So-net無料ブログ作成
2014農の作業 ブログトップ

親子3代 de 牽引劇場 [2014農の作業]

快調に稲刈りは続く。

71.JPG

私がコンバインで刈り、2号が籾運搬トラックを操る。

72.JPG

その田んぼが終了し、次の田んぼへ移動すべく、
籾運搬トラックはノロノロとバックして移動したのだが・・・!!!

「何やってんだ! う゛ぁー危ねぇぇー!」
その目の前でスローモーションに流れる光景に私は大絶叫 ヽ(゜Д゜)ノ

73.JPG

それなりに広い農道、2号自身も草刈りで道感覚は判っているはずだが・・・

やっちまった、危機一髪!(>o<)
タンクに籾が半分も入っていれば高重心となっていて・・・(~_~;)
しかし籾は1回しか入れていないことが幸いして最悪の横転は免れた。

74.JPG

さてこんな状況は慣れっこなのでコンバインで牽引してみたが、
なかなか上がらず、仕舞いにはロープが切れてしまった!
(後で検証すると、牽引方向をもっと角度を持たせるべきであった (ノД`) )

75.JPG

そこで自宅小屋で別作業中の父親へ電話して、トラクターで救援を求めた。

76.JPG

今度は角度を持たせて牽引してみるが、
既に路肩に腹が突っかかってしまって上がらない!(>o<)

77.JPG

78.JPG

前日の雨で路肩は弱くなっていたようで、くい込みまくり最悪 (~_~;)

79.JPG

さて次の一手はパワーショベルの参上。
この田んぼは自宅から200mくらいの近所なので自走で来られて助かった。

80.JPG

これで倒れ込んだ側の肩部を持ち上げて、腹の突っかかりを解消し、
と同時にトラクターでジワジワと牽引して上げる作戦だ。

父親がパワーショベル、私がトラクター、2号が籾トラックと、
ついに親子3代で牽引劇場のクライマックスを演じる (^_-)v

81.JPG

ここは住宅隣接地ゆえに、この一部始終を、
外に出て、或いは窓から顔を出して見物した人々の姿は多かったかも。

隣の畑のオバちゃん連中にも、
「そんなに頑張るからよぉ~(?)」
「いっぱい作ってっからなぁ~気をつけるんだぜぇ~」
等々からかわれていたりする (-_-);;;

82.JPG

事件発生から、かれこれ30、40分で閉幕したが、
自宅近くゆえに柔軟に素早く応対できたので助かった。

83.JPG

2号は決して運転が下手ではないが、
こんなことも、ひと通り誰でも経験することではある。
今後は甚大な状況に陥らないようにすればヨシなのだ (^^)

84.JPG

そういう私の最も新しいのは5、6年前かな?
雨上がりで濡れた草と路肩に後輪が滑り、あっという間にご臨終~(×_×)
ここは若山地区なので自宅から8km弱の遠隔地だったので大変であった (ノД`)

85.jpg

このような事態に即座に応対できるスキルを持っていることは、
何となくThe男の仕事という感じで、誇らしいような気がするが、
やはり事無きが一番だよなぁ~(^_-)☆


nice!(0)  コメント(0) 

稲刈り準備しつつ・・・ [2014農の作業]

周囲では稲刈りが始まっている。

31.JPG

我が家もWCSが出来ぬ雨の日等には、
小屋掃除や機械整備等で準備を進めてはいる。

32.JPG

しかし小屋内の大量のガラクタには毎回辟易する。
このイムホテップのミイラが出てきそうなジェットバック・・・どうする(--#)

33.JPG

コンバインも越冬した、稲刈り直前の清掃、メンテナンスが必須だ。
今年はネズミはいない模様だが・・・。

34.JPG

特に足回りのグリースアップは基本中の基本。

35.JPG

朝に、夕に隙間時間を見つけてはの作業だが、
2台のコンバインに、もうかれこれ一週間くらい経過したかも。

36.JPG

そしてWCSの日々。

37.JPG

んで運搬で町内をトラックで暴走する日々。
あ、米坂線のキハ110系車両の側面に愉しそうなペイントが!

