So-net無料ブログ作成
検索選択

田植え2016(2)怪獣号登場 [2016稲作作業]

「あんなポンコツ機械(8条機)ではダメだからよ~
 手のイイ中古ないか探して貰ってっからよ~」
「あ、そう」
「イイのあるそうだがら、今、寒河江から向かってっからよ~」
「・・・。・・・。・・・。あ~!?」

まさに一瞬の出来事で中古ディーゼル8条機が登場。
(ホント、コンビニでの買物感覚のように・・・(-_-) )

55.JPG

基本操作は同じなので何も問題は無し。

56.JPG

憧れの枕地ローターだが、予想通りの仕事ぶり。
もちろん無いよりマシだ。

57.JPG

前の8条機より車重はかなり重いようで、
トラック荷台の板床が一部割れてしまった (>_<)
そんなことで町内大移動も神経を使う。

58.JPG

しかしエンジン音はうるさい。
隣のクボタ現行機のディーゼル音と比べると、
雲泥の差の爆音は、まるで怪獣の咆哮のようだ。

59.JPG

ま、しっかり仕事をしてくれるので文句は無いが。
田植え作業に付きものの、
田んぼの水見廻りで夕闇となり毎日が終わる。

60.JPG

もちろん2号にも植付け作業をさせる。
その間に私は次の田んぼの水加減調整で、
軽トラでウロウロできるので助かる。

61.JPG

62.JPG

63.JPG

毎日1.5~2haを植えるべく早朝4時起床。
「今ガンバらずに、いつガンバる!?」

64.JPG

そんなひとり早朝田植えの横を、
3号の始発通学電車が通り過ぎる。
「オメ~らのためにガンバってんだぞヽ(゜Д゜)ノ」

65.JPG

そんな繰り返しの日々。

66.JPG

夕暮れの、ほんの3分程度の間に、
素晴らしい夕焼けだったのだが撮り損ね(ノД`);;;
マジックアワーならぬ、マジックミニッツ?

大自然の天地ショーに癒やされて前進あるのみ。
怪獣号があなたの地域に爆音とともに参上しまする。



nice!(1)  コメント(0) 

代掻き2016(2)ボキッ! [2016稲作作業]

昼間に父親から携帯が鳴った。
「ドライブハロー壊れた!」

71.JPG

凄いところが折れている!
全体を支える支柱が・・・
・・・こんなことが有り得るんだ!(゜o゜;

72.JPG

73.JPG

取り敢えず近くの溶接屋さんへ修理に持ち込むが、
溶接不可ならば予備の新品ハローへ交換だ。

74.JPG

そして1時間後に見事に復活して帰宅。

75.JPG

そして新品はハローは今回も出番無し (^^;)

91.JPG

そして父親はすかさず高低差直し。
修理後いきなりの高負荷作業だ。

76.JPG

果たして22ha最後までどうなることか・・・(^0^;)

77.JPG

田植え、水見廻り、その他細々とした作業で、
19時半を過ぎれば、あっという間に暗闇に。

80.JPG

ほぼ真っ暗だが、手持ちで撮れる最近機

79.JPG

まだ始まったばかりでゴールは遠い。

78.JPG



nice!(2)  コメント(0) 

田植え2016(1)波乱の幕開け [2016稲作作業]

ついに勝負の田植えが始まった。
「今ガンバらずに、いつガンバる!?」
がスローガン、合い言葉だ。

81.JPG

82.JPG

近くでは九十九匠会長も田植えだ。
さぁ追いかけるぞ!と気合いが入る (`へ´)フンッ!

83.JPG

ところが8条バケツ号はご機嫌ななめ!
早くも気合いは空振り・・・(×_×)
仕方無く機械屋さんへ対応をお願いする。

84.JPG

その間にボケ~っとしているわけにもゆかず、
幸い自宅近くなので急遽6条機を引っ張り出す。

85.JPG

86.JPG

何とかOKとなったのでダブル植えで前進だ。
この14条植えは全体的な作業として、
果たして本当に効率的なのかは不明だが・・・。

87.JPG

一日の終わりは植付け部へバケツにて水洗だ。
人間のシャワーよろしく田植機も気持ち良いに違いない。

88.JPG

さて21haの長い道中の始まりは、
出足で軽くつまずいたが、この後は暴走宣言!
・・・と、鼻息荒く翌日も挑んだのだが、
何と!エンジンが突然にSTOP!
・・・のトラブル (ノД`);;;

