So-net無料ブログ作成

最難関!想い出の整理を撃破 [2012仕事・作業]

幾度も挫けた子どもの想い出整理だが先日ようやく終了した。

16.jpg

書類等は子どもごとに個別ファイル化し、写真は共通で時系列のアルバムとした。
取捨選択にほとんど時間を費やした、というか見入って進まなかったのだが・・・。

17.jpg

どのような書類(紙も電子も)でも、直ぐさま処理しないと判らなくなるもので、
とにかく小まめに整理(必要なものと不要なものを分ける)が基本と思ってはいるのだが。

このついでに(と、コレが進まない=完了しない余計なことなのだが)、
1、2号の生まれた時からのポケットアルバムが、
ガサついて余分なスペースを取っているので、スリムなポケットアルバムに入れ直した。

すると今は亡き祖母の写真が多く出てきて、ついグッときてしまい、ますます作業は捗らない。
2号の4才の誕生日には元気な姿で写っていたのに、
そのわずか2ヶ月後に急変して逝ってしまったっけ・・・。

96.jpg

今回のように感情が入れ込むものは普段より注意が必要で、先送りは倍のツケとなる。
いっそ、その都度全て捨ててしまうというのも、後日悩まない手だが、私にはムリだ。

しかし、子どもの成長とともに自分も成長したものだ、と写真を眺めつつしみじみと実感だ。
それは・・・どんどん太っていったからね↓=悪夢の30代(号泣)

んが、私は40才直前に20才時のスリムさに肉体改造成功・・・I'm Back! 危なかったぜ ♪


nice!(0)  コメント(0) 

泣ける 「鉄拳 振り子」 again [-2013ひとりごと]

ある知り合いより、先記事の「いつも彼岸は雪」の最後に紹介したYouTubeの動画が、
観られなくなったのでどうかして欲しいとの要望があったので再紹介させていただく。

ニコニコ動画(原宿)より共有するが、YouTubeと同じに削除されるかもしれないが。
今のうちに対応すること一考かな。

  → 【ニコニコ動画】鉄拳 振り子【3分で泣けると話題】

ありきたりと言えばそれまでだが、この歳になったがゆえに感じるものがある・・・(哀愁)
人がうまく生きることの難しさよ。

nice!(0)  コメント(0) 

必須ロープワーク [2012仕事・作業]

農作業ではロープワークが非常に重要なスキルだが、
もやい結びと南京縛り(父親は “ キカイ掛け ” と呼んでいる)でほとんどコトが足りる。

強い力で引くとき=その後に結び目が解けなくなることがマズイ。
もやい結びは簡単な結びだが、強さ耐性が高く、解きやすいのでキング・オブ・ノットと呼ばれる。

   もやい結び
P1030997.JPG

トラックの荷台に積んだ荷物が崩れないように、
荷物とトラックのアオリなどを縛り固定する方法が南京縛りだ。

   南京縛り
P1030994.JPG


もちろん他にも便利なロープワークは多々あるが、
あまり使うことのないことは曖昧に忘れてしまい、いざ実践では役に立たないことが多い。

次の二重八の字縛りは簡単に作れるが、果たして結び目が解けるのか、怖くて試したことはない。

P1030993.JPG

昨年のがっかりしたことのひとつに、緊急で焦ってしまった時に、
なぜか、突然にもやい結びが出来なくなってしまい、慌てていい加減な縛りで誤魔化したことだ。
幸いにも用は足してロープも解くことができて助かったが・・・。

なぜ突然に忘れたのだろう? その時焦りはあったが、痴呆の始まりか?
机上と実践は大違い=練習でいくら打てても、試合の大事な場面で打てなければ意味が無い。
工場のように単調な連続作業ならば、適当な安定的治具などを用いればよいが、
常に刻々と異なる状況への対応では柔軟なロープワークが要求スキルだ。

もう2、3週間で外仕事が始まるので、
今のうちに再び思い出すべくコタツでTVを観つつモソモソとな。

目指せロープワークの達人! → こんなように。
nice!(0)  コメント(0) 

『ピーターの法則』 [本(思想・啓蒙)]