38.JPG

陽の傾きも早くなり17時半過ぎには撤退気分が漂い、
18時過ぎには暗くなり、いよいよ秋と感じる今日この頃・・・。

39.JPG

もちろん朝も冷え込み、とてもTシャツのみでは不可。
冷え性のオレは手足の先っちょが厳しい (×_×)

今朝は昨夕残った草団子のフィルミングを20個ほどこなす。

40.JPG

いよいよ今週には稲刈りを始めないとな (~_~;)

nice!(1)  コメント(2) 

晩夏から初秋・・・草との闘い [2014農の作業]

この時期は稲作でも畜産でも、専ら草を相手に奮戦だ。

まず町内の耕作放棄地のような草ボウボウの田んぼでWCSを。

81.JPG

82.JPG

日が短くなり18時半には暗くなるは秋の到来を感じる時だ。

83.JPG

この日は自宅へ持ち帰った分を、翌朝の雨が懸念されたので、
何としてもフィルミングしたく、真っ暗闇の中を20時前まで (ノД`)

84.JPG

そして田んぼは迫る稲刈りに備えて畦の草刈りだ。

85.JPG

WCS優先なので、朝夕の空き時間を見計らうが、
残り20枚がなかなか終わらない・・・(ノД`)

86.JPG

そして撮らずにゃおれない米坂線 (^^)v
(なぜに毎回撮るのか自分でも呆れるが・・・そういう野生の習性?)

87.JPG

自然と調和した一服の絵画、心景色を求めては、
仕事をしているのか、遊んでいるのか、たぶんマルチタスクが標準。

特に朝は冷んやり感なれば、確実に季節の移ろいを肌で感じる。
例年この時期には体調を崩しやすいのでご注意かの (^_-)


nice!(1)  コメント(0) 

地元地区用水路人足2014 [2014農の作業]

やっぱりGW恒例の作業レポートはケジメとして続く。

81.JPG

5/5、6の早朝5時半より地元地区の用水路人足もGWルーチンだ。

82.JPG

朝篠幹線用水路からの枝幹線を2日に分けてだ。

80.JPG

ほとんどがU字構の無い土側溝(どそっこう)なので、
底部に生えた草や堆積した土を排除する必要がある。
同時に草と小さな木(放置すると瞬く間に大きくなり厄介)を刈取る。

83.JPG

地主、借り手と総動員だが、ほとんどが年輩者だ。

84.JPG

昨年は雨の中で苦労したが、今年は穏やかな朝陽が嬉しい。

85.JPG

86.JPG

87.JPG

早朝1番列車通過前の静寂な中の作業。

88.JPG

何れも約500mの作業であったが、
いつか年輩者が居なくなったら、と思うと憂鬱になるも例年の思い。

89.JPG

このような共同作業で御協力を頂かないと稲作は出来ないのが現実。

身近で現実的な視点では、
私を取り巻く5年後のこのような稲作環境はどうなっているのか不安。
大きな視点では、
やはり町人口減少=経済力低下となり、町自体が何れは吹き飛ぶかも。

本当に毎年徒然と思ってしまう (-_-)


nice!(1)  コメント(0) 

朝篠用水路人足2014春 [2014農の作業]

そしてGW恒例の作業レポートは続く。
  → 朝篠用水路人足2013春

21.JPG

22.JPG

18.JPG

・・・という指示なので刈払い機でエイコラサッサと。

19.JPG

23.JPG

24.JPG

25.JPG

水路脇には枯れた木も見受けられ・・・

26.JPG

毎年倒れているものを見かけるが今年は大きい!

27.JPG

そんなこんなで約2時間強励みました。

28.JPG

その後は地元地区の用水路を約1時間弱励みました。

29.JPG

30.JPG

冬期の除雪で排雪していた場所は、土砂も一緒に削り送られて、
このように用水路に落下堆積(10cm以上 (--#) )し、
作業終盤でお疲れ気味のところにスコップで上げるは非常に重労働だ。

17.JPG

80歳でも頑張る先輩方がいるので、
疲れたなどと言っていられないけど m(`ε´)m


nice!(1)  コメント(0) 

生活排水路のゴミ上げ人足2014 [2014農の作業]

昨日同様に同じ展開のネタで・・・m(_ _)m
  → 生活排水路のゴミ上げ人足2013
さて早朝の一斉清掃の次は、実家地区の生活排水路のゴミ上げに出動だ。

60.JPG

実家地区の「一斉清掃終了後」にセブンイレブン脇の公民館前に集合!
とのことで、見当をつけて6時半頃に参上だ。

61.JPG

今年も組ごとに分担し各地域の排水路のゴミ上げを行う。

62.JPG

昨年と若干ルートは異なるが後半は同じで、お墓わきから下流へ進む。

63.JPG

お墓の奥は「それらしいゴミ」だらけ・・・問題ではないか?

64.JPG

65.JPG

66.JPG

67.JPG

ここは牛舎新築予定地なのだが・・・。

68.JPG

このような調子でイベントは例年同じ=記事も同じ=芸無し (^^;)



nice!(1)  コメント(0) 
2014農の作業 ブログトップ