So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の15件 | -

微量要素散布2018 [2018稲作作業]

稲刈り終盤が近づくと、
「もう3haくらい作れたのでは?」
などと思ってしまうのだが、
それを躊躇させるのが、
7月の背負い動噴散布作業だ。

71.JPG

この炎天下=30℃を越えた中では、
25~30kgの動噴を背負い、
足下の悪い約100mの畦を、
幾度も往復するのは誠に辛い。
ゆえに涼しい早朝と夕方にしか作業はしない。

72.JPG

その第一弾が微量要素の散布だ。
こんなものどーでもいーのではないか?
と悪態をつきつつも毎度のこと (^_-)

73.JPG

よく肥料や農薬散布において、
作業終了したが大量に残っていた、
などど間抜けな世間話を聞く。
そうならぬように作戦マップを作成で。

74.JPG

短い期間に中干し、削溝、も重なり、
非常に忙しく辛い時期なので、
猛暑は勘弁して欲しいと思うのだ。
が、父ちゃんはガンバるぜ (`へ´)

75.JPG

3号を乗せた始発列車を見送るも日課か。
好んで5時から仕事するオヤジだが、
6時発の列車に乗る高校生たちは大変だ。
地域によってあと2時間眠れるだろうに・・・。


nice!(0)  コメント(0) 

草との戦い2018 [2018稲作作業]

ほぼ自分で段取るようになり3年目=
=稲作若葉マークは3回目の春作業を検証だ。

86.JPG

その3年前は我が家の田んぼは、
どこへ行っても草=特にヒエがボウボウ (×_×)
今年こそはと改善を取り組んだつもりだが、
予想外にヒエが少ない田んぼが多く、
それは小さくとも前進=成果と嬉しく思っていた。

87.JPG

先日、とある田んぼで大御所先輩に呼び止められ、
「お前上手くなったなぁ、段取りもイイよ」
とお褒めの言葉を頂いた。
上手くいった所もあるが、そうでない所もあるので、
謙虚な気持ちでは半々だが、
"見ている人はいる
を素直に嬉しく思い、さらに励もうと意欲も湧く。
全くありがたいことだ <(_ _)>

88.JPG

そんな中でWCS用の小渡地区の田んぼだが、
昨年はチェーン除草機前提で除草剤を散布しなかったが、
今年は再び一発剤を同時散布している。
  → 乗用チェーン除草機(2)敗戦
やっぱりヒエがボウボウとは云え、
少しは散布効果はあるのだと改めて認識だ。
何事もやってみないと判らん d(--#)

89.JPG

そんなヒエがひと段落すると、
今度は広葉系のオモダカ等がワッ!
と出てくる時期だ・・・
・・・アレコレと難しいし、判らん (×_×)
そこが1年でたった1回しか挑めない、
稲作のもどかしいところだ。
さっさと改善策を試し、検証し、再び繰り返す=
=PDCAをスパイラルアップ!
と速やかに考えたいせっかちな性格の私。
次は来年かぁ、生きてっかな・・・ (^_^;)


nice!(0)  コメント(0) 

懐かしいマスク [2018稲作]

まともな農薬マスクを物色していると、
サラリーマン時代に散々お世話になった、
防塵マスクと酷似品を見つけた。
全く同じモノではないのか???(゚-゚)

91.JPG

まさか、
またこのマスクにお世話になるとは・・・
・・・懐かしいなぁ~10年ぶりか?

それこそ30年前は、このマスクにて、
劣悪な環境の小口径1・2号機、6号機で、
死ぬほど造っていたっけなぁ~♪
アホどもと切磋琢磨していたよなぁ~♪
~( ̄∇ ̄)~~( ̄∇ ̄)~~( ̄∇ ̄)~~( ̄∇ ̄)~


nice!(0)  コメント(0) 

和牛市場2018・・・7月 [2018べご=和牛]

社交会場兼同窓会場にて、
農大の先輩後輩集合!

41.JPG

42.JPG

で、その7月の置賜和牛市場では、
セリ機が更新されたようで、
それに伴い変更点が多いようだ。

43.JPG

電光掲示板は液晶パネル化へと。

44.JPG

そんな刷新に特に、どーこーないが、
セリ開始を待っていると、
いつもの品評会へ我が牛も出せとのこと。

46.JPG

どーせ、ただのサクラなのに。
ゆえにここでも特に、どーこーない。

47.JPG

さてセリ開始だが、
セリ機更新で時短とかの効果はどうなのか?
ま、どーでも、いーが。

48.JPG

そのうちに我が屋も出場で、
私の担当は「ようこ」ちゃん(*^_^*)[黒ハート][黒ハート][黒ハート]だ。

49.JPG

そもそも今回は4頭くらいのはずだったが、
事情により2頭のみだ (>_<)

