So-net無料ブログ作成

付きまとう出産トラブル [2013べご=和牛]

子どもを授かる繁殖牛の世界では出産トラブルは避けて通れない。

84.JPG

先日もトラブルが発生した。
出産予定日を過ぎた親牛だが、その日の夕方は出産の気配は無かった。
ところが、翌早朝に父親が親牛の背後に死産の子牛を発見した。

85.JPG

その子牛は舌を出していたので呼吸困難が死因と推察された。
状況から判断すると午前0時過ぎに出産が始まったものと思われ、
子牛は大きな牡牛だったし、親牛はその後も座り込んだままの状況から、
実は初産の親牛には相当な難産であったことは想像に難くない。

86.JPG

約10ヶ月かけて母牛の胎内で育ち、生まれて約10ヶ月で市場へ競売される。
大きな体格だったので順調に生育すれば、それなりの体重になったと想像され、
かつ血統も優良であったので、競売価格は安くても50万円以上であったことだろう。
死産に家畜共催で約10万円支払われても、
約2年間のエサ代、埋葬代を差し引いても、経営的には大きなマイナスとなる。
これが繁殖牛農家の難しさでもあり、ただでも母牛、子牛の管理項目が多いので、
子牛を大人に育てるのみの肥育牛農家に対して繁殖牛農家は減少傾向らしい。
(逆のそれが経営の強みとも云えるが)

87.JPG

死産の子牛は川西町の玉庭地区の埋葬施設へ軽トラックで運ぶことになる。合掌。

88.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

小廻りの利かない畜産経営 [2013べご=和牛]

牛は人懐っこい。
飼い主ではなく、他人の私の姿を見つけても近寄ってくる。
遠くからでも走ってくる。(あの日も)

95.JPG

そんな可愛い和牛の食肉偽装事件を題材にした小説を読んだ。
そのお勧めは九十九匠会長だったりする。

伝染病の蔓延、風評被害などを被ったら、
畜産経営は小廻りが利かないことの危うさを喚起されたかも。
福島の原発事件で被害を受け、放置されたままの牛たちの映像が蘇るが、
リスクを心配すればキリがないことは、何も畜産経営、農業界だけでは無い。

しかし・・・現実を少し考えてしまう小説であった。
たかが小説、しょせん小説。
でも・・・やってくれたな! 会長 (--#)

P1220816.JPG


震える牛 (小学館文庫)

震える牛 (小学館文庫)

  • 作者: 相場 英雄
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/05/08
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0) 

『伝え方が9割』 [本(思想・啓蒙)]

せっかく良い考え、行動を起こしたとしても、
結局周囲に伝わらなければ惜しいので、そんなノウハウ論を。

P1220949.JPG

「ゴミを捨てるな」 → 「ゴミを捨てるあなたをみんなは見ています!」
「自転車放置厳禁」 → 「ここに自転車を置くと盗まれます」
「ぜひご参加下さい」 → 「他の方はともかく、○○さんには参加して欲しい」
「残業してくれ」 → 「○○さんが段取った仕事は、後のみんなが助かるんだよなぁ」
「ここのラーメンは美味い」 → 「あの行列店が不味く感じるほど、ここのラーメン旨し!」

・・・などなどの言い換えはトレーニング次第とのことだ。
日常会話で自然と言えるには時間が掛かろうが、
ちょっとした文の作成時には工夫できるかもしれない。
頭を柔らかく、硬直化一途のボケ防止の一助に!

P1220953.JPG

P1220952.JPG


伝え方が9割

伝え方が9割

  • 作者: 佐々木 圭一
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/03/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


本書中で「強いコトバ」を作る技術のひとつの、
「ギャップ法」の説明の中で紹介されていた印象的な文章を紹介する。

アメリカのボブ・ムーアヘッドという牧師が書いたとされる文章だ。
数々のギャップ法が連続し、これでもかというほどに心に揺さぶりをかける!


--------------

この時代に生きる 私たちの矛盾

ビルは空高くなったが 人の気は短くなり
高速道路は広くなったが 視野は狭くなり
お金を使っているが 得る物は少なく
たくさん物を買っているが 楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが 家庭は小さくなり
より便利になったが 時間は前よりもない
たくさんの学位を持っても センスはなく
知識は増えたが 決断することは少ない
専門家は大勢いるが 問題は増えている
薬も増えたが 健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 笑うことは少なく
猛スピードで運転し すぐ怒り
夜更かしをしすぎて 起きたときは疲れすぎている
読むことは稀で テレビは長く見るが 祈ることはとても稀である
持ち物は増えているが 自分の価値は下がっている
喋りすぎるが 愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

生計のたてかたは学んだが 人生を学んではいない
長生きするようになったが 長らく今を生きていない
月まで行き来できるのに 近所同士の争いは絶えない
世界は支配したが 内世界はどうなのか
前より大きい規模のことはなしえたが より良いことはなしえていない

