So-net無料ブログ作成
検索選択

置賜畜産共進会2016 [2016べご=和牛]

牛に引かれて善光寺参り?

51.JPG

その日は置賜=JA山形おきたまの畜産共進会が、
いつもの川西町の家畜市場で開催された。

参加の牛がその朝、幹線道路まで、
父親に大人しく引かれてきたことで、
後に助かることになることは未だ知らない。

52.JPG

では知合いのトラックに積んで頂き出発は、
いつも約1時間の道中だ。

53.JPG

さて市場内は競り時と異なり穏やかな雰囲気だ。

54.JPG

我が家の牛は未経産の第2部で登場だ。

55.JPG

共進会は言うなれば、
「オレが育てた自慢の牛を見てくれ!」
というお披露目会だ。
決して悪くない我が姫だが、
ここは全国に名を馳せる米沢牛の郷、
他も素晴らしい牛、生産者が多い地域なれば、
容易に入賞するは甘くない大会だ。
「まぁ、適当にガンバレ (^^)/ 」

56.JPG

まずは予定通りに9時から開会式。

59.JPG

60.JPG

そして第1部の審査が始まる。

61.JPG

62.JPG

引き続き第2部で我が家は2号が登場だ。

63.JPG

64.JPG

1次選抜で抜けたが2次選抜で終了~♪
ま、こんなもんだろうオッケー牧場 d(^^)

65.JPG

そして第3部へ。

66.JPG

厳粛な審査が進む中、
早々に脱落した小国の2頭は隅っこで草食べ。
牛も主も厭戦気分ぷんぷん (^_-)

67.JPG

さて第4部は調教成果検証の部だが、
なんと!
リストには我が家の牛が載っている!
しかも1番目。

68.JPG

2号曰く、
「オレ、そんなこと事前に聞いてないよ~」
何と云うか、いつものいい加減さがここでも (--#)

まずは文句チンタラの渋々で参加する。
もちろん調教など全くしていないので、
恥かき参戦の恨みは何処に・・・。

69.JPG

ガンとして動かない、
或いは突然走り出したりしないかヒヤヒヤしたが、
とりあえず大人しく従っていたので助かった。

70.JPG

1週間前は牛舎からも出なかった=
=ガンとして動かなかったヤツが、
こんなに従順にしているのだから、
ある意味では調教成功と云えるかも。
朝父親に100m引っ張られて歩き、
そんな行動に慣れていたことが幸いしたのかも。

71.JPG

もちろん審査は論外。
優勝は米沢市の女子生産者だ。
おめでとう!( ^_^)/□☆□\(^_^ )

72.JPG

73.JPG

「オレは次は絶対に協力しない!」
ブーブー文句を垂れつつ撤収。
まずはお疲れさん \(^^)

74.JPG

午後は講演等だが、
私は所用で昼休みで退散。
みなさま、お疲れさまでした <(_ _)>

75.JPG

来年の全国大会は宮城県会場ゆえに、
山形県もそれなりの参加が要請されるだろうし、
もちろん置賜=我が家も協力の一助かな?
まずは日々励みませう (^^)


さて、牛に引かれて善光寺参り

思いがけず他人に連れられて、
ある場所へ出掛けること。
また、他人の誘いや思いがけない偶然で、
よい方面に導かれることのたとえ。

昔、長野の善光寺近くに住んでいた、
不信人で欲深い老婆が、
さらしていた布を隣の家の牛が、
角に引っかけて走り出したのを見て、
その牛を追っていくうちに善光寺にたどり着き、
それがきっかけで度々善光寺に参詣するようになり、
信仰の道に入ったという言い伝えから。
「牛に引かれて善光寺詣り」とも書く。


・・・以上より、
冒頭の父親と牛のことは、
全く意味から外れていることなのでご注意 (^_-)


nice!(1)  コメント(0) 

リアル案山子見っけ! [2016近況]

畑でひと休みのおばあちゃん?

96.JPG

・・・とそれが噂の案山子だ!
「通りすがりにいつも騙されてしまう (--#) 」
と先日の呑み会でボヤいていた人が。
(別にその人に被害は無いと思うのだが・・・?)

