So-net無料ブログ作成
2014仕事・作業 ブログトップ
前の10件 | -

雪国POSTMANが行く!(2) [2014仕事・作業]

わずか4時間くらいで一気に降り積もる恐ろしい我が町。

71.JPG

慣れない地域の道路の様子が判らず、
初日は側溝へ脱輪してしまった (>o<)

72.JPG

吹雪では視界不良=コントラストが低いので、
道幅が判りにくい箇所が多い (×_×)

73.JPG

一方晴天の日は雪が反射し最高に眩しい。
そして日陰との明暗差が超危険だ (`ε´)

74.JPG

そこで重宝するのが今夏に製作していた跳上げ式サングラスだ。

75.JPG

度付きレンズなので仕分けや宛先確認の文字読みに大助かり。

76.JPG

最初は「怪しい配達員だな~」という視線を向けられたが、
「いつもどうも~♪ 郵便ですぅ~!」と愛想を振りまき印象緩和ちゅう♪

77.JPG

アウトドアにインドアに、
明るい場所に暗い箇所に、
細かい文字も読み、道路幅、脇の危険箇所を察知する。
非常に便利なメガネなので、もう1個製作しておこうかな (^^)d


そんな調子で初心者マークは結構神経を使っているらしく、
帰宅すると、何気に疲れていることに気づく。
そんな疲れを癒やし、凍えた体を温める風呂が至福の時間。

体を洗っていると、やがていつもと違うゴワゴワした感触に気付くが、
なんと! 指サックをしたまま風呂に入っていやがった!(ノД`)

78.JPG

外すのを忘れているとは、
なんて仕事熱心な私でしょう ( ̄∇ ̄)v
(完全に皮膚に同化しているな)


さて今日も通常配達後は年賀状仕分けを追い込むか!
年末年始はMaxに忙しい職種にソワソワだ (^^)



nice!(2)  コメント(0) 

雪国POSTMANが行く!(1) [2014仕事・作業]

実は先々週から郵便局で冬期配達に勤しんでおります。

81.JPG

冬期は牛飼育のみが主作業の我が家だが、
今年は2号が就農して控えていれば、私は余裕があるわけで、
米価下落で厳しい稲作事情なれば少しでも稼ぐべくの出動だ。

82.JPG

出勤は9時過ぎでよいので早朝の牛舎仕事をこなしてだ。
そして名物除雪作業も (×_×)

83.JPG

さて配達では、簡単な新人教育を受けた後に直ぐに実践へ放り出される。
大丈夫か? 誤配や事故は?
「責任」のプレッシャーは大きい (>o<)

そんな心配をよそに大寒波の大雪がさらに私を追い詰める!
配達物を濡らしてはならぬ (--#) と。

84.JPG

配達の軽トラが動けない道路も多々あり、
雪をコギコギの雪中行軍! 最長は何と100m!?
(ここでも最後は体力か?)

85.JPG

暴風雪では視界も悪く軽トラの運転も普段以上に神経を疲れる。
他人様の大事な郵便物を届けるというシンプルな使命が重い。

86.JPG

87.JPG

助手席は郵便と荷物で所狭し。
大雪なれば軽トラの荷台は役に立たない!

88.JPG

しかし雪景色は風情があり、
仕事とはいえ、景色を愛でる余裕があるは年の功か?

89.JPG

そして、最初はビビったが、待ち受ける犬も今は顔見知り。
ポスト位置がタイトでニアミス御礼万歳。

「私に噛みつこうものならば、強烈なケリを入れてやる!」
という好戦的な香りを犬も敏感に感じ取ったかな?(^_-)

91.JPG

まずは初心者マークは日々余裕がないが現状だ。
しかし様々に感じることも多く、
それが自分の糧になれば良いと思っている=今日もアクティブ!

92.JPG

外野から漠然と眺めていた配達作業は結構大変だ。
しかし、そもそも仕事は大変で厳しいのが当たり前だ。
心地好い緊張感、または新鮮とも云えるかな?

