So-net無料ブログ作成
検索選択
2017稲作作業 ブログトップ
前の10件 | -

追肥2017 [2017稲作作業]

ここ数日は真夏日から猛暑日で脳天クラクラの日中。
視界はまさに白昼夢 (@@;)

6.JPG

7.JPG

田んぼは追肥の時期で、
短い期間に勝負を掛けねばならぬ。

8.JPG

涼しいうちの朝に勝負したいが、
4時では世間にひんしゅくを買いそうなので、
まずは5時から背負動噴をブンブン鳴らす。

9.JPG

10.JPG

それでも日中も。
そんな朝篠地区では突然にガタゴトと、
通常列車とは異なる音が聞こえてきたが、
2人乗りのカートのようなものが進んできた。

11.JPG

おお~(゜o゜;

12.JPG

ふ~ん(゜-゜)
愉しそうなので乗ってみたい。

13.JPG

さて白昼夢視界で前進あるのみ。
倒れない程度にガンバるべし (>_<);;;

14.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

削溝2017(2) [2017稲作作業]

さて、その新型削溝機。
→ 歩行型溝切機MKS3000 共立

26.JPG

アクセルの配線位置はこれで良いのか?

27.JPG

使い易いように自分で再配線だ。

28.JPG

そして早朝5時に初陣。

29.JPG

30.JPG

たぶん生涯を共にする新しき相棒と記念撮影。

16.JPG

エンジン快調、配線位置もヨシ!

31.JPG

股下まで露で濡れ濡れ。

32.JPG

30a田んぼの1往復は約200mで、
8~9往復かな?=1.6~1.8kmを歩き、
時間は約1時間の早朝ライザップ (>_<)

33.JPG

34.JPG

1枚終了したところで、
3号の乗る6時過ぎ発一番列車が通る。
「とーちゃん、ガンバってるからな ヽ(゜Д゜)ノ 」

35.JPG

そして十字等交差部の貫通のための、
文字通り手直しだ。

36.JPG

37.JPG

全てが繋がって、
排水部へ水が流れると嬉しいヾ(^v^)k
そして達成感 (^0^;)

38.JPG

毎日2時間でウェダー内は、
蒸れを通り越してビショ濡れだ。

39.JPG

もちろんタイツ、靴下も同様に。

17.jpg

そんな早朝の繰り返し。

24.JPG

20.JPG

秋の稲刈りで苦労しそうな柔らかい田んぼを、
優先的に作業を進めてきて、
程よいところで終了とする。
他にやるべきことが多いので。

21.JPG

新型機、お疲れさん。
来年以降もよろしく (^^)/

19.JPG

そんな早朝ライザップも、
消費した以上に補給しているので、
むしろUP?( ̄∇ ̄)


nice!(2)  コメント(0) 

夏の草刈り2017 [2017稲作作業]

暑い (ノД`);;;

45.JPG

その中で草刈りも大盛況だ。

41.JPG

42.JPG

自走機で刈れない所を、
最後は刈払い機でやっつける。
この時期の草は一気に大きくなるので油断ならない。

43.JPG

汗だくと水分補給の繰り返し。
体内循環サイクルは早い?

44.JPG

さて米坂線撮影の聖地朝篠地区だが、
この線路の高い法面は、
手前田んぼの地主さんが刈っている。
放置しておくと生えた木が一気に腕ほどの太さになるので、
苦労して毎年刈払い、綺麗に維持している。

40.JPG

何気ない絵になる景観も、
誰かの苦労、努力の上に成り立っている。
そして鑑賞に浸れるのも今のうち。


nice!(1)  コメント(0) 

削溝2017(1) [2017稲作作業]

小国町では以前から全ての田んぼを、
しっかりと削溝する人は見たことがないかも。
遅い雪融けからの作業に追いまくられて、
生育的に、この辺の時間を取りにくい、
寒い中山間地らしい環境が大きいらしい。

そんなことだが、秋の稲刈りで苦労しないように、
中干し時期に削溝したい田んぼを優先的に作業だ。
これぞTHE昭和!
とおよそ30年前の削溝機で出陣だ。

38.JPG

優先順位の上位=膝上までぬかる湿田は、
昨年の稲刈りでは手刈りをせざるを得なかった所。
こんなところで乗用=
田面ライダーは不可ゆえに手押し機なのだ

61.JPG

1枚30aを作業するとランニングで、
10km走ったような疲労感かも。
2枚60aなれば20km=ハーフマラソン! (>_<)
ゆえに陽射しの強い日中の作業は避けて、
早朝5時~7時が勝負だ。
そんなことで1日2枚しかやる気がない。

62.JPG

そのウェダーは正解で役に立っている。
実際それはそれで思うことがあるが、
一番の濡れるストレスから解放されているので。

63.JPG

そんなことで3日目に、エンジンの調子が悪く、
機械屋さんに診断をお願いすれば、
ご臨終に近いらしい・・・ああ、ついに (ノД`);;;

