So-net無料ブログ作成
本(思想・啓蒙) ブログトップ
前の10件 | -

『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』 [本(思想・啓蒙)]

前書の続編は、
では具体的に身近な生活への影響は?と。

P6110002.JPG

う~む。う~む。う~む。
私は2、30年でお陀仏だが、
働き盛りの子と孫の代は・・・(゚´Д`゚);;;

P6110003.JPG


未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書)

未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書)

  • 作者: 河合 雅司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/05/16
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0) 

再勉強Excelマクロ・VBAとか [本(思想・啓蒙)]

田植えが終われば、草殺しも忙しいが、
事務作業が待っている。
特に水利組合会計の、
前任者が苦労していた作業を軽減すべく、
Excelファイルのブラッシュアップが急務だ。

P4280001.JPG

しかし毎日向き合っていたサラ時代から離れ、
忘れていることは多く、ソフトver.も上がったので、
まずはマニュアル本を購入しスタンバイだ。

P4280002.JPG

全開脚が便利であろう d(^^)

P4280003.JPG

今時の農家、というか地域作業でも、
庶務や会計に携わる事務では、
PCでドキュメントが作成できないと務まらない。
手書き手作業でも何とかなるが、
効率は圧倒的に違うし、報告義務があれば、
ほとんどはPCドキュメントだからだ。
ゆえにPCドキュメント作成スキル取得は、
農家にも必須の時代だ。
簡単な案内文書、四則演算表とか。

また、子どもの保護者会も同様か。
あの時も担当者は同じ事を言っていたなぁ。


さてさて、まずは田植えを、
さっさと終わらさないとな・・・。


ビジネスExcel 完全版

ビジネスExcel 完全版

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2018/01/25
  • メディア: 単行本



かんたんだけどしっかりわかるExcelマクロ・VBA入門 (Informatics&IDEA)

かんたんだけどしっかりわかるExcelマクロ・VBA入門 (Informatics&IDEA)

  • 作者: 古川 順平
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0) 

防災・危機管理意識 [本(思想・啓蒙)]

狭い国土に複雑な山河で地震大国なれば、
常に自然災害の危機に瀕している日本。
その関係職種の方々には有名な本らしいが、
これは全国民必読と思う。

『新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている』
(Amazon紹介より)
本書は、2005年に出版された書籍 『人は皆「自分だけは死なない」と思っている』の改訂新版です。
東日本大震災や御嶽山噴火など、日本を揺るがせた大震災についても新たに収録しています。
「関東大震災が来ると言われていても、本当に来るかはわからないから…」「自分だけは大丈夫、助かると思ってる」そんな方も多いと思います。
阪神淡路大震災、新潟県中越地震、スマトラ沖地震、東日本大震災など…甚大な被害をもたらす災害が頻発するのに、なぜ人は“防災”ができないのか…。
本書は、その心理を解明し、その上で何ができるのかを紹介していきます。

P1280010.JPG

防災とは視点は変わるが、
危機管理と云う意味では同じく興味深い本。
分厚いので、たまにチマチマと、
つまみ読みで未だ1/4だが。

『最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか』
(Amazon紹介より)
現代における最も危険な場所の一つが巨大システムの制御室である。原子力発電所、ジャンボ機、爆薬工場、化学プラント、核ミサイル基地…技術発展に伴い、システムはより大きく高エネルギーになり、人員はより少なくて済むよう設計されたが、事故が起これば被害は甚大になる。巨大システムが暴走を始めたとき、制御室で人びとは何をするのか、何ができるのか。最悪の事故を起こすシステムと、その手前で押さえ込むシステムとの違いは何か。50余りの事例を紹介しつつ、巨大事故のメカニズムと人的・組織的原因に迫る。

P1280011.JPG

自分の身は自分で守るは原則だが、
現実の生活は巨大システムに依存しているので、
一旦何かが止まればたちまち・・・怖い。


日々の生活は常にリスクと隣合わせ。
その「瞬間」に何が出来るのか、を。
例えば、この大雪が続いたらどうなるのか?
コタツで本書を読みつつ想定を、とな。


新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている

新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている

  • 作者: 山村 武彦
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2015/04/03
  • メディア: 単行本



最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか (草思社文庫)

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか (草思社文庫)

  • 作者: ジェームズ・R. チャイルズ
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2017/08/02
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 

最近良かったビジネス書 [本(思想・啓蒙)]

実際に書店で手にとり確認し買った本。
平行読みなので完読まで時間を要したが (^_-)

『図解 モチベーション大百科』
『10倍速く書ける 超スピード文章術』
『図で考える。シンプルになる。』

PC260054.JPG

専業専門書以外にクロストレーニングで、
様々にインプットするは大事なことだ。


図解 モチベーション大百科

図解 モチベーション大百科

  • 作者: 池田貴将
  • 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版
  • 発売日: 2017/06/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




超スピード文章術

超スピード文章術

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/08/23
  • メディア: Kindle版



図で考える。シンプルになる。

図で考える。シンプルになる。

  • 作者: 櫻田 潤
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0) 

年末恒例事典更新2017 [本(思想・啓蒙)]

判らぬ用語が多いので、
4、5年で買い換える『現代用語の基礎知識』。
昔は同じようなものが各社から出版されていたが、
生き残りはこれのみかな?
こんなことでも厳しい出版業界を垣間見たりして。