97.JPG

町内北部の長沢地区におりまする。

98.JPG

私も来年ロボット畑へ作ってみようかな (^^)


nice!(0)  コメント(0) 

夏の草刈り2016(3) [2016稲作作業]

小国駅6時2分発の朝1番列車は朝日に輝いているなれば、
今日もクソ暑くとも田んぼ仕事に励むなりけりか。

91.JPG

防除作業が終わったと云えども暇無し (--#)
野や田畑の草は序々に秋らしく衣替えし、
シーズン何回目かの田んぼの草刈りにクソ忙しい。

92.JPG

しかし台風の影響で、
突然の雨に振り回されている今日この頃。

93.JPG

本当に突然の100mmクラスの雨なれば、
幹線用水路の管理も気になる・・・(@@;)

あー・・・いろいろっス (×_×)


nice!(2)  コメント(0) 

新築牛舎への道2016(11) [2016べご=和牛]

さて建築中の牛舎。

74.JPG

8/24(水)現在の様子。
外壁張りが進むといよいよ完成間近感が漂う。

62.JPG

63.JPG

64.JPG

65.JPG

内部も着々と。

66.JPG

67.JPG

68.JPG

土木水槽も水漏れ確認はOKだ。

69.JPG

70.JPG

内部の水と電気工事がいよいよ仕上げへ。
また正面の馬瀬の、
複雑な造形が最大のヤマ場だ。
大工さん、よろしくお願いします <(_ _)>

71.JPG

72.JPG

73.JPG

業者さんの工事が終わり、いざ運用となると、
自分たちでの細工も多々待っているが、
容易に想像できる。
完成後もしばらく頭は忙しいことだろう。

61.JPG



nice!(1)  コメント(2) 

地元の盆踊り2016(2)保育園夏祭りにて [2016地域活動・行事]

4人の子どもがお世話になった地元保育園の、
夏祭りに3年ぶりに参上だ。

31.JPG

同じく盆踊り楽団として要請を受け、
先日同様に奇声を発するハッスル ♪

32.JPG

約10年前からか?参加させて頂いているが、
今回は一緒に踊る親、大人は少なく寂しかったかも。
傍観していないで一緒に踊って下さい!

33.JPG

34.JPG

その後、公民館で慰労の一献はありがたい。
「いつもブログ見てますよ~」
今回もそんな若者と知り合えたことが収穫かな。

今後も有用情報が発信できるように、
脳みそしぼってガンバりまっチュ (^_-)


nice!(1)  コメント(0) 

『本当は明るいコメ農業の未来』 [本(農業)]

米価は低迷、コメの消費量が減退し、
胃袋と口の数(人口)も減っていく日本。
一見して「コメ農業には将来がない」ように思えるが、
実際はまるで逆だ。
コメづくりに携わる農家は全体の6割を占めるが、
その多くは零細の兼業農家。
近年、この兼業農家の減少が勢いを増し、
農地が中大規模の稲作農業者・
農業法人に集積されつつある。
5年以内に必ず起きる「大量離農」を機に、
コメ農業はようやく「プロの時代」への一歩を踏み出す。

49.jpg

とっくにプロのコメ生産者として経営を拡大し、
大量離農に備える農業者や流通や販売の大改革で、
それを支える企業や業者は国内外に少なくない。
彼らは、合理化・効率化で、
生産費を下げて競争力のあるコメづくりをおこない、
創意工夫と技術革新で「規模の経済の限界」を超え、
グローバルな視点で世界の日本米需要に応え、
消費者の嗜好に合わせた多彩なコメ商品を展開している。
「新コメ農業時代」の幕開けに先駆ける、
そうした事業者たちの活動を、
専門紙誌でコメの生産・流通・販売の現場を、
取材してきた著者がくわしく紹介。
そこには、たしかに将来性と希望のある、
コメ農業の姿が浮かび上がってくる。

しかし、明るいはずのコメ農業の未来を阻む事態が、
いま着々と進行している。
なくなるはずの「減反政策」が逆に勢いを増し、
「自由にコメをつくり、売れる時代」を約束したはずの国が、
現場のコメづくりを激しく操作しようとしているのだ。
その実態をあきらかにしたのが第一章。
コメをつくる生産者、流通や販売に携わる業者はもちろん、
コメを食べる消費者も知っておくべき、
2016年以降のコメ農業にふりかかりつつある、
「本当の危機」を見逃すな。