【ピーターの法則】
  1.階層社会では、すべての人は昇進を重ね、おのおの無能レベルに到達する。
  2.やがて、あらゆるポストは、職責を果たせない無能な人間によって占められる。
  3.仕事は、まだ無能レベルに達していない者によって行われている。

私は県内1、2を争う上場企業という、比較的大きな組織、全国から集まった人材の中で、
20年以上を過ごし自身の経験も含めて思い当たる所は多い。
前述の『マーフィーの法則』でも同じようなものがあった。
  ・社内で肩書きが長いほど、その仕事の重要度は低い。
  ・組織は汚水処理槽に似ている。大きな汚物の塊がいつも上にあがっていく。
  ・組織では、上に行けば行くほど、
   マーフィー、ピーターの法則などの価値がわかる人間が減っていく。
  ・失敗しても笑顔でいられる者は、責任をなすりつける相手を既に思いついている。
・・・などなど。

ここで終われば、ただの “ あるある的 ” な現状考察や不平不満に止まるが、
「では組織の中で如何にうまく生きてゆくか?」という考察が本書で述べられている。
種を問わない組織に属す人、全てが読んで損は無い本と思われる。

『ピーターの法則』   ローレンス・J・ピーター/ レイモンド・ハル(著  渡辺伸也(翻訳
                                          ダイヤモンド社
P1070493.JPG

現在の私の仕事では自営の全く零細な組織ゆえに、影響がほとんどない状況であるが、
生きてる社会では、人は必ず何かしらの組織には属しているので、
あながち他人事ではないと心する。
大事なことは、
  ・自分は何ができるか?
  ・逆に自分は何ができないか?
  ・自分は何を為すべきか?
のトライアングルサイクルを常に意識することではなかろうか、と思うのだが。

とにかく組織は難しい。
目的を果たすための組織が、いつの間にか組織自体の維持、
果ては人間関係維持自体が目的となっていることも決して少なくない。
すべては人間の考える、為すこと・・・難しい永遠のテーマだ。

そんな組織、人間関係の煩わしさから逃れて、
大空の下の田んぼや畑で風に吹かれていることの清々しさよのう。
そんな世捨て人的な合言葉は・・・いつかは仙人!(?)

nice!(0)  コメント(0) 

農業学校入校ガイダンスとドキドキ若葉マーク運転 [イベント(農業)]

さて、その山形県立農業大学校の入校ガイダンスへ2号と共に出動してきた。
県北の新庄市も我が町と遜色ない積雪の多さだ。

21.jpg

教育方針や寮生活などには特に心配はないが、
入校手続きの授業料などに頭痛を感じるところが正直なところだ。
東京の私立大学へゆきアパート暮らしをしている1歳上の1号と重なり、
私の人生の土俵際の摺り足はバスケットボールで鍛えたサイドステップで踏ん張るのみ。

22.jpg

午前は全体説明で新入生全50名対象で、
午後は専攻コースごとの懇談会があり、酪農・肉用牛コースは例年と同じ6名(内女性2名)だ。
長井市でサッカーをしていた子もいて、2号は知り合いであったので、私も何となく安堵したりして。
今後は日中の本授業時間以外に、
2人組で朝に晩に牛の給餌、世話作業が一週間交替の当番制であるので、
親睦を深め、苦楽や刺激などを分かち合い、仲良く有意義に過ごしてほしいものだ。

その以後は、新入生は実習着採寸、保護者は各種個別相談となり、15時前に終了だ。

23.jpg

山形市まで約60km、その後我が家まで約75kmの帰路のクルマの運転は飽きるし疲れる。
そこで、南陽市赤湯で買物をした後に、
先日自動車運転免許を取得したばかりの2号に運転をさせた。
時間は18時頃で雨=クルマ交通量も歩行者も多く、視界は最悪の状況だが・・・。

走り出して数分で大きな交差点に差し掛かり右折するところで、
なぜか左折レーンに入ったので指摘すると、
後方も確認せずに突然にハンドルを切り、クルマはグラッ♪と横揺れの蛇行状態に!
  「コラッ! 突然車線変更したらアブねーだろ!!!!!」
   「ん? だってそっちを指差したんじゃねーの?」
こいつは右も左も判らないのかと不安になる。
   「いーか、箸と鉛筆を持つ手が・・・(ん、待てよ・・・)」
ヤツは箸は右手、鉛筆は左手に持つハイブリット野郎なので、ややこしいことに気づく・・・。

