So-net無料ブログ作成
検索選択

田植え2014(3) [2014稲作作業]

さてその日は地元地区の保育園下で田植え。

26.JPG

黄色い帽子が可愛い園児たちが散歩している。

27.JPG

28.JPG

田植え作業に興味津々で組ごとに次々と訪れる。
 「こんにちわ~♪」
 「おう!こんにちは!」
 「これがおこめ~?」
 「そうだよ、この苗が米になるんだよ。」
 「(田植機が)かっこいい~!」
 「ありがとうね。大きくなったら乗ってみるかい?」

そんな相手をしつつ、しっかりと食育も。
 「みんな、ごはんをいっぱい食べてね!」
 「は~い♪」
 
全く純真素直で可愛い (*^_^*)
(いつから小憎らしくなるのか(--#) ・・・なんて (^_-) )

29.JPG

当日予定の最後の方の田んぼの排水状況がいまひとつなので、
一旦田んぼの水見廻りに町内へ出動で、みんなも解散だ。

30.JPG

約1時間半後=夕暮れ近くからひとりで田植えを再開だ。

31.JPG

2枚合わせて40aだが、最後の一列となり、
ふと美しい夕焼け雲たちに目が行くは、安堵と余裕がでたところ。

32.JPG

バケツで植え付け部の泥を落とそうと、用水路から水を汲むと・・・

33.JPG

お邪魔クンが紛れ込んだ・・・これから夜は彼らの大合唱だ♪

34.JPG

翌日の田んぼへ田植機を約500m自走し移動し、
ランナーな私は走って再び戻り、余った苗と空箱を軽トラへ積み退散。

35.JPG

慌ただしく19時半からの地元消防団の集会へ作業着のまま直行!
後に軽く懇親会をすることになり、急ぎシャワーと着替えで再参上。
乾杯ひと口目のビールの美味いこと美味いこと (^_-)☆

36.JPG

21時過ぎに解散し、そのまま布団へばたんキュ~(-_-)゜zzz…


そして翌朝もおはようの上り一番列車。
モーニングコーヒーならぬ、モーニング米坂線が元気の源?

25.JPG

田植えは全体のようやく半分で飯米は2/3だ。

苗管理、苗運搬、水見廻り、除草剤散布・・・
待ったなし作業のオンパレードはまだまだ続く。

42kmのフルマラソンでいえば未だハーフ付近。
後半大失速でゴール出来ない!なんて無しだよね (^_-)☆


nice!(1)  コメント(6) 

朝早煙雨美谷渓 [2014近況]

早朝の雨煙る渓谷美・・・イイね!

38.JPG

39.JPG

朝夕は田んぼの水見廻りを軽トラで爆走しまくりだが、
このような景色に目を奪われてしまい、
いつかは崖から落ちたり等の事故を起こすかも・・・(^^;)


nice!(1)  コメント(0) 

田植え2014(2) [2014稲作作業]

勝負の田植えが始まり早朝から町内を暴走しまくり。

47.JPG

当日田植え予定の水見廻りに松岡地区へ行くと、
前夜に入水を止めただけなのに、
何と乾き始めている田んぼがあるではないか!

48.JPG

当日は晴天でどんどん気温が上がる感じなので、
いつもどおりに朝食後の=これから3時間後では危ない!
そこで急遽田植機を運んで植えることにした。

49.JPG

へ~ん、しん! 

50.JPG

カキーン!

51.JPG

今日も「釣り竿」オッケー (^^)v

52.JPG

前日夕方に苗を運搬しておいたし、田植機のガソリン給油など、
直ぐさま作業に取りかかれる段取りを済ましていたので機動力を発揮だ。

53.JPG

土が乾き始めて「いつく」のか心配だったが、何とか問題がないようだ。

54.JPG

安心して一息つくと、飯豊連峰も綺麗に映え始めた。

55.JPG

56.JPG

前年と異なる田んぼの変化具合に、まったく油断ならない (ノД`)
結局その日は2.4haを植えて、苗も運搬し、水見廻りにも行き、
雑作業も目白押しで休む間も無く19時半過ぎまで・・・結構ふらふら。

58.JPG

さて翌朝も上り1番列車を見送りながらひとりで30aの1枚を植える。

41.JPG

今日も地区移動を3箇所なれば前倒しで忙しい。

42.JPG

田植えは代かき後の水を払うこと(排水)から始まる。
植えるタイミングに合わせるようにする勘が要求される。
2時間で落ちる所もあれば、
10時間かかる所もあったりするので、なかなかの頭脳作業だ。

59.JPG

勢いよく流れる水が滝のようで、10秒ほどうっとりと眺めていたりして・・・(^_-)

60.JPG

主力は8条機だが、
小さく狭い、形が鍵形、うなぎの寝床などいびつ、深い場所がある等は、
軽くて小廻りが利く6条機で。
そんなこんなで、約6haを植えたところで、
代かきに追いついたので、数日はひと休み。