・・・「BOOK」データベースより

P7110003.JPG

書店で見かけて、
「まだこんなこと言ってやがる (--#) 」
と内心毒づきつつペラペラとめくる。
昨今の農政の批判と先進農業者の取組みが主だが、
興味深い指摘も見られたので買ってしまった。

やはりコメ農業は暗いと感じるばかり。
というかコメ農政なのだが。
ますます値下がりするは必定だ。

では、他力本願は払拭して、
自分は何をすべきか、出来るかを考えるのみ。


本当は明るいコメ農業の未来

本当は明るいコメ農業の未来

  • 作者: 窪田 新之助
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2016/06/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




nice!(0)  コメント(0) 

地元の盆踊り2016(1) [2016地域活動・行事]

今年もやってきた恒例の8/16が地元の盆踊り。
上棟式のチラシ作成時に同時に作成したチラシ。

11.JPG

51.JPG

朝8時からやぐら組立て、テント設営作業だ。

52.JPG

53.JPG

そして15時から本格的な準備となる。
私は日中防除作業で既にクタクタ・・・(>_<)

55.JPG

焼き物準備!

56.JPG

冷やし準備!

57.JPG

ゆえに呑みながらのチンタラな時間がイイ。

58.JPG

さて踊り開始は18時30分だ。
心配された台風による雨は避けてくれそうだ。

60.JPG

61.JPG

62.JPG

疲労感にムチ打って奇声を発しますか・・・(^_-)

63.JPG

64.JPG

65.JPG

66.JPG

年々参加者が少なく感じ寂しいかも・・・(ノД`)

67.JPG

しかし今年も怪しい仮装が宴を盛り上げる。
ちょっと怖いピカチュウ?。゜(゜´Д`゜)゜。。。

69.JPG

70.JPG

だが撮影に引っ張りだこ。

71.JPG

予定どおり20時過ぎに踊りは終了し、
抽選会へと進む。

73.JPG

74.JPG

ピカチュウ?も何か貰って騒いでいた (^^)

75.JPG

今年も無事に終わりました。
準備の役員、参加のみなさま、
お疲れさまでした <(_ _)>

76.JPG

簡単な片付けの後は公民館で慰労会。

78.JPG

スケートレースが終了したような、
ピカチュウ?の謎が今明らかに!(?)
・・・ま、グダグダっス (^。^)y-.。o○

79.JPG

早朝から防除作業で凄く疲れているし、
翌朝も作業なので早めに退散させて頂いた。

80.JPG

強者どもが夢の跡。
この時期が年々辛く感じる五十路かな。ひゅぅぅううう。


nice!(1)  コメント(0) 

防除2016 [2016稲作作業]

この時期は田んぼの防除作業に忙しいのに、
なぜにこんなことに、は速やかに修理が済み助かる。

16.JPG

今年はひとりでガンバっている。
噴霧しながら100mのホースを引っ張るは楽ではないが、
これも自分で選んだ道と鼓舞して前進あるのみ。

17.JPG

朝に夕に、日差しが厳しい日中に。

18.JPG

アプローチが悪い、田んぼの形の悪い等、
作業し難い田んぼには様々に思いながら、
整理案件は次々と湧き上がる。



nice!(1)  コメント(0) 

お盆2016(2) [2016近況]

13日(土)は長野軍団のお付合いで米沢市行きだが、
前日の1号の迎えに続き2日連続の訪問だ。
途中の南陽市でイカす3輪トラックを発見!

