So-net無料ブログ作成
2018年05月| 2018年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

パトロール部隊編成! [2018近況]

ようやくのある日・・・おっ!

92.JPG

その時から対策として考えていたネコ部隊。
知り合いに分けて頂き、我が屋の牛舎へ参上。

91.JPG

子どもも3匹ほど。
早く戦力になってくれ。

93.JPG

本格的なパトロール部隊編成までは、
お前がガンバっておくれ (^^)/

94.JPG

相変わらずネズミ被害は続き、
昨日も噴霧ホースから噴水させていやがった (--#)

ホント、追いかけっこで疲れる(×_×)


nice!(0)  コメント(2) 

草刈り人足ラッシュ! [2018仕事・作業]

51.JPG

若山地区の早朝草刈り人足は5時集合!
ゆえに4時過ぎに起床し30分過ぎに出ないと、
7km先の現地集合に間に合わない。

52.JPG

いつもの場所をやっつける。

53.JPG

54.JPG

寝ぼけ眼でふらふら~♪
朝露で濡れた足場=斜面は危険だ。

55.JPG

56.JPG

同じ時間にはモゾモゾとワラビ採りの婆さんたちが。

58.JPG

59.JPG

倒木箇所は冒険気分に。

60.JPG

水路をジャバジャバと前進。
けっこうな水圧もまた愉しいかも。

61.JPG

62.JPG

また続いて倒木が。
ジャングルクルーズで遊び気分 (^^)

63.JPG

約1時間強で終了し、
その日は4号の中体連の応援に出動したわけだ。

64.JPG

また、とある遠征帰りの翌朝も人足だが、
すっかり忘れていて呼び出しをくらう。
スイマセン・・・<(_ _)>

81.JPG

82.JPG

疲れ案配の体に、
雨の作業は効く~(゚´Д`゚);;;

83.JPG

そして人足は続く。

84.JPG

ここは例年、雨の作業の印象が強いが、
その日はカンカン照りで暑い。

85.JPG

例年比で雨量が少なく、
草の生長は遅いはずだが、
作業難は変わらないかも (>_<)

86.JPG

87.JPG

誰も使用しない謎の公園は、
作業確認の役人のためにの不毛なことかも。

88.JPG

同じく草刈りネタ。
聖地の米坂線の法面はJR管理だが、
ここはJRではなく、隣接の農家さんの、
完全な好意で綺麗に刈り払われている。
ゆえにこの景色を目に出来るは、あと何年か?

96.JPG

田畑に雨が欲しいところだが、
同時に余計な草も生長するのでなかなか・・・(×_×)


nice!(0)  コメント(0) 

牛舎春秋2018(1)生物活性水プラントのライン追加 [2018べご=和牛]

さて牛舎での生物活性水の噴霧。
  → 牛舎春秋2017(1)生物活性水プラント試運転
  → 自動噴霧再開だが・・・

21.JPG

噴霧ラインは外壁に沿って配管した。

50.JPG

しかし窓とカーテンを開ける時期には、
風通しによっては噴霧が外へ逃げることも多く、
効果が半減することが問題だ。

22.JPG

そこで舎内中央部でも噴霧することにした。

23.JPG

牛に直接噴霧するような位置にラインを追加する。
従来をアウトラインとし、新たにインラインとしよう。

51.JPG

まずは噴霧ノズルを上部へ取り付ける。

26.JPG

27.JPG

馬瀬の上で、おっとっと (^0^;)
歳でフラフラが情けない (゚´Д`゚);;;

54.JPG

取付け位置は、ほぼ目の前なので、
老眼でピントが合わない (×_×)
ネジの打ち込みにイライラだ。

29.JPG

ドヤドヤ、ガタゴトとゴメンね。

30.JPG

馬瀬上部はネズミの食い千切り跡が酷い。
あの日の大事な梵天が (--#)

31.JPG

34.JPG

最近よく食い千切られるビニールチューブは、
綺麗に這わせず、わざと宙ぶらりんに配管だ。

35.JPG

36.JPG

A、B棟の設置配管で、のべ10時間か。
ノズルは約40個、結ぶビニールチューブもほぼ同じ数。
夜の9時頃まで頑張る足下では、
チューチュー♪と夜行性で走り回っている (--#)