89.JPG

ハッキリとした原因は未だ判らないが、
どうもエンジンが暖まると止まるらしい。
と云うことはコイル?とも考えられる。

まずは、いつ田んぼの真ん中で止まるか判らない、
ドキドキの危険な状態なのでスゴスゴと帰宅させる。

901.jpg

半ばトラブルを予想していたとは云え、
こんな調子でどうなるのだ?
やはり今年も波乱の幕開けだ (×_×)


nice!(2)  コメント(0) 

新築牛舎への道2016(3)ハザードマップ [2016べご=和牛]

小国町のハザードマップが配布されてきた。

32.JPG

我が町はほとんど地震は無いので、
河川の増水が一番のリスクだ。
そのマップによれば、
新築牛舎の位置はド・ストライク (>_<)


私が生まれた翌年1967年の羽越水害が、
町の災害史では、いの一番に思い起こされる。

我が家の数少ない自家田んぼで、
その下流側も牛舎候補地ではあった。
しかし羽越水害では現在の教会の下辺りから、
冠水が始まり、もろに水没した区域であった。
その後の対策として河川(横川)幅が拡張され、
上流に横川ダムが建設されたとは云え、
この異常気象続きの最近で、
今後50年を考えると、やはり不安が残り却下だ。

31.JPG

そこで高低差約5mは高いだろう現在地となったが、
同じく横川脇なので不安が無いと云えば嘘になる。
しかし他に土地を持っておらず、
選択肢も無ければ腹をくくり決断となった訳だ。

33.JPG

今後どうなるのか?
本当に大丈夫なのか?
それは誰にも判らない=神のみぞ知る。
まずは決まったことのそれはそれ。

34.JPG

川が隣接のリスクのもうひとつは、
牛が逃げて横川に落ちた!
が現実的に今考えることのひとつだ。

35.JPG

まったく様々にある。
妄想と想像力を発揮し、
予想予測、深謀遠慮の日々。
頭を休めるな ヽ(゜Д゜)ノ・・・(>_<)


nice!(2)  コメント(0) 

代掻き2016(1) [2016稲作作業]

荒起しが終われば、
トラクターはドライブハローへ衣替え。

92.JPG

一昨年に予備として購入した新品ハローは、
今年も小屋の中で冬眠から目覚めさせられない。
性能が良いのでこちらを使用するように私も皆も言うが、
なぜか父親はウンと言わず古いハローを使う。
(戦中生まれの頑固オヤジ岩の如し )

91.JPG

さて翌朝からの作業に備えて夕方に運搬しておく。

93.JPG

しかし田んぼは私の手際により海状態!
おお、遠くで加山雄三が聞えるぅう!
海よ~♪ 俺の海よ~♪

94.JPG

「水をなみなみにすんなよ。大変だから!」
父親に釘をさされていたが・・・。

95.JPG

この状態を見れば怒り出すことであろう。
しかし翌朝にはちょうどよく引くに違いない・・・と思う。

96.JPG

田んぼの保水特性、水路の水量、他人とのアレコレと、
“ 頭痛が痛い ” 時期になりましたな (^_-)


nice!(2)  コメント(0) 

普通に牛の出産はある [2016べご=和牛作業]

田植えへ向けて鬼気迫る忙しさに、
夜はグッタリとしてしまうが、
そんな時でも普通に牛の出産があったりする。
(たいてい出産は夜なんだよね (ToT);;;)

98.JPG

予想通り可愛い雌牛~[ハート]
それは安産で非常に助かった。
我らも牛も。

(無事に育って)何万円かな~?
などと励みにしていたりして・・・(^_-)☆


nice!(1)  コメント(2) 

荒起し2016(2) [2016稲作作業]

風雲急を告げる燃える漢の赤いトラクター。

31.JPG

32.JPG

壁紙集・・・なんて (^_-)☆

33.JPG

さて、やや徒長気味の苗(×_×)もすくすくと。

35.JPG

36.JPG

町内を縦横無尽に移動しまくり荒起しの日々。

37.JPG

早朝のYBCラジオは宗教系なのでかなり洗脳される。

38.JPG

世間はGWで行楽三昧の様子がラジオより流れるが、
「ビニールハウスの中は暑い!」
「トラクターに乗ってガンバってま~す!」
という県内の農家猛者の投稿に励まされ、
私も飽きた、などとは言っていられない (--#)v

39.JPG

そんないよいよ終盤は松岡地区の5haだ。
快調に前進と思いきや、まさに落とし穴が!