43.JPG

そこで2台をそれなりに水洗し、爪の状態や各所の確認を行う。

44.JPG

何事も基本は3S(整理・整頓・清掃)だ。
「問題を見つけること」が大事だが、
「問題が無いことを確認すること」も同じように重要だ。

「よく見ずに、考えないでベロベロと造っているから、
 こんなに不良品を出しているんだ! ばかもん!」

就職して駆け出しの頃の、
鬼軍曹によく怒られたことを思い出す・・・何をやっても基本は同じ (^_-)☆


nice!(1)  コメント(2) 

代かき2014(3) [2014稲作作業]

雨の中、父親と交替して地元地区で荒代かきを。

61.JPG

暗くなってから、もう1時間 (--#)v
保育園の保母さんたちも遅くまで大変だ。

62.JPG

暗くては高低や表面加減が見えないので、仕上げは不可だが、
荒代かきは前進あるのみなので気楽ではある。

63.JPG

FBやブログで全国の稲作農家が、
遅くまで作業する様子をアップしているが、
それが私のモチベーションでもある・・・オレも頑張らねばと (--#)d

64.JPG

何となく保母さんよりも遅く帰りたいと様子を伺い、
いよいよ区切りで止めようと思った所で保育園の灯も消えた。
お疲れさまでした m(_ _)m

いつもどおりに一杯呑んで寝る (-_-)゜zzz…
(昨夜は怖い夢を見てしまった・・・。゜(゜´Д`゜)゜。。。。)


nice!(1)  コメント(0) 

田植え2014(1) [2014稲作作業]

美しい風景写真は朝に撮られることが多い。
それをしみじみと思う早朝の田んぼの水見廻り。

71.JPG

雨が上がると、澄み切った空気感が目に心地好い。

76.JPG

さて田植えの準備として田植機の確認だが、
8条機も除草剤散布機が壊れてしまい、
昨年も使用せずに乗り切ったので、
不要で機体重量を損ねる存在となれば、潔く撤去する。
(田植え数日後に背負動噴で除草剤を散布した方が効くので)

73.JPG

さらば!

74.JPG

グリースアップ、注油を改めて行い、
植付け爪を確認するが微妙に悩むのだ。
圧倒的に摩耗したり、曲がっていれば即断で交換だが、
微妙な摩耗では、交換した一発目で石を叩き曲がることが、なぜかある。
ゆえに考えすぎて軽く頭痛だ=マーフィーの法則 (-_-)

75.JPG

そんなこんなで田植え準備OK!

77.JPG

・・・と気張った初日予定日は雨 (×_×)
ひょうたん形で深い部分があるやっかいな田んぼなので、いきなり延期。
調子が掴めない仕事初めにそんな状況では嫌な予感がするので。

72.JPG

まずは息を止めて座禅で精神統一でもして英気を高めようか・・・(^_-)


nice!(1)  コメント(0) 

代かき2014(2) [2014稲作作業]

何気にこの時期は火事が多いが、葬式もそのような気がする。
父親が立て続けに葬式へ行ったので、私が雨の中で代かきを。

90.JPG

91.JPG

雨でしっとり濡れる木々の緑と川の音がヒーリング ♪

92.JPG

藤の花が目立ってくると、いよいよ田植え本番という気分が盛り上がる。

93.JPG

94.JPG

ローカル感ホカホカの1両編成が堪らない (^^)

95.JPG

96.JPG

うっとりと見とれていると、せっかく苦労して仕上げたアゼ塗り部を、
このように自ら破壊したりする・・・まったくアホだ 。゜(゜´Д`゜)゜。。。

97.JPG

ドライブハローは広いので、
電柱等にぶつけないように非常に神経過敏になる。

98.JPG

雨と大風で寒い日であったが、
エアコン装備のキャビンは非常にありがたい。謝々<(_ _)>

99.JPG

そんな悪天候が一過すれば素晴らしい晴天だ。

81.JPG

田んぼの水見廻りの途中で、
父親の代かきの技を体育座りで(嘘)見学する私。
高さ直しが、いまひとつ上手く出来ないので (ノД`)

82.JPG

今年修繕した排水口マス細工もcm単位の調整に効いているだろう。
そんな自己満足が大事だ (^^)d

83.JPG

さて、いよいよ田植えだ!


nice!(1)  コメント(0) 

水口廻り2014 [2014稲作作業]

空に見とれていると、つまずいたり、穴に落ちます (^^;)