37.JPG

そしていよいよ分列部へ。

39.JPG

あるモノでバルブはこんな感じに。

40.JPG

A、B棟の各々アウト、インラインに。

41.JPG

そしてドキドキの試運転は、
ショワ~♪と吹き出す活性水に感動 ヾ(^v^)k

42.JPG

わざと宙ぶらりん配管ゆえに、
配管長による圧損が懸念されたが、
特に問題はないようだ v(^^)v

43.JPG

風通しの影響を受けるが、
逆にそのランダムさが良いかもしれない。
ただ馬瀬上部が結構濡れるので防腐塗装しよう。

  【A棟の動画】

  【B棟の動画】

さらに効果が上がることを期待だ。
ノズルが詰まらなければよいが・・・(~_~;)

45.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』 [本(思想・啓蒙)]

前書の続編は、
では具体的に身近な生活への影響は?と。

P6110002.JPG

う~む。う~む。う~む。
私は2、30年でお陀仏だが、
働き盛りの子と孫の代は・・・(゚´Д`゚);;;

P6110003.JPG


未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書)

未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書)

  • 作者: 河合 雅司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/05/16
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0) 

夏のWCS作業2018(1) [2018べご=和牛作業]

最近は購入干し草で凌いでいるので、
自前粗飼料の確保も急務となっていた。
田植えは終了していないが、
その松岡地区ザル田で、
" すたらもっこら ” しているならば、
WCS確保もしてしまえ、と。

06.JPG

08.JPG

採草現地で父親が刈り、
私が積込み、運搬だ。

07.JPG

地元でフィルミングは2号。
獣医さんが来る等で牛舎へ行き来するので。

09.JPG

10.JPG

また別日は北部4、5km先の採草地で、
その時は私がくるくるポン♪ と。

11.JPG

最初の頭出し=1台目が来るまで、
私が東部2km先の松岡地区で代掻きだ。

12.JPG

たった20aずつの、
1/3から2/3しか水が回らない (--#)
ゆえに1時間程度で退散せざるを得ない。

13.JPG

そんなやり繰りは、
IntelAMDのCPU並みの、
マルチスレッド=同時並行作業だ d(^^)

14.JPG

15.JPG

仕事は探せば幾らでもある。
なので敢えて探さないようにしよう。
嫌でも目の前に転がっているので (^_-)☆


nice!(1)  コメント(0) 

田植え2018(7)遠かった千秋楽 [2018稲作作業]

既に珍しい苗ラック車で町内暴走中。

21.JPG

さて残り40aの代掻きは、
水が染み込んだ土の部分を掻いては、
先へ水を送るで3日を費やした。

22.JPG

十分な水状態でも朝に止水すれば、
昼には無くなるザル田なので苦労だ。

23.JPG

24.JPG

1時間で切り上げる=本日終了。
残りの1/3は明日仕上げられるだろう。

25.JPG

そして不便な苗ラックでの、
背負い動噴作業がちょっとイラっとする。
背負う時にレバーが引っかかったり・・・(--#)

26.JPG

またその日は長井市へ瞬間移動し、
4号の800m走を観戦だ。
最後の子どもの勇姿を見届けねば。

64.JPG

その翌日6/10(日)がついに千秋楽だ。
6月の松岡地区入りしてから遠かった (~_~;)

28.JPG

中途半端な田植えが続いたこの数日で、
厭戦気分が広がっていたが、
今期を締めるべく気分新たに前進。

29.JPG

1時間もせず無事終了 (^^)/
田植え開始時に嘯いていた、
「6/10までは終わっべぇ~♪」 は本当だ。
ちなみに余った苗は裏返して捨ててゆく。

30.JPG

が、遠足は家の玄関に入るまで遠足=
=最後まで気を抜くな、の原則で、
危険な積込み、運搬に気を入れ直す。

31.JPG

集中!集中!(`へ´)