50.JPG

我が屋の牛を買って下さった、
購買者様、ありがとうございます。
ぺっこりと頭を下げて・・・感謝 <(_ _)>

52.JPG

あ、液晶パネルは正面から見れば、
色鮮やか=判りやすいではないか。

53.JPG

そんな記念すべき?市場であった。

55.JPG

おらぁ、帰るぞ!
・・・と簡単ではなく、
買い主さんの引き取りと換畜券発行を、
待つことが何気に時間を費やす (-_-)

56.JPG

その換畜券も新しいフォーマットに。

57.JPG

しかし出品が2頭では寂しい。
常時5~6頭となることが目標だ。

励みませう、励みませう、
道は近いようで遠いものぞよ・・・<(_ _)>


nice!(0)  コメント(0) 

ビジネス書ばかり読むバカ [本(思想・啓蒙)]

・・・と巷でささやかれていたりする。

本質的なことは、
古典で既に回答があるので、
今さら同じようなことの羅列を、
繰り返し読む輩を非難云々だ。
確かに『1分で話せ』は、
『韓非子』にも出てくるが。
ま、あまり固く考えずにネ (^_-)!

39.JPG

便利な世の中の裏側を説く、
『すごい技術・・・』は技術魂をくすぐりGood!
『1日1ページ・・・世界の教養365』は、
山間ど田舎で百姓をしている現実と、
あまりの隔世感がGood!
いつも「バカ、死ね、アホ」
と口汚く連呼しているので、
『いい言葉は・・・』で浄化しませう。

「読書の夏」ですよね~(*^▽^*)


1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

  • 作者: 伊藤 羊一
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2018/03/14
  • メディア: 単行本



雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科

雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科

  • 作者: 涌井 貞美
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: 単行本



1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

  • 作者: デイヴィッド・S・キダー
  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2018/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



いい言葉は、いい人生をつくる (成美文庫)

いい言葉は、いい人生をつくる (成美文庫)

  • 作者: 斎藤 茂太
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2005/01/05
  • メディア: 文庫



現代農業 2018年 08 月号 [雑誌]

現代農業 2018年 08 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2018/07/05
  • メディア: 雑誌



nice!(0)  コメント(0) 

夏の草刈り2018 [2018稲作作業]

田んぼは畦を歩く作業に突入するが、
そのために歩き易いように草刈りだ。
あとは斑点米=カメムシ対策として、
生息密度を減らす目的もある。

36.JPG

およそ1年の長期入院を経て、
新品パーツ交換等で蘇った自走機は、
やはり楽チンで大助かりだ (^0^;);;;

37.JPG

そんな日々の愉しみは・・・

38.jpg

・・・ですよね~v(*^o^*)v

(延々と使えるパターンなるか)


nice!(0)  コメント(0) 

つや姫&雪若丸穂肥診断研修会2018 [2018視察・研修]

さて今年もこの時期だ。
米沢市で開催のつや姫穂肥診断研修会だが、
今年は本格デビューの雪若丸も併せてだ。

61.JPG

今回は座学は省きオリエンテーション程度とし、
現地にてを重点とする進め方だ。
その現地会場は東北中央道の、
無料・有料区間を分ける米沢北ICの北方あたり。

62.JPG


63.JPG

全国的にも多収地帯なれば生育まことにヨシ。
我が町と全く比較にならぬは毎度のこと。

64.JPG

65.JPG

そろそろ参加も飽きてきたかも・・・(-_-)

66.JPG

さて、我が雪若丸。

69.JPG

渇水で沢水が水路にほとんど来ず、
したくもない中干し状態 (゚´Д`゚);;;

70.JPG

そんな時に豪雨予報がありがたい。

71.JPG

が、実際はションベン程度の不発に終わる。
ままならぬ天候よ (-_-)

72.JPG

ゆえに雨乞いしなくては!

73.jpg

「雨乞い」( ^_^)/□☆□\(^_^ )
「雨乞い」( ^_^)/□☆□\(^_^ )

ダメだ、こりゃ ~(^o^)~


nice!(0)  コメント(0) 

広島視察研修(3) [2018視察・研修]

初めての中国地方、広島県へ上陸。
  → 広島視察研修(2)
次に向かうは世羅町の「大字小国113番地」!
我が町と同名で、町を横断するR113にも絡む。
(たまたま偶然・・・それがどーした (^0^;) )