そんな中でのクライマックスは年賀状の時期なので休みも無く最高に忙しい・・・
・・・んが、せいぜい愉しんでいるわさ (^_-)☆


nice!(2)  コメント(0) 

ツッパリBoo! [2014仕事・作業]

そんな使いっ走りDAYSで、
つい面倒臭くて放置していた越冬前の重要な作業。

56.JPG

この過去に数回雪で潰れたビニールハウスへ、
補強の突っ張りとして中央へ単竿パイプ=ツッパリ棒を立てることだ。

57.JPG

油断していると一晩で一気に降る!

58.JPG

チマチマ数回に分けて作業していたが危なかった (^_-);;;

59.JPG

来たね、雪の厳しい生活。
まずは東北人の、
ど根性でBoo!Boo!言いながら、
ツッパリますわな (^^;)

60.JPG


nice!(2)  コメント(0) 

NEWトラクター除雪機とバツ&テリー [2014仕事・作業]

先日の白い森おぐに湖・・・叶水大橋より

76.JPG

さて新しいトラクター除雪機を購入し、
業者と取り付けたはいいが、突然にエンジンが始動しなくなった。
とにかく動かないので、その日は動作確認も出来ず業者は退散だ。

71.JPG

バッテリー自体にも問題があると判断し、
翌日早速交換しようと、約30分もあれば楽勝と作業を開始したが、
なんとドックが邪魔になり、全く手間が掛かる作業であることが判明!

72.JPG

たまの作業なのでドックを外す手順はうろ覚え・・・(>o<)
何とか思い出しながら試行錯誤しモタモタしだ。

73.JPG

このフレームを支えるそれなりの大きさのボルトが錆びてはいるわ、
1箇所はレンチで廻しにくい場所にあるわ、手は冷たいしでモタモタ (ノД`)

74.JPG

重いバッテリーを交換し、軽くスパーク(゚o゚; させながら端子を繋ぎ、
なかなか嵌まらないフレームのボルトを何とか嵌めて、
再び大作業のドックを取り付けて、約2時間近く費やし交換作業は終了だ。

ようやく除雪機の試運転となったが、
案の定、配線廻しやコントローラー位置などを調整しモタモタ (ノД`)
あっという間に真っ暗になったが、何とかやるべきことは完了。

75.JPG

そんなウルトラポンコツトラクターに、
もうひと冬ガンバって貰いたいが、
ここぞ!と云うときに限って、
「オレは今日は気分が乗らないから動かないぞ!」
なんて簡単にストライキするんだよなぁ (-_-)


nice!(1)  コメント(0) 

晩秋の洗車ラッシュ始まる [2014仕事・作業]

何気ない景色だが澄んだ光線にビビッ!
安ものコンデジでもよく撮れる (^^)v )

94.JPG

この時期は隙間時間で洗車ラッシュでもあり、
1年の泥落としに水遊び~♪

トラック、パワーショベル、べーラー等々、
コンバイン2台も今頃ようやく洗車した次第だ (^_-)

91.JPG

洗車は初期清掃=メンテナンスとしても最も基本たる作業で、
このように触れることにより、異常を発見、或いは無いことを確認だ。
お掃除好きな私はつい夢中になり時を忘れてしまうのだ (^^)d

92.JPG

夕暮れは早く16時には暗くなり始める。
例えば15時の一服などしようものならば、外仕事の時間は無くなってしまう。
暗くなると効率は落ちるし、トラブルの元なので潔く控えるべし。

93.JPG

最後は降雪の中でマニュアスプレッタとトラクターを、
寒さと冷たさに震えて泣きながらすることが待っている・・・合掌 (T_T)v



nice!(2)  コメント(0) 

給油タンクのノズル改善 [2014仕事・作業]

柿が色づくと、これまた秋後半の香り。

21.JPG

そんな先日の、さて雨の日には日頃気になっていることを片付けるが、
その中のひとつ・・・改善工作大好き!

例の軽油タンクの給油作業だが、
「給油中は離れるな!」の気合を掲示するだけでは本質の改善とは云えない。
(実は最近、流出させた夢を見て冷や汗をかいた・・・夢に出てくる!=重症?)