・・・とまぁ、いきなり怖い場面を演出してくれたせいで、
後は我が町まで一直線のR113だが、不信感200%の中の約45km1時間は拷問タイムとなった。
幾度も40~60km/hにダイナミックに上下する速度、センターに寄ったと思えば路肩に寄り・・・。
かつての自分もそうだったのだろう、誰でも通る若葉マーク運転は最高に心臓ドキドキ。
我が町に入り難所の宇津峠、弁当沢のコークスクリュー道路では、ついに少しチビったかも・・・。

24.jpg

帰宅して、そんな同乗の様子を家内に話すと、
   「昨夜に私も運転させたら、ライト点けないで走り出して、
    セブンイレブンの国道との合流点ではウインカー出さないで出て行ったんだよ。」

・・・私の心配事がまた増えた・・・おお神よ安全を祈ります=オーカミン オーカミン(合掌)

                                       (今日も脱線したな m(_ _)m )

nice!(0)  コメント(1) 

最難関!想い出の整理 [2012仕事・作業]

コンマリ先生の仰るには片付け開始で想い出品に手をつけてはならない、と。
年末年始よりチビチビと家中の大片付けを進めて、
ようやく何年も放置していた最後の大一番の想い出品だ。
この農閑期に終わらす! とコンマリ先生の片付け極意を習得した私に死角なし!

26.jpg

絵、作文などの創作物、イベントのパンフレット、そして写真の数々・・・。
膨大な量は子どもの成長を物語り親心をくすぐり続ける。

27.jpg

開始3時間でも、それぞれに魅入り全く作業は進まないので諦めて芋焼酎で祝杯。
(コンマリ先生 やはりオレはダメでした・・・)
デレデレ♪と顔面土砂崩れの私・・・見るときゃ、徹底して魅ればよいのだ、と開き直り。

28.jpg

隣では、翌日の自動車免許取得試験に向けて2号がPCで模擬問題に挑み、
3号は春休みの宿題をし、休み2日目で既に宿題を終了させた4号は、
なぜか裸で Nintendo Wii Fit Plus でドタバタと汗を流している???

29.jpg

その4号、翌日夜の習字教室をサボりたいので、提出物をその夜そそくさと仕上げる。
特に「町」の「田」が上手く格子に書けず悪戦苦闘しており、
他でも途中で失敗や気に入らぬと、即座に適当な筆遣いとなる、その心理が微笑ましい。

30.jpg

そんな姿、時間も子どもの想い出なので、このようにブログに残すことも価値がある。
まさに電子化&クラウド保存の有効活用なりけり=晩年まで愉しめるはず。

今日は時間が取れるので写真以外は終了できるだろう・・・と思うけど。はてさて・・・。ん~。

nice!(0)  コメント(1) 

いつも彼岸は雪 [春の景色]

彼岸はいつも雪が舞っている。
最近は随分と雪が融けたが、それでも平地で1.5mはあるのでお墓参りも難儀だ。

37.jpg

今朝も牛舎で給餌作業をしたのち実家へ回り、恒例のボタ餅を貰ってきた。

36.jpg

34.jpg

いろいろな寺社仏閣を回ることもよいが、
やはり基本は、ご先祖様に感謝の手を合わせることだよね。

仏壇の線香の香りが心地良かったので、
自宅でもお気に入りのお香を焚いてみる・・・う~む、おとなの休日だね♪

33.jpg

すると決まって家内が臭いなどと文句をいう=罰当たりなヤツは地獄行きだ。

(おまけ)------------------------------------------------------

先ほどFacebookを閲覧していたら、心温まり泣ける動画が紹介されていた。
ここへご訪問のみなさまと分かち合わなくては!