また時事のガイドとして、
『論点もの』は毎年買っているかも。
結局活字かな、と思っている。

PC120003.JPG

大方の着地点は「日本は大丈夫か?」と。


現代用語の基礎知識2018年版 通常版

現代用語の基礎知識2018年版 通常版

  • 作者: 池上彰/佐藤優/竹内洋岳/飯田泰之/平田直/島薗進/五野井郁夫/伊藤真/金子勝/森永卓郎/清家篤/湯川れい子/塚田穂高/伊勢崎賢治/やくみつるほか
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2017/11/09
  • メディア: 雑誌



文藝春秋オピニオン 2018年の論点100 (文春MOOK)

文藝春秋オピニオン 2018年の論点100 (文春MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/11/09
  • メディア: ムック




nice!(1)  コメント(0) 

『町の未来をこの手でつくる-紫波町オガールプロジェクト』 [本(思想・啓蒙)]

自分の住んでいる町の未来はもちろん気になる。
本書は非常に良い事例であった。

PB170018.JPG

→ 岩手県志波町
→ 岩手県紫波町「オガールプロジェクト」
  補助金に頼らない新しい公民連携の未来予想図


あの日廻ってみるべきだったかも。

ただ単に、
利便性の良い箱物を作った、
と云う話ではない。
町作りに直接関わる人は必見と思う。

PB170021.JPG


どこかの自治体みたいに、
まず設計事務所ありきではなぁ・・・。


町の未来をこの手でつくる 紫波町オガールプロジェクト

町の未来をこの手でつくる 紫波町オガールプロジェクト

  • 作者: 猪谷 千香
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/09/26
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0) 

『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』 [本(思想・啓蒙)]

2017年 「おばあちゃん大国」に変化
2018年 国立大学が倒産の危機へ
2019年 IT技術者が不足し始め、技術大国の地位揺らぐ
2020年 女性の2人に1人が50歳以上に
2021年 介護離職が大量発生する
2022年 「ひとり暮らし社会」が本格化する
2023年 企業の人件費がピークを迎え、経営を苦しめる
2024年 3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」へ
2025年 ついに東京都も人口減少へ
2026年 認知症患者が700万人規模に
2027年 輸血用血液が不足する
2030年 百貨店も銀行も老人ホームも地方から消える
2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる
・・・

P8180001.JPG

あくまで予測なので、丸呑みはしないが、
人口減少により20~60歳の労働人口も減り、
税収も減り、各種サービス、
インフラ整備等に限界がくるは必定かも。
私が生きているうちは何とかなろうが、
子どもの代は厳しく、孫の代はお先真っ暗か?

田舎の山間部で農業をしているとよく判る。


未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

  • 作者: 河合 雅司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/06/14
  • メディア: 新書



nice!(2)  コメント(0) 

『論理的思考力を鍛える33の思考実験』 [本(思想・啓蒙)]

比較的簡単な思考実験の入門書。
最近脳内硬化気味なので喝を入れようと。

トロッコ問題」、「テセウスの船」、
アキレスと亀」、「モンティ・ホール問題」など、
有名どころからオリジナルまで33の思考実験を掲載。

P7220006.JPG

最後は確率論に終始してしまった感があるが、
前述の有名どころは面白かった。
このまま錆び付かず柔軟な脳でいたいのぉ (-_-)


論理的思考力を鍛える33の思考実験

論理的思考力を鍛える33の思考実験

  • 作者: 北村 良子
  • 出版社/メーカー: 彩図社
  • 発売日: 2017/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 

『宝くじで1億円当たった人の末路』 [本(思想・啓蒙)]

田んぼで荒起し中のトラクターでの、
ラジオ番組で紹介されていた本を。

P6050003.JPG

ちょっとした隙間時間に、
ワンテーマを読むのに最適で面白かった (^^)

P6050004.JPG

P6050005.JPG

今、私が宝くじで1億円を得たならば、
まず借金を即座に返済し、
もう2、3軒小屋を建てる・・・で1億円はナッシン。
そして明日からの生活収入、貯蓄は、
しっかりと汗水流して働いて蓄える。
・・・で、イイのかな?(^_-)

そんなif で自分は?
と考えさせられるのがイイ。


宝くじで1億円当たった人の末路

宝くじで1億円当たった人の末路

  • 作者: 鈴木 信行
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2017/03/25
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0) 

『戦国武将のインバスケット:もし、滅亡寸前の戦国領主をまかされたら』 [本(思想・啓蒙)]

「良い判断ができる人は報酬が上がる」
  → 『インバスケット実践トレーニング』
以前読んだビジネス本の応用版は戦国もの!
こんな本を待っていた (^^)/

P4240024.JPG

P4240028.JPG

関東三国志=上杉、武田、北条に囲まれた小国が舞台。
普通ならば何れかに軽く呑み込まれるだろうが、
そこは深く突っ込まずに戦国観を愉しむ。
なるほど、戦国も領国経営は大変だ (T^T)

P4240030.JPG

P4240025.JPG

P4240026.JPG

P4240027.JPG

主人公は現代と戦国を行き来し、
多少の無理矢理設定ではあるが、
歴史好きなれば好かったよぉ~d(^^)


戦略思考が身につく 戦国武将のインバスケット もし、滅亡寸前の戦国領主をまかされたら

戦略思考が身につく 戦国武将のインバスケット もし、滅亡寸前の戦国領主をまかされたら

  • 作者: 鳥原 隆志
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/09/12
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)


ゲームをしたくなったかも (^_-)




nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 本(思想・啓蒙) ブログトップ