空気を浄化し 魂を汚し
原子核を分裂させられるが 偏見は取り去ることができない
急ぐことは学んだが 待つことは覚えず
計画は増えたが 成し遂げられていない
たくさん書いているが 学びはせず

情報を手に入れ 多くのコンピュータを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている
ファースト・フードで消化は遅く
体は大きいが 人格は小さく
利益に没頭し 人間関係は軽薄になっている
世界平和の時代と言われるのに 家族の争いはたえず
レジャーは増えても 楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても 栄養は少ない
夫婦でかせいでも、離婚も増え
家は良くなったが 家庭は壊れている

忘れないでほしい 愛するものと過ごす時間を
それは永遠には続かないのだ
忘れないでほしい すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることのできるこの唯一の宝物には 1円もかからない
忘れないでほしい あなたのパートナーや愛する者に
「愛している」と言うことを 心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は傷をいやしてくれるだろう
忘れないでほしい もう逢えないかもしれない人の手を握り
その時間を慈しむことを
愛し 話し あなたの心のなかにあるかけがえのない思いを分かち合おう
人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない
どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ


ボブ・ムーアヘッド 原作
佐々木圭一 訳

--------------

文章、コトバの力ここにあり。
農業編とか考えてみようかな (^^)

生産力があっても 減反で締め付けられて作ることはできない
品質が秀でていても 価格は自分では決められない
自由に輸出したくとも 規制でがんじがらめ ・・・

あれ? ただの愚痴? m( ̄∇ ̄)m
 

nice!(1)  コメント(0) 

夏のWCS2013(1) [2013農の作業]

怪しい梅雨空の下、WCS作業に邁進中。

10.JPG

場所は夏恒例の、高鼻峠と横川までに囲まれた小阿弥陀地内だ。

11.JPG


横川を挟んだ北側には統合新小国小学校建設の工事クレーンが見える。

12.JPG

14.JPG

日中は雨が舞ってくる予報だったが、それまでに出来るだけやる!

16.JPG

ところが、べーラーのとあるSWが故障して作業は不可に! ガーン!!!

17.JPG

とほぼ同時に小雨が舞い始めたので急いで撤収して、
自宅前でフィルムラッピングして、結局はちょうどよく作業を終了させたことになる。
(写真を撮る暇も無く大騒ぎ作業であった・・・(ノД`) )

15.JPG

そして夕方は日が差していたりする、ここ数日の変転極まりないパターン。

18.JPG

この広大な小阿弥陀地内は8/10の町民花火大会の打上会場なので、
それまで干草でも作業を終了させなくてはならないのだが、果たしてどうなる!?



nice!(1)  コメント(0) 

デントコーンの種蒔き2013 [2013農の作業]

県内各地では豪雨による被害続出だが我が町は幸いではある。
(2年前は・・・ → 豪雨増水で消防団出動

そしてまだまだ紫陽花の綺麗な時期。

20.JPG

雨の合間を見計らって先日ようやく・今頃・ついにデントコーンの種蒔きだ。

22.JPG

牛用飼料として刈取りは昨年同様に稲刈り後の11月の予定だ。
ちなみに刈取り方法はWCS化という禁じ手を発見した昨年。
  → デントコーンのWCS化(1)

23.JPG

さて今年も「ごんべえ」登場。

24.JPG

耕してふかふかの畑なれば普通の長靴での歩行は非常に疲れるので、
軽量でフィット感抜群の田植え用長靴が最適だ。

25.JPG

雨で草ぼうぼうと酷い状態のところをトラクターで耕したが、
その時は飽きてきて、「ま、こんなんでいっか、どーせ自分が蒔くんだし」
と手抜き作業だったゆえに、草の根っこが隠れず凸凹面にやはり悪戦苦闘だ (ノД`)

26.JPG

ゆえに次は心を入れ替えて、約20aのカギ三角形の畑をおよそ2時間かけて、
しつこく何度も往復し耕したので、草は隠れ凸凹も少なくバシッと仕上がった。
枯山水(石庭)職人になれるかも・・・)
やればできる。気持ちの持ち次第。敵は己の心なり (--#)

27.JPG

その種を蒔いた上に肥料散布するが、
この跡は翌年も雑草が一段多く生え茂るので肥料効果の程が判りやすく面白い。

30.JPG

蒸し暑く汗だくでオヤジの芳醇な香りに包まれ自分でもクラクラと目眩が・・・(ノД`);;;
仕事終盤の夕方にようやく陽射しが差し込んできたが、
作業Maxの日中は幸いにも曇っていたので随分と助かった。

31.JPG

しかし毎日雨マークが続く。
お盆までほとんど雨という夏休みも記憶に新しい。
災害も怖いが農作物への影響も危惧する今日この頃だ・・・。





nice!(1)  コメント(0) 

雨の読書三昧 [-2013近況]

こうも雨だと気合いの草刈りも戦意喪失・・・

36.JPG

なれば割り切って読書三昧でのほほんとしております (^^)

P1220751.JPG

あとはツール・ド・フランスの生中継ゴールが深夜0時前後となるので、
1時頃に寝るが、習性で4時頃には自然と目が覚めて寝不足気味もまたヨシ (^^)


nice!(1)  コメント(0) 

肥料散布2013(夏) [2013農の作業]

最近は雨続きだが、晴れればまさに夏!