  → 【ニコニコ動画】鉄拳 振り子【3分で泣けると話題】

春休みでうるさいチビたちに振り回されても、今日は心穏やかに過ごせそうだ。

nice!(0)  コメント(0) 

身近にある『マーフィーの法則』 [本(思想・啓蒙)]

「マーフィーの法則」とは、
「失敗する余地があれば、失敗する」
(If anything can go wrong,it will.)
という短い言葉である。
この法則を出発点として、それを証明するかのように、
集められた応用法則の数々を総称して、
「マーフィーの法則」と呼ぶようになっている。
そのバリエーションは多岐にわたり、
人が人生で遭遇する“失敗”のすべてのパターンが、
網羅されているような気さえする。

『21世紀版 マーフィーの法則』アーサー・ブロック(著
松澤喜好/松澤千晶(翻訳  アスキー

P1070494.JPG

都市伝説的に「あるある」
と軽薄に感じる部分はあるが、
やはり中にはピリリと、
含蓄に富んだ言葉が多いので面白く愉しめる。

P1070505.JPG

私も農作業しているときに見つけた法則・・・
 「今日は(或いはここで)作業の勝負だと気張ると、
  雨が降ってきて中断させられる」
 「父親がいないと、機械が壊れたり、
  クルマを脱輪させたりなどと、トラブルや失敗が発生する」
 「焦るな!落ち着け!と心で叫ぶほど、
  結果は反比例して悲惨な事態となる」
 「手伝い人が多いほど、
  無駄な仕事が発生する」
・・・などなどかな。

自分の身近で発見した法則を語りあうなども
知的な会話を愉しむ ” ということなのかね。
今の私には縁の無い世界だけどね (^_-)


21世紀版 マーフィーの法則

21世紀版 マーフィーの法則

  • 作者: アーサー・ブロック
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 2007/07/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 

あるラーメン屋で思ったこと [学び・啓蒙(一般)]

先日、長井市の開店間もないラーメン店へ行った。
よくあるご褒美のラーメンを食べに、ではなく、ただ昼食をとりに行っただけだ。
そんな中でちょっと思ったこと・・・。

店員は6名いたが、座席数からみると明らかに人員オーバー。
そこそこ客が入っている忙しいだろう状況でも、手待ちの人の姿が目立つ=
=客が少ない時間帯には暇を持て余すはず。
いくらアルバイト、パートでも人件費はバカにならないのでは?
中にはガムを咬んでいるオバちゃん店員もいて、従業員モラルの躾にも疑問。

店内の隅には、もう2つテーブルは置けるだろうスペースが、
なんと子供の遊びスペースのようだ。
食事中に、それとも待ち時間に遊ぶためか?
そもそも、家族と食事に公共の場に来るのならば、
食事はみんなと座ってとること、
待ち時間も大人しく待っていること、
が人として当たり前なれば、そのような場でこそ、そのような躾をすべきではないかとも思う。
そう思う私には実に奇怪に映る空間であった。
私ならば素直にもう2つテーブル席にするが。
・・・などと推測するが、本当はどうなのだろう?

60.jpg

肝心のラーメンは細麺、太麺など好みで選べるようで、
その時2人で入店したのでラーメンが同時に運ばれて来たことはよい。
が、細麺は思いっきり伸びていた!
肝心のラーメンが、それではダメじゃん!(怒)

まったく残念な仕事のラーメン屋だったぜ。

そんなことに遭遇すると、置賜地区のラーメン屋は、
人の残したスープを再利用して次の客に出していた!(聞いた話)とか、
厨房の隅でタバコを堂々と吸う店員(実際に目撃)とか、
ほとほと残念な仕事ぶりが目立つかも。
だから田舎の店は注意が必要だ。

どこにいても人は学ぶネタがあるものだ。


nice!(0)  コメント(0) 

暖かい春日和 [-2013ひとりごと]

本日3/16は昨年の東日本大震災の影響で亡くなった友人の命日だ。
ひたすら御冥福を祈るのみ。

38.jpg

今日は暖かい春日和。
穏やかだったお前の性格を反映するかのように。
今日明日は卒業式が多いが暖かくてみんな助かっているぞ。
天国へ行ってもさすがだな。

そっちではゆっくり休んでいるかな?
お前のことは忘れないからな。

俺たちは平凡な日々に感謝して精一杯生きないといけないよな?
オレいつもたるんでるからさ、気合い入れてくれよ。

合掌。

nice!(0)  コメント(0)