21.JPG

そして2日連続のなみかた羊肉店へ。
今日は彼らのお土産として義経焼きを買うのだ。

22.JPG

昼食は米沢ラーメンを所望で上杉神社前へ突撃。

23.JPG

この時期名物の冷やしラーメンと焼き肉丼セットを。
ちびっ子たちとの食事の大変さが懐かしい。
ウチもあんな時期あったなぁ・・・と懐古 (^^)

24.JPG

そしていつもの上杉城史苑でお土産物色。
相変わらず狭い店内は大勢の人混みで熱気ムンムン。
チビ丸は期待通りに木刀買いやがった!d(^^)

移動ついでのR13でもう一件物産館へ立寄る。
ほとんど同じもので溢れているが・・・。

その後は南陽市宮内地区の熊野大社へ。

25.JPG

私は4年ぶりか。

26.JPG

その時と同じく3羽の兎を探す。
大勢の人が目を凝らしている。

27.JPG

みんな老化ゆえかよく目が見えず苦戦。
3羽見つかると、
① 幸せになる・・・今幸せならば問題無し。
② 願いが叶う・・・頼むだけでなく努力しましょう。

28.JPG

そして飯豊町の添川温泉しらさぎ荘で汗を流す。
(小国町には今時の入浴施設が無いので、
 このような親戚大勢来訪等の時には困る)

30.JPG

そして小国町に戻りお墓参りへ。
その建築中の牛舎脇だ。

31.JPG

32.JPG

このブログでも幾度も述べたが、
私の祖母以前の時代は子どもが少なく、
大変苦労した我が家だが、
今はこんなに子どもに恵まれている。
ご先祖様方、引き続き見守って下さい。

34.JPG

35.JPG

そして実家前で恒例の定点観察記念撮影。
年々、成長と老いの推移が、いとをかし・・・(^_-)

38.JPG

さて呑み食いの懇親会で、
和気藹々で仲良き様子をご先祖様方へ報告だ。
( ^_^)/□☆□\(^_^ ) (^。^)y-.。o○

40.JPG

41.JPG

今年も村上市山北産の特上生牡蛎に舌鼓。
プリップリの肉厚と濃厚なクリーミーさに (*^_^*)♪
まったく幸せなものだ。

42.JPG

そして長野諏訪地方ジャパン祭り!

43.JPG

今宵も濃厚な夜で愉しいひとときであった。
暗闇を千鳥足でやっと帰宅したような記憶が・・・。

44.JPG

翌朝に帰る軍団のお見送りに。
ちびっ子は最後に牛さんを見るとのこと。

47.JPG

「こんにちは! ○○○です<(_ _)> 」
しっかりと名乗って挨拶する様子が微笑ましい。
また来いよ・・・次は新しい牛舎で会おう (^^)/

48.JPG

荷物と土産に埋まった車内にちびっ子たちも埋まる。
帰郷は7時間後かな?
まずは運転気をつけて、
またお目に掛かろうぞ (^^)/

49.JPG

こんな休日のような感じだが、
今田んぼは防除時期で朝夕は鬼気迫る仕事タイム。

お盆は親戚の仏拝み等で行き来しなければならぬが、
そこは親が健在なので任せて助かる。
でないと、私が行き来は結構大変だ。

「お盆、彼岸、葬祭など、
 このようなときのために親が居ると助かる」
少し上世代の先輩たちが語るはよく解る今だ。


(今年も無事にローカルお盆終わる)


nice!(1)  コメント(0) 

お盆2016(1) [2016近況]

今年のお盆も長野軍団が襲来だが、
昨秋以来なれば、
「よっ! また会ったね ♪ 」
まずは建設中の牛舎を案内だ。

83.JPG

わんぱくちびっ子たちも健在。

84.JPG

85.JPG

もう一人のお祖母ちゃんを、
お墓参りに我が子4人で送迎し、
ついでに見物にきたところで偶然にバッタリと合流だ。

86.JPG

施主がお祖母ちゃんにいろいろと説明だ。

87.JPG

ではついでに記念写真をパチリ d(^^)
(おチビ女子2人はさっさとクルマへ退散で欠席)

88.jpg

夜は歓迎のBBQを開催だ ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

71.JPG

72.JPG

73.JPG

羊肉好きな彼らの所望で義経焼きを準備。

74.JPG

75.JPG

76.JPG

元気なちびっ子たちの、
御柱祭りでの勇姿を再現してもらった。

77.JPG

78.JPG

79.JPG

あーだ、こーだとウダウダ泥酔。゜(゜´Д`゜)゜。。。
話は尽きないがオレはもうレロレロだぜぇ (×_×)

80.JPG

強者どもが夢の跡・・・。

81.JPG

明日もガンバろ~! (つづく・・・という程の内容ではないが(^_-))


nice!(0)  コメント(0)