22.JPG

そこで一息ついたならば本質改善をすべきと、
ガンノズル化しようと構想を練っていた。

23.JPG

この辺りではどこで売っているのか判らなかったのでネットで購入だ。
ちなみに定価15000円くらいであった (T^T)

24.JPG

近くのホームセンターで連結金具やホースを購入し準備万端。

25.JPG

サラリーマン時代のエアノズル配管等の細工を思い出す (^^)

26.JPG

愉しく作業し、こんな感じで完成だ。

27.JPG

このように給油にはノズルレバーを握らねばならず、
作業中はそこを離れることは出来ない!ふふふ、ふぁふぁふぁ ♪(^^)v

28.JPG

ノズル固定部も廃材で細工し完了!(提案5級100円(ノД`) )

29.JPG

先日までのWCS作業では軽油は使いまくりなので、
毎日給油作業があったが安心 (^^)d

30.JPG

んが・・・実は、しかし・・・だ。
このレバーは固定可能な仕様となっている。

31.JPG

ボタンを押してカチャリ♪ と。

32.JPG

だからこのように給油中でも離れることが出来るんだよね・・・
・・・意味ないじゃん!ヽ(゜Д゜)ノ

33.JPG

その機構を壊して撤去しようかと考えたが・・・ちょっと待てよ。

ノズルの握りはさり気なく重い。
ゆえに18リットルの給油時間は長く感じる。
高齢の父親には負担かも知れず、申し訳なく感じる気持ちもあるので、
私自身はしっかり握り離れないように心掛けることが妥協案かも。

34.JPG

結局、シッパイハ己ノ心ニアリ だ。


やはり(×_×)・・・の失敗後日談の無いようにしなくてはな (^_-)


nice!(1)  コメント(0) 

今日も牛も猫も元気 [2014仕事・作業]

この牛舎の2階には住人がいる。

36.JPG

仕方無く引き取った猫が現在は3匹。

37.JPG

38.JPG

まったく至れり尽くせりで餌は食べ放題。
定期的な、その買出しと運搬がかなり面倒くさい (`ε´)

39.JPG

下からホイストで上げるのだが、あー面倒くさい (--#)

40.JPG

43.JPG

実はこいつらはネズミを獲らない!
では猫自体を日頃から可愛がりコミュニケーションをとっているかと云うと、
まったくそうでは無い。

41.JPG

ゆえにただ飯食いなのに、なぜに飼っているのか人智を越えている・・・(T^T)

42.JPG

来年に新牛舎へ引っ越すが、この猫はたちはどーすんだ!?
たぶん、このままかな?

44.JPG

数軒の小屋には長き歴史が積み上げたガラクタものが多く、
将来その扱い対応を想像すると頭痛がするが、
この猫たちのことも面倒くさい。

とりあえず今は考えないようにしている。


nice!(1)  コメント(0) 

原野火災未遂の思い出 [2014仕事・作業]

やっぱり逆光に輝くススキは美しい。

41.JPG

ここは小渡地区の今年から稲WCSとした1枚の田んぼ。
隙間時間の、とある午後に作業出動だが、
ここに来る度に、あの今でも背筋がゾクゾクする出来事を思い出す。

42.JPG

この隣接は例のタラの芽とワラビの原野のような畑だ。
このように秋の膨大な草が春になると枯れても壮観なので、
ワラビのためにも野焼きすると良いな、といつものように軽く考えて着火した。
折しも程よい風が吹き、枯れ草は勢いよくボウボウと燃え上がる。

44.JPG

ところが強くなった風に煽られて周囲へドンドン燃え広がり、
これはマズい、と思ったときには既にかなり危険な状態に!
足でバンバンと踏み消したり、小さなビニール袋で水をかけるが、
とても全ては消せない(~_~;);;;!

(“ 諸葛孔明の火計 ” ってこんな感じ?)