昨秋にパワーショベルにて “ ブル代かき ” した田んぼで、
いきなり埋まってしまった (×_×)

40.JPG

例年全く問題の無い固い田んぼのはずだが・・・。

41.JPG

42.JPG

自力脱出不可能だが、
幸いにも近くでジジ・孫連合軍が堆肥散布を行っており、
トラクターがあるので牽引脱出の応援を呼べて助かった。

30.JPG

はぁ~やれやれ・・・黄昏ブルース ♪

43.JPG

これも幸いに一発で牽引脱出出来たので良かった。
しかしここは田植機が最後の周回脱出路なので、
車輪幅が重なるとピンチだ (×_×)

44.JPG

まずはそんなこんなで他農家より遅れ気味なので、
暗闇の20時近くまでガンバることもある。

45.JPG

ライトに虫が大集合・・・そんな時期なのだ。

46.JPG

完了予定のべ7日が9日でいよいよ最終日。

47.JPG

その隣では九十九匠会長が田植えを始めている。
同じ大規模農家なれば焦るが、
この差はどこからかと云うと、
牛関係の仕事、イベントもあることと、
今年はその新築牛舎の打ち合わせ等で、
何気に時間が費やされるからだ。

48.JPG

そんなこんなで忙しいが、
もっと根本的な作業計画見直しが必要と感じる。

49.JPG

とりあえず、一年一年の目の前を乗り切ろう。


nice!(1)  コメント(0) 

聖地の朝 [2016近況]

この季節、早朝朝篠地区の田んぼへ行く時の愉しみは、
残雪輝く飯豊連峰を背景に走る米坂線上り一番列車の雄姿。

残雪、新緑と青い空。
澄み切った空気の清々しさよ。
さぁ今日もガンバっか!
という気持ちにさせてくれる。

51.JPG

ちなみにこの列車には、
米沢へ通学する3号が乗車しているが、
居眠りかスマホいじりで、
藪の中から狙う怪しい私の姿には気付くまい。


さて、この位置の作品としては、
もう少し良いイメージがあるので、
次は高機能のOM-Dの出番だな (^^)


nice!(2)  コメント(0) 

ツバメの巣 [2016近況]

4年前に誤って破壊したツバメの巣だが、
それ以来のことで、今年は同じ場所に巣作りだ。

61.JPG

彼らがお父さん、お母さんらしい。

63.JPG

毎日セッセと働く姿が微笑ましい。
「ツバメ返し」という言葉が大いに納得の、
素早い飛行と切り返しに感心しきりだ。

64.JPG

65.JPG

約20cmほどの外形はわずか3、4日で出来上がったが、
いったい一日何往復したことか?(゜-゜)

68.JPG

66.JPG

67.JPG

その後も毎日セッセと。
私に気付くと逃げて行くが・・・(ToT);;;

71.JPG

たまには2羽で逃げない時が嬉しい ヾ(^v^)k

69.JPG

その巣作り等でフンが落ちるが、
幸い軽トラ等から上手く逃げているのでヨシだ。

70.JPG

早く雛が顔を出さないかなぁ~♪
ここのところの愉しみのひとつだ。

72.JPG

「鳥が訪れる家は幸せになる。」
「鳥が幸福を運んでくる。」

確かそんな言葉があったような。
何はともあれめでたい、めでたい d(^^)

62.JPG

毎日上を向いておりまする。
・・・・・・コレよ(^^)/


nice!(0)  コメント(0) 

枝用水路人足2016(2) 公園作業も・・・ [2016仕事・作業]

1回目は5/5(木)で2日目は5/8(日)。
もちろん早朝5時30分よりの作業開始だ。

41.JPG

まず作業前に確認は飯豊山の雄姿だ (^^)v

42.JPG

さて前回とほぼ平行な枝用水路を。

43.JPG

今回は参加人数が少ないが、
それぞれに事情があろうで仕方無い (-_-)

44.JPG

そこで私はスコップ部隊で。

45.JPG

お休み中のぴょん吉をお騒がせしてゴメンね。

46.JPG

最後も人力で、心臓バクバクと (>_<);;;

47.JPG

はぁ~やれやれ。
今年もみなさま、お疲れさまでした <(_ _)>

48.JPG

その後は延期になっていた公園作業に参加だ。

51.JPG

こちらは6時からだが30分遅れだ・・・。

52.JPG

ほとんど作業は終盤だったが、
保持金具のボルト締め作業で、
ほんの少し貢献できたので良かった (^0^;)

53.JPG

こちらもお疲れさまでした <(_ _)>

54.JPG

これにて春の地域人足作業は終了だ。
いよいよ自分の仕事に猪突猛進!


nice!(0)  コメント(0)