64.JPG

翌日には早くも新型機が到着も驚くが、
改めて現物を見比べると、
その30年も変わらぬスタイルにはもっと驚く。

65.JPG

まずはポンコツのストレスから解放されるので、
早朝ライザップをガンバリまっチュ♪(^^)/


nice!(1)  コメント(2) 

ウェダーで準備OK [2017稲作作業]

昨年の削溝作業の苦労を省みて、
今年はウェダーを準備してみた。

71.JPG

この足部のみタイプでも良いと思うが、
実際に着用している人の姿を見ると・・・、
・・・イマイチなので却下だ。

37.JPG

それにしてもいつもの、
中華4000年の歴史が香る逸品は、
ちょっと不安ではある。

72.JPG

webの書込み情報からLLサイズを注文だが、
着用案配は悪くない。

73.JPG

普段履き27.0cmの足サイズも悪くない。

74.JPG

問題は裏部のシール細工。
チープで怪しい (~_~;)
まずはウェダー自体の作業性を試して良ければ、
次はGore-Tex製等の良いものを買おう。

75.JPG

いよいよ中干し、削溝の準備OK (`へ´)フンッ

38.JPG





nice!(1)  コメント(0) 

乗用チェーン除草機(5)終幕 [2017稲作作業]

あの日、意気揚々とした気持ち、今は何処。

69.JPG

盛夏でのヒエぼうぼうを何とかしたかったのが、
結果的に現状は、よりヒエぼうぼう(×_×)

55.JPG

中期までは一応除草剤は効いていて、
後期に一気に負けることを確認できた、
でヨシとしよう。

56.JPG

その初中期剤を散布した、同じく水持ちが悪く、
やがてヒエぼうぼうになる隣の田んぼ。

57.JPG

一気にヒエが目立ってきた。

58.JPG

約10日前の両津勘吉の足跡が、
未だ鮮明に残っているは土が固い証し。

59.JPG

そんな顛末を先日視察でいらした、
I理事長へ相談した。
地元で有機米を栽培していて、
手法は異なるがチェーン除草をしているからだ。

「えーこんな太いチェーンで、
 (移植後)5日目で苗が抜けないの?」
と逆に驚かれた程であった。
それでも生えたヒエについて考察を進めると、
どうも「トロトロ層」の有り無しが原因かも。

60.JPG

そもそも出発位置が異なったのだ。
「単純にチェーンで除草したい」と、
「米を育てる過程の中でチェーン除草を行う」と。

続いて様々な疑問が湧き起こるが、
ますます「分らないことが分った」の心境が深まる。
まずは今後も座学と実践で蓄積してゆくしかあるまい。

とりあえずこの話題は一旦打切りとしリンク集を。
→ 乗用チェーン除草機(1)初陣
→ 乗用チェーン除草機(2)敗戦
→ 乗用チェーン除草機(3)希望の大地
→ 乗用チェーン除草機(4)

62.JPG

では水洗して格納だが、
今後の出番はどうなることやら・・・。

63.JPG

・・・ん、閃いた!

66.JPG

チェーン保持部はボルトナットで外せる=
=交換可能な構造なれば、
乗用溝切り機としてはどうだ!?

64.JPG

チェーン部は重すぎて効かなかった、
傾斜センサーも次は威力を発揮するかも。

65.JPG

などと次なるワクワク感を秘めて、
まずは静かにおやすみ~(-_-)゜zzz…

67.JPG

ホント、愉しい乗り物であった (^_-)☆    (おわり)


nice!(0)  コメント(0) 

乗用チェーン除草機(4) [2017稲作作業]

先の田んぼで赤信号が灯った。

71.JPG

そんな中での希望の50a田んぼは、
初回除草から3日目の状態を確認してみた。

72.JPG

むむっ、ヒエが!(@@;)

73.JPG

74.JPG

そこで翌日4日目に2回目の除草をしてみた。

75.JPG

76.JPG

白く幼いヒエが抜けて水面で漂うらしいが、
よく確認できない・・・。

77.JPG

う~む、嫌な予感が・・・。

78.JPG

止水24時間で見事に水が抜ける田んぼは、
例え除草剤を散布しても後期にはヒエぼうぼう。

79.JPG

数日すると瞬く間にヒエが!!(×_×)

80.JPG

81.JPG

82.JPG

枕地は少ない・・・が唯一の慰めか?