そこで父親へ電話で救援を頼んだ。
自宅と小渡地区は急いでも15分は掛かるかも。
しかしその間にも火はドンドンと燃え広がり続ける。
最悪の杉林には行かないように必死に足で踏み消すが、
反対の農道を越えた隣の畑では勢いよく強かに四方へ燃え広がっている (>_<)

そんなパニックで大慌ての所に父親の軽トラが到着!
放水ポンプを持ってきたのか、と勝手に想像していたが、
ジャジャジャ~ン!となんと 竹箒1本 のみ (゜o゜;!

46.JPG

その燃え広がる畑へダッシュして、
「こうやって防火線を作るんだ!」
と火の先端を箒でシャッ!シャッ!と手際良く消し去り進む。
するとそこで火の前進は止まる。
面白いように止まる。
あんなに気持ち好く軽快に燃え進んでいたのに!
私も足で必死に踏み消しするが、その消火スピードが異次元に違う。

47.JPG

その作業時間は何分であったろうか、やがて全て消し去り事無きを得た (^_^;)

この杉林を燃やしたら確実にTVニュースとなったことだろう。

「今日昼11時頃、小国町で原野火災があり約100㎡の杉林等を消失しました。
 9日午前11時頃小国町小渡地区で、同町内農業おぐにほらっちょさん42歳が、
 わらび畑を焼き払った際、誤って火が周囲へ燃え広がったようで、
 田畑と杉林の原野等を合わせて約100㎡が燃えました。
 現在も小国警察署と消防署で、
 おぐにほらっちょさんへ詳しい事情聴取をしております。」

・・・なんて感じ? 一躍県内の有名人になりたくない (×_×)

45.JPG

ホントに回顧すると背中に冷たいものが走るが、
その時の父親の竹箒での消火の様子は強烈に印象に残っている。

「バカと箒は使いよう」

知恵なのか、経験なのか、とにかく凄い、やはり頼りになると思ったこと。
そのスキルいただき!
・・・というか、安易に着火してはいけません。
まったく軽率さを大いに反省した思い出だ (^^;)



nice!(2)  コメント(0) 

税務作戦検討ちゅう・・・ふるさと納税? [2014仕事・作業]

先日、町の稲作振興会総会に参加してきた。
会自体は景気の良い話も無く退屈だったのだが・・・

66.JPG

その中で「ふるさと納税」の話が出て、ピクッと反応したりして。
先から検討中で、ちょうど本で勉強していたときなので。

その名称で勘違いしてしまうが、
「ふるさと」は自分の故郷云々は全く関係無く全国どこでも自由で、
「納税」は寄付金という性格だ。
(制度検討時にあれこれ議論があり、最後は名前のみが残ったらしい)

67.JPG

68.JPG

各自の所得により納税上限はあるが、
これは全くリスクの無い、おいしい制度かも。

69.JPG

視点を変えて納税される自治体側として、
寄付金集めとして考えてみれば、大いに検討の余地がある。
魅力的な名産品、特典で都市部の人々に寄付=援助して頂こう (^^)

・・・では我が町のようすは・・・(-_-) う~む。う~む。う~む。(ノД`)


完全ガイド 100%得をする「ふるさと納税」生活

完全ガイド 100%得をする「ふるさと納税」生活

  • 作者: 金森 重樹
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2014/04/17
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

税務作戦検討なう(^^)v [2014仕事・作業]

確定申告書自体の作成は、さほど苦労しなくなったが、
そもそもの人件費、消費税等々の作戦は今立てなければならん。
毎年申告時期に苦悩すれば、今こそ実施なり。

そこで税理士へ訪問して様々にアドバイスを頂いたが、
いやはや何とも怖かったなぁ (^_-)
(その小さな勇気と経験が硬直しつつある脳に良いのだろうが)

71.JPG

その日の古本屋ではストライクに2冊を見つけてしまった。

72.JPG

納税意欲満々ですぞよ (^_-)☆


サラリーマンの9割は税金を取り戻せる - あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)

サラリーマンの9割は税金を取り戻せる - あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)

  • 作者: 大村 大次郎
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2013/12/09
  • メディア: 新書



税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)

税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)

  • 作者: 大村 大次郎
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2012/12/07
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 2014仕事・作業 ブログトップ