32.JPG

帰宅して即座に水洗だ。
やるべきことを片っ端から終了させて、
次作業へ挑むも基本 v(--#)

33.JPG

34.JPG

細部まで入り込んだ泥ゆえに、
ネチネチとしつこく攻め続ける。
それでも乾燥後に残は見つかるが・・・。

35.JPG

苗ラックを降ろした、
3週間ぶりの荷台は快適 d(^^)

37.JPG

その最後の40aの除草剤は同時散布だが、
その前の隣接1haは水のやり繰りで未散布ゆえに、
背負い動噴で散布にゆく。
ザル田は土が非常に硬く、
田植え機車輪跡がしっかりと残っている。

38.JPG

歩いても特異な感覚だ。

39.JPG

こんなザル田ゆえに除草剤効果は低いが、
全く散布せねば悲惨になるは、
昨年のチェーン除草作業で思い知った。

40.JPG

他の普通の田んぼの3倍以上の手間は、
様々に思うことはあるが、
植えてしまえば逆に秋作業は楽チン。
まずは明日に向かって撃て!ドガーン!

41.JPG

そんな千秋楽の前に、
続々と次ミッションの案内が届いている。
役員会、総会、地域作業等々・・・嬉しいぜ (-_-)

43.JPG

そして懇親会で乾杯!
これも仕事だ ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

42.jpg

雪融けから、あっという間で初夏。
防寒ジャケットから一気に短パンだ。

その次ミッションに加え、
事務作業も多いし、
牛舎でやりたいことも控えている。
しかし仕事ずくめでは頭がおかしくなるので、
ギアチェンジして遊びながら挑むわさ (^_-)v


nice!(0)  コメント(0) 

再勉強Excelマクロ・VBAとか [本(思想・啓蒙)]

田植えが終われば、草殺しも忙しいが、
事務作業が待っている。
特に水利組合会計の、
前任者が苦労していた作業を軽減すべく、
Excelファイルのブラッシュアップが急務だ。

P4280001.JPG

しかし毎日向き合っていたサラ時代から離れ、
忘れていることは多く、ソフトver.も上がったので、
まずはマニュアル本を購入しスタンバイだ。

P4280002.JPG

全開脚が便利であろう d(^^)

P4280003.JPG

今時の農家、というか地域作業でも、
庶務や会計に携わる事務では、
PCでドキュメントが作成できないと務まらない。
手書き手作業でも何とかなるが、
効率は圧倒的に違うし、報告義務があれば、
ほとんどはPCドキュメントだからだ。
ゆえにPCドキュメント作成スキル取得は、
農家にも必須の時代だ。
簡単な案内文書、四則演算表とか。

また、子どもの保護者会も同様か。
あの時も担当者は同じ事を言っていたなぁ。


さてさて、まずは田植えを、
さっさと終わらさないとな・・・。


ビジネスExcel 完全版

ビジネスExcel 完全版

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2018/01/25
  • メディア: 単行本



かんたんだけどしっかりわかるExcelマクロ・VBA入門 (Informatics&IDEA)

かんたんだけどしっかりわかるExcelマクロ・VBA入門 (Informatics&IDEA)

  • 作者: 古川 順平
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0) 

花を飾りましょう♪2018 [2018地域活動・行事]

田植えも終わらぬ時に、
実家地区の植栽活動に駆り出された。

81.jpg

会場は某コンビニの片隅だ。


82.jpg

83.jpg

ぎゅ~ぎゅ~ドヤドヤな中、
マイミッションはパチリまくりだ d(^^)

84.jpg

特にご高齢の方々には、
このように「集まる機会」が必要だと実感する。

85.jpg

86.jpg

87.jpg

88.jpg

はい、お疲れさまでした、パチリ。
みなさま、お元気で (^^)/

91.jpg



nice!(1)  コメント(0) 

田植え2018(6)本作業は??? [2018稲作作業]

夕方の水見回りで遭遇するマジックアワー。
ほんの1、2分の天地ショーに乾杯!