83.JPG

ここに至っては無駄だと思いつつも3回目を。
2回目から6日目、初回から10日目、
代掻きから11.5=12日目だ。

84.JPG

あのゴツく重いチェーンは全く無力・・・。

85.JPG

これにて終了 (-_-)

86.JPG

まずは検証しなくては。          (つづく)


nice!(1)  コメント(0) 

乗用チェーン除草機(3)希望の大地 [2017稲作作業]

そんな敗戦の悲壮感が漂うが、
実はもう1箇所50aの田んぼも試している。

21.JPG

移植後5日目(代掻きから6.5日目)を。
その日は雨風だったが、
夕方あがり案配だったので現地へ急行だ。

22.JPG

愛機OMD-EM1で、
タイプラプス動画を撮らなくては!

23.JPG

誰かの軽トラが横を過ぎれば、
2m下の奈落の底=水路へドボン!だが。
(これも日々の小さな勝負なりけり)

24.JPG

さてまずは5日目で苗は抜けないか?

25.JPG

・・・大丈夫のようだ (^_^)v

26.JPG


しかし雨上がりに太陽が覗けば、
ダイナミックな光景を愉しめる。
肌寒い強風も水面を流れる様は素晴らしい!

27.JPG

28.JPG

除草作業自体は正味時間20分程度。
田面の様子確認や、
写真、動画撮影でモタモタ道草だが、
気持ち好く時間を過ごせた。
それはこの時点での除草効果への期待と、
素晴らしい天地ショーとの相乗効果だ。

29.JPG

ほとんどは億劫なカメラ設置も、
希望に溢れるワクワク感なればOKだ。

30.JPG

31.JPG

除草効果への希望を抱かせる、
素晴らしい光景の中に自分も在る。


水面を流れる雲・・・
時折金色に輝く大地・・・

まさに希望の大地 d(^^)

・・・の、はずだったのだがネ。      (つづく)


nice!(0)  コメント(0) 

乗用チェーン除草機(2)敗戦 [2017稲作作業]

そんな愉しいデート気分も、
数日後には見事に打ちのめされた。

90.JPG

小渡地区は、
あっという間にヒエぼうぼうだ (×_×)

91.JPG

92.JPG

急速に落ち込んだ気分でも、
初回から1週間後に、
一応チェーン除草機を入れてみる。

93.JPG

やはり根付いたヒエは、
除去出来ない現実に敗戦気分だ。
と同時に呑気に、
生命の力強さも感じていたりして・・・。

94.JPG

そして地元地区だが、
こちらも程度は少ないが同じくヒエが。

95.JPG

97.JPG

98.JPG

初回の除草は移植後6、7日目だったが、
既に遅かったと推察される。
4、5日目であるべきだったのか。
それを試すには、
あと350日待たねばならぬことが、
1年1作の歯がゆいところだ。

と同時にやがてヒエが生えてくれば、
いくら “ 効かぬ ” とはいえ、
実際の除草剤の効果にも考えが及ぶ。
偉大なる発明なのだ、と実感。

99.JPG

結局、遊園地の愉しいアトラクションで騒いだ、
と云う、つかの間の幻だったような・・・(-_-)

一応撮ってみたタイムラプス動画を。


さてさて・・・・             (つづく)


nice!(2)  コメント(0) 

田植え2017(5)終了 [2017稲作作業]

真っ黒ケッケなればそろそろ飛び立つな。

16.JPG

そんな田植え終盤だが、
大雨と強風が3日間続き大きくペースダウン (×_×)

17.JPG

田植えはともかく、困ったのは除草剤散布だ。
移植後3日を目安に背負い動噴で、
田んぼに応じて初中期一発剤、
或いは初期剤を散布している。
これが当該日、雨と風で作業が出来ず、
急遽ジャンボ剤を求めて何とか間に合ったか?
こんな状況に対応すべく、
「手」は多く準備すべきことを学ぶ。

18.JPG

さて稲WCSの6haのスパートで松岡地区を。

19.JPG

とにかく水持ちが悪く、乾けば “ いつく ”、
非常に厄介な地で代掻きも苦戦だ。
祖父の代掻きと孫の田植えのコラボ。

20.JPG

昨日代掻きし、今日植えるの自転車操業?
負荷の掛かる地であったが、
ドライブハローも壊れず完走お疲れさま。

21.JPG

今期もいろいろあったが、いよいよ明日で終わる。

22.JPG

そして老兵6条機廉頗号で千秋楽を迎える。
主力の8条機怪獣号改め張飛号は、
開幕ダッシュ成功だが7haで戦線離脱。
デモ7条機趙雲号で3haを助けられ、
結局廉頗号で残り12haを乗り切った。
やれやれ、こんな大規模農家でいいのか・・・(-_-)

23.JPG

その夜、まずは祝杯 ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

24.JPG

張飛号は入院して養生し、来期に備えませう。

15.JPG

嵐は過ぎ去り安堵だが、
やるべきこと、やりたいこと、
仕事は目白押し・・・嬉しい (-_-)


nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 2017稲作作業 ブログトップ