沢 [-2013地域活動・行事]

先月の豪雨の後に、我が家の田んぼへ行く道路のひとつで陥没して通行止めの所がある。
松岡地区から朝篠地区経由で水沢地区へ至る旧道で、
田んぼまで、あと100mという地点の横川側で、ぽっかりと大穴が開いている。

61.jpg

川面まで約8mくらいか?見事に貫通しており、周囲のアスファルト下も崩れている!
この復旧工事は大規模になり時間を要することは素人の私でも判る。

62.jpg

そこで田んぼへ行くには、R113でトンネルを抜けて大石地区から行けることは行ける。


水沢地区の田んぼ前の道路でも側溝の一部が陥没している。

63.jpg

やはり豪雨や増水時に山際や川際の道路は危険なので通行してはいけない。

64.jpg

しかし、大石地区と水沢地区間は狭い上にくねくねと曲がっている小さい峠となっていて、
以前崩れかけた場所も多い超危険な道路だ。

65.jpg

軽トラックでの通行は問題が無いが、
ここを2tロングトラックでトラクターやコンバインを積んで通行するとなると少し怖い。
稲刈りまで復旧してくれればよいが、期待は薄かも(泣)

ちなみに、この写真を撮れる道路なのだが。

15.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

今夏のスポーツ観戦と仕事 [-2013ひとりごと]

朝仕事の最中に、なでしこジャパンが劇的な試合展開で世界一に!
決勝トーナメントに入り、ドイツ、スウェーデンと強豪を破り、最後は世界1位のアメリカに勝利!

→ なでしこジャパンが世界一  最優秀選手は沢

ドーハの悲劇、ジョホールバルの歓喜と歴史的節目の試合は生中継観戦で
興奮を日本中のファンと共有した、という変な思い入れがある私。

今回も同様な大一番であったが、今朝は田んぼへ行く必要があり生中継観戦は断念。
こんなところに自分は変わった? 歳取った? ・・・と思ったりする。

なでしこ世界一1.JPG

ちなみに佐々木監督は山形県尾花沢市出身ゆえに地元は大盛上がり=明るい話題は良い。 

なでしこ世界一3.JPG

さて次は高校野球だ。
わが母校は惜しくも敗戦したので、目は全国へ向けませう。

地区初戦でも木内監督が話題になっている・・・昨年行ったよなぁ常総学院

P1000299.JPG

趣味のスポーツ観戦と仕事は巧く釣り合いをとり、この夏を乗りきりませう!(暑・熱)

nice!(0)  コメント(0) 

マイケル・サンデルを読む [本(思想・啓蒙)]

おつむの弱い私は読むのが大変であった。

『これからの「正義」の話をしよう -いまを生き延びるための哲学』 
マイケル・サンデル 著    鬼澤 忍  翻訳      早川書房

P1200459.JPG

内容が重複するが、次の2冊の方が読みやすい。

『ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上)』
『ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下)』
マイケル・サンデル 著  NHK「ハーバード白熱教室」制作チーム・小林 正弥・杉田 晶子 翻訳

P1200516.JPG

二者択一の場面でも明確な答えが出ないことは、我々の日常には非常に多い。
それでも、何れかに答えは出さなければならないとき、その判断の理由は何か?
そこで頼るのが哲学なのだろう。
哲学とは社会問題を考える上で重要なことなのだと、本書たちで十分知らされた。

これはナアナアで何となくちゃんちゃん♪、と曖昧にする日本人に必要なことかもしれない。
しかし脳ミソ疲れたなぁ・・・。
nice!(0)  コメント(0)