51.JPG

田んぼはそろそろ追肥時期となっている。

52.JPG

動噴+肥料=20~30kgを背負うは重いが、
自分が8年前に17kg減量したことを思うと、体重自体でそんな重さでは、
やはり内臓や股関節に負荷が掛かり長生きできないだろうと思ってしまう。

散布はコツ、ノウハウを要する作業だが、そんな暇なことも考えてしまう余裕な私。

53.JPG

蒸し暑いが、目に入る青と緑は精神に落ち着きを与えるので心地好い。

54.JPG

その日は一日で4haはやっつけたかも=それは翌日も雨かもと思うと焦るので。

55.JPG

そして翌早朝は上り1番列車(小国6:02発)から下り2番列車(小国7:31発)の間に、
予定通り約1.2haをやっつけたら、9時過ぎには雨が落ちてきた。セーフ。

56.JPG

田んぼ内の殺しきれない草と畦の草も非常に気になる梅雨空だ。
やるべき、やりたい仕事はたくさんあるのだが。
3、4日晴れ間が続いて欲しい東北地方日本海側だ (~_~;)


nice!(1)  コメント(0) 

朝篠用水路人足2013夏 [2013仕事・作業]

その朝篠用水路だが春作業に続いて、7/14(日)は水路脇の草刈り作業に出動してきた。

61.JPG

刈払い機でガンガンと草を刈り倒す部隊と、
水路へ倒れた草を鎌などで取り払う部隊とに分かれての作業だ。

62.JPG

私は刈払い機部隊で、手強い自分の背丈ほどもあろう草や、
やっかいなつる草に苦しみながら、蒸し暑い中で阿修羅の如く約2時間強 (ToT)

63.JPG

こんな時期だからこそ毎晩のアルコール入り水分補給は欠かせない。
お供は毎度お馴染みの磯野カツオが定番だ。

64.JPG

雨が続くので草も一気に生え伸びる。
自然界の逞しさには敵わない (×_×)




nice!(1)  コメント(0) 

『奇跡のリンゴ』を観てきた [イベント(一般)]

雨の合間をぬって映画館へGO!で『奇跡のリンゴ』を観てきた。
  → 映画オフィシャルサイト 奇跡のリンゴ

91.JPG

93.JPG

92.JPG

他と同様に展開は原作が優れているものなので、
映像の美しさ、俳優の演技など別ものとして愉しみ観賞するがよろすい。

画面背景の岩木山の迫力あるカットが印象的であったし、俳優陣の演技も良かった。
特に舅役の山崎努の重厚な深みのある演技にシビれた (^^)
あと、ゲスト出演で当の本人=木村秋則氏の姿もしっかり確認 v(^^)v

  → 映画『奇跡のリンゴ』予告編

もちろん「無農薬栽培」云々の農家目線は別として。
それはそれで難しい議論となるので (^^)

「菅野美穂、原田美枝子はイイなぁ~♪」 とデレデレと観賞しませう (*^_^*)


nice!(1)  コメント(0) 

梅雨空の書類整理三昧 [2013仕事・作業]

いつも何かと郵送書類が多いが、
伝票等は必要だが情報等は電子書類で十分と思われる。
連絡事、出欠確認等も「電話かファックスで」とのことだが、
今の時代なればメールは当たり前なので選択肢に入れてほしいものだ。
特に第一次産業はIT化が難しい分野だが、事務連絡くらいは・・・(-_-)
(私が大企業ボケなのかもしれない、と思い始めている今日この頃)

88.JPG

必要なもの、そうでないもの、時系価値、保存期間 等々。
何はともあれ、書類管理はサラリーマン時代同様に腐心してしまう。
突然に大降りの雨が来るなれば外作業は捗らぬゆえに、
今のうちにチマチマと進めておく。

事務所とまでは望まないが、
仕事部屋等でオンオフ切り替えできる環境もほしいかも。
贅沢か・・・(^_-)

89.JPG

草刈りに出動しようか、しまいか・・・いや、1時間だけでも・・・
激変する雨雲を眺めているうちに足早に時間は過ぎ去る。合掌。


nice!(1)  コメント(0)