51.JPG

さて試練の松岡地区は、
気持ち好く水が回らないので苦戦続き。

52.JPG

通常地域の3倍は時間を費やす。

53.JPG

それでもそれなりに仕上がるので、
田植えで追いかける。

55.JPG

その今年から作付けした田んぼは、
やはり最後は自力脱出不可なので、
近くの代掻きトラクターを呼んで牽引!

56.JPG

その日は約1.5haの田植えが可能なので前進。

57.JPG

58.JPG

思いのほか捗ったので試し挑戦だ。
15分前に仕上がった田んぼへ植えてみる。

59.JPG

通常の田んぼでは、
表層のトロトロな土が寄って苗が倒れるが、
なんと!苗がしっかりと立っている!
恐るべし松岡地区・・・(^0^;)

60.JPG

肥切れなので早く植えてあげたいが、
いよいよ酷い、遠き千秋楽かも。

62.JPG

除草剤散布時期に入り、こちらも早急な対応を要する。
元気なヒエをやっつけるべし。

64.JPG

初中期一発剤地域は、対応の中後期剤だし、
初期剤地域は、全面初中期一発剤を散布せねば。
重なって面倒だが、それもこの仕事 (--#)

65.JPG

水見回りも、上流の草刈りで流れてきた草が、
引っかかることが多くなり、思い通りにゆかない時期に。

67.JPG

ん?

68.JPG

おおっ、めんこいのぉ~♪(山形弁:可愛い)

69.JPG

これも毎日のミッション?
一番列車見送り (^^)/

70.JPG

そして地域活動への参加もせねば。

71.JPG

そして残りの田んぼへ行ってみるが、
なぜか頭首工の検査?で入水制限で、
水が来ず、代掻き出来ない (×_×)

78.JPG

では急務とも云える作業をすべきかと。

81.JPG

そしてまたまた除草剤散布だ。

72.JPG

泥の中をひたすら前進 (;´Д`)

73.JPG

浅いところは問題無いが、
膝上までの深い田んぼでは、
水田長靴の中まで泥水が浸水で非常に不快だ。

何かで読んだな。
地獄に落ちたヒトラーは、
罰として延々と泥の中を歩かされていると。
こんな感じか?確かに辛い (>o<)

74.JPG

と、水田長靴に穴が開いた。
近くの店にはサイズが無いので、
補修して騙して使うことに。

75.JPG

ところが翌早朝一発目で傷口開口 ♪
ダメだった・・・(゚´Д`゚)
仕方ないので小さいサイズの新品を購入で。

76.JPG

そして相変わらず水は回らない。
全22haの田植えの、
残りはたった40aだが・・・(>o<)

77.JPG

こんな調子で様々な作業が並行し、
何が何だか、段取りを考えるだけで脳は疲弊だ。

79.JPG

そんな中での夜の総会、慰労会続きは辛い。
何れも純粋な気持ちで愉しめないかも (>_<)

82.jpg

こんな日々を、
自分で鼓舞するしかないが・・・はてさて。

80.jpg

・・・しかし、ブログは更新する (^_-)☆



nice!(0)  コメント(0) 

田植え2018(5)今頃ナニやってんだ? [2018稲作作業]

食用米の田植えが終了したとは云え、
稲WCSと飼料米が約6ha残っている。
少しは気楽でも実作業の負荷は同じで、
問題は、その圃場地域だ。

61.JPG

そこは泣く子も黙る松岡地区。
俗称 ” ザル田 ” で、かつ、
用水路断面積が小さく。水不足に拍車をかける。
負の遺産集大成的な悪環境の地域だ。


さて、そんな地区で先日発覚した事実。

えー! あの田んぼ、
 今年から作らなくてはならないのか?