02.JPG

さて荒起こしが完了すると、代かきは父親に任せて、
2号は農道や畦の草刈りが間に合わないので除草剤散布だ。

03.JPG

牛舎建設予定地も今年は仕方なく作付けだが、
広さ、レイアウト、建物イメージを膨らます。

04.JPG

私はまずは水口廻りで町内各所を走り回る。
年々崩れて春作業での水位管理がやりにくい尻水口を、
今年は重点的に改善したい。

05.JPG

ただ切り堀では肥料袋や板でも水位調整がし難いし、
自走草刈り機が通れないことも問題なので、
排水パイプを埋めることにする。

06.JPG

その口に木っ端でマスを作り配置する。

07.JPG

08.JPG

これで板での排水位調整が易くなったので、
代かき、田植え前後の、痒い調整も楽になるはず。

09.JPG

11.JPG

そんなことで気張って約15箇所を。

12.JPG

他は、さほど問題でも無いが、時たまイラっとする所もやっつける。
例えば、このように入水口に大きな石ころを置き、
入水し易いようにしているが、時折石が数m流されていることがある。
忙しい時には一瞬イラっとするんだよね (^^)

13.JPG

流れないように細工を施すが、草刈り等で大きな草が流れてくると、
引っかかり易くなるマイナス点もあるが・・・(^^;)

14.JPG

そして草刈りに出動したりするが・・・

15.JPG

突然の大雨(先日はアラレが!)に襲われて、
パンツまでグシャグシャになったりするが、
酷い状況の時こそ、やけくそ奮起していたりする (^^)

16.JPG

雨の時は帽子が良いが、かつ大風なれば飛ばされるので不可。

17.JPG

あの暖かった日が嘘のように、この数日は風雨で寒い。
各所で田植えが始まったが、苗も活着し難いかも。

18.JPG

お天道様のご機嫌を伺い、頭を下げる日が続く (^_-)☆


nice!(1)  コメント(0) 

確定申告2013-2014 (4) 呪縛解放 [2014仕事・作業]

実は結構ドキドキしていた提出済みの確定申告。
昨年より私名義で初めて、かつ父親分と三分割したややこしい内容だったので、
税務署のチェックが厳しいと思っていたが、
父親に還付金が入金したので何とか無事に済んだと安堵していた。

しかし! 先日税務署より封筒が届きドキドキ開封してみると・・・。

18.JPG

父親分の消費税申告において、計算方式を勘違いして誤っていた (ノД`)
そこで再計算し修正申告書を作成してみると・・・
何と! 納付税額が増えてしまった (ToT);;;

19.JPG

若干精神的ダメージを感じたが、
納付税額は幸い大騒ぎするほどでは無かったので、
まずはこれにて完全終了=呪縛解放となったはめでたい。

しかし消費税増税でさらに10%となると大事だ。
いよいよ税理士としっかりとした作戦を考える必要がありそうだ。
(弱いものは搾取されまくりだな・・・(--#) )


nice!(1)  コメント(0) 

文具ひとつお気に入りで・・・ [2014ひとりごと]

日々の日誌や書類記入には万年筆を使っていたがダメになってしまい、
最近は専らボールペンを使っていた。

91.JPG

いざ新品万年筆を選ぶと高価になりがちなので見送っていたが、
先日とある文具コーナーで安価な万年筆を見つけた。
次写真の真ん中はデザインに惹かれて1500円だが、
左右の赤と青は何ということでしょう・・・200円!

92.JPG

替えインクも2本入りで100円とは凄いコスパで、
これならば消耗品と割り切りガンガン使える。
(しかしまぁ、以前の拘り品は何れも諭吉さん1枚だったのに・・・)

93.JPG

ちなみに現在使用のボールペンは観光地お土産で、
戦国武将人気ランキング1、2位の、なめこ真田幸村と伊達政宗だ。

94.JPG

・・・とまぁ、そんなことで、
コスパに優れたお気に入りたちと毎日過ごせることも小さな喜びだ (^^)v

95.JPG

それでも大人らしい高級逸品の万年筆は欲しいが (^_-)
・・・サンタさんよろしくお願いします <(_ _)>


nice!(1)  コメント(0) 

代かき2014(1) [2014稲作作業]

ロータリーをドライブハローへ交換して代かきだ。

21.JPG

この時期は幾度となくユニバーサルシャフトも着脱を繰り返す。

22.JPG

両側をシャフト奥まで突っ込んでパチッ!と引っかかる要領は、
作業を行った方は誰でもお判りであろう。

そこで、かつ消防団員で操法経験がある方ならば次の感覚は無いだろうか?

シャフトを突っ込んでパチッ!と引っかかりの後に、
軽く手を滑らしつつ引いて、

「ヨシ!」

とドスの利いた確認の声を上げてしまう感覚・・・。

23.JPG

つい反射的に声を上げる自分が微笑ましい。
(身に染みている自分は消防団員の鑑だな (^^)d )


さて、父親には歴戦の強者テクで代かきをガンバって貰おう。





nice!(1)  コメント(0)