と知ったは5/15頃の田植えは始まろうかと、
いよいよ戦闘モードMAXの時 (>o<)

それは大人の、というか、
俗世の歪みに翻弄される一例かも・・・(゚´Д`゚);;;

まずは食用米優先で作業を進め、
終了後に改めて仕切り直しと予定していたので、
いよいよの畦塗りを5月末の今頃に・・・。

62.JPG

ちょうど1ヶ月遅れ=長き放置ゆえか、
燃料計は以前から怪しかったが、
なぜか速度・回転計の針が固まっている!
はぁ~やれやれ・・・歯がゆい日常茶飯事よ。

63.JPG

こんな毎日晴天続きの乾燥具合でも、
なぜかこの田んぼはジメジメチックなので、
それなりの良い感じに仕上がる。

64.JPG

来たついでに他の田んぼへ施してみるが、
やはり土と天気の影響でパッサパサで意味無し。
1ヶ月違いの差は大きい (>_<)

65.JPG

続いてその畦塗り田んぼへ元肥を散布だ。
散布機は既に洗車して格納なれば、
たかが20aのために出動させるまでもなく、
ここは背負いの人力手振り散布だ。

67.JPG

人力は全ての基本なので忘れるでない!
と自分に言い聞かして6往復は、なかなか辛い。

これが大規模農家の作業かよ?
 しかし、負けん (--#)

と愚痴と気合いが渦巻いてグッチャグチャ。
ま、世の中いろいろ、来た球は打つ! ( ̄∇ ̄)

68.JPG

そんな足下にはマツボックリ。
犬のウ○チか、私のナ○のようかも。
へっへっへ ♪
とニヤニヤ半笑いしつつ散布だ (^_-)

69.JPG

そんな間に父親の代掻きが仕上がり、
田植えに猛進GO!

71.JPG

今はお馴染みの、
" なんちゃって金閣寺 ” も見守っている。

72.JPG

さてこのうち約2.5haは未荒起こしであったが、
実は牛舎からの堆肥を散布したく残していた。
例年4月後半作業だが、
積上げ作業のパワーショベルが、
故障で長期入院しており、
退院まで待っていたら、
こんな時期になってしまった。

73.JPG

荒起こし完了分の代掻きを終了した、
父親が即座に運搬、散布作業だ。

74.JPG

追いかけ田植えが終了した私は、
即座にトラクターのハローを水洗し、
再びロータリーへ交換だ。

76.JPG

77.JPG

何のことはない、
もう1台の50馬力トラクターへ、
ロータリーを取り付ければそれだけの話なのだが、
先日ユニバーサルジョイントを破壊してしまい
予備手配が間に合わなく不可なのだ。
まったく要領が悪い (×_×)

78.JPG

取り外しついでに、
今度は気合いを入れて確実にグリースアップだ。

79.JPG

そして直ぐさま自走で現地へ移動し、
まずは人力手振り散布のジメジメチックを。
中央部がすり鉢状で、なぜか入水で、
元々凸凹な田面はさらに凸凹か?(-_-)
まずは夕方の隙間時間ゆえに本日は終了。

80.JPG

翌日は約2haを一気に荒起こし終了させる!
堆肥散布も大忙し。

81.JPG

82.JPG

目の前を行ったり来たりだが、
土埃を巻き上げて疾走感抜群 d(^^)

84.JPG

85.JPG

86.JPG

かつて巨匠 黒澤明監督が、
時代劇での馬の疾走感を出すために、
足下に灰を撒く方法を提案した、
メーキング映像を見たことを思い出す。
おお、迫力が違う!
なるほどね~(^^)♪ と。

60.JPG

夕闇迫る19時前に何とか終了!
もちろん即座に入水して帰宅だ。

87.JPG

そんなドタバタなところに、
山形市転勤となった1号が、
天童市で大会の3号を連れて帰宅するので、
久しぶりの勢揃いを祝い(?)BBQだ。

89.JPG

この一杯のために生きている ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

90.JPG

仕事疲れに酔いまわりは早い。
ウダウダな時間が過ぎて、
片付けの怠いこと、怠いこと (-_-)

91.JPG

さて残り約2.5haの田植えだが、
問題はザル田ゆえに水回りが悪く、
代掻きは多くの時間を費やすであろう。
通常の3倍は掛かるかも・・・(>o<)

そして除草剤散布作業も忙しくなる。
んで牛飼料のWCSも確保しなくては。
また自宅周辺、田んぼの畦の草刈りもしたい。
さらに事務作業も堪りつつある。

・・・休みたい (-_-)


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
2018年05月|2018年06月 |- ブログトップ