813.JPG

現在の3町合併前の旧世羅西町らしい。


さて神石高原町から移動時の車窓は、
とにかく畑、田んぼの柵の多さに驚く。
あの低さなればイノシシ対策か。
我が町でも獣害はあるが規模が異なる印象だ。

40.JPG

41.JPG

やがて次の視察地の中電工ワールドファームへ。

44.JPG

鉄腐植土を活用した園芸作物、
アスパラ栽培の様子を。

45.JPG

75.JPG

親指ほどの太さの力強い生育に感心だ。
固そうな歯ごたえを想像していたら、
なんと!柔らかく、甘い (゚o゚;

76.JPG

路地栽培も驚きだ。

46.JPG

47.JPG

ジャングルのような力強い生命力を感じる。
その秘密が鉄腐植土とのこと。

48.JPG

さらに各種野菜が紹介され、
試食してみると、同じく柔らかく、甘い。

50.JPG

そもそも野菜とは、
このようなものだ!
と強く訴えている。
強烈な耕蓄連携の印象の、
鉄腐植技術に驚きと感心を隠せない。
う~む、う~む、う~む (-_-)

51.JPG

さて弾丸日程なので帰路へつき、
まずは福山駅を目指す。
民家の茶色い瓦屋根がやたらと目に付くが、
何か理由があるのだろうか?
初めての西日本、何かにつけて、
アンテナ感度はビンビン d( ̄∇ ̄)

53.JPG

やがて世羅町中心部だが、
実は今回の中で最も気になっていた所で、
高校駅伝の強豪校 世羅高校の町!



いつか訪問できたら、と事前学習は万全。
  → 『駅伝日本一、世羅高校に学ぶ・・・』
我が町のような山間部の公立校は、
地域と共に学ぶ点が多いに違いない。
  → 広島県世羅郡世羅町「町全体が農業公園」

当日はバイパス通過だが、少し寄り道して、
世羅高校前を通って欲しかったかも。
このメンツで、たぶん誰も興味が無いなれば、
とても言い出せなかった・・・(゚´Д`゚);;;
(「ここ世羅高校だぞ、世羅高校 ヽ(゚Д゚)ノ」
 魂の叫び、いずくんぞ・・・合掌 <(_ _)> )

811.JPG

私だけここで離脱して、
宿泊すれば良かったかも・・・(-_-)
そして遠征時には燃える早朝ランニングで、
部員にも岩本監督にも逢えたかも・・・(-_-)


私も早朝ランニングした~い ヽ(゚Д゚)ノ
と、軽く妄想興奮と脱力感の中、
次は府中市を通過して福山市へ向かうとのこと。

55.JPG

・・・ん?なにぃ!府中市? (゚-゚)!
そしてなぜか府中市役所で厠を拝借。

58.JPG

府中市と云えば、片岡投手(元広島カープ)を擁して、
甲子園へ出場した府中東高校
それを率いたは「山陰のピカソ」こと、
島根県の開星高校で有名な野々村監督
氏が20代教師初赴任が当地であったのだ。
ほとんどゼロから、悪ガキどもを締めて、
有言実行6年目で甲子園出場を果たした。


ん~、オレ的浪漫の舞台を、
予定外に訪問できて感謝感激だ。
そ~ですか、ここですか~ヾ(^v^)k

812.JPG


興奮冷めやらぬ帰郷後に、彼らの本を、
書棚から引っ張り出して再度愉しんだわさ。
(野々村監督には肖像画を注文しようかな~)

74.JPG

そんな脱線気分を満喫し福山駅へ戻る。

60.JPG

駅構内で広島名物もみじ饅頭と、
売り子の可愛いオネーさんに惹かれて、
なぜか岡山名物きび団子もお土産だ。

61.JPG

またまた怪しいツアコンのミスプリントで、
違う指定席切符を買う羽目になったが、
まずは自由席で問題は無し・・・頼むぜ(-_-)オイオイ

62.JPG

新大阪行きは九州新幹線さくら号。
一瞬焦ったが自由席は空いていて助かった。

63.JPG

攻城時間が無く残念、
福山城よ、さらば!また通るかも。

64.JPG

車窓の田んぼはまさに田植え真っ盛り。
1ヶ月も違うと新鮮な光景だ。

65.JPG

やがて新大阪へ到着し、
シャトルバスで大阪国際空港へ。
地震の影響はほとんど感じない。

67.JPG

帰路は大きな機体でゆったり安心かも。
小さい機体は乱気流ではことさらに、
ガタガタと揺れてオッさんは内心ビビっているので。

68.JPG

この大阪国際空港は、
夜景写真等でも有名なんだよね。

69.JPG


いざフライト、さらば大阪!
「うおぉぉ、何という大迫力 (゚o゚; 」
噂通りの夜景に超感動だ ヾ(^v^)k


早いものだ、1時間もせずに新潟市とは。
6時間前は世羅高校!と騒いでいたことが、
まさに夢のような・・・まぼろし~♪(^_-)☆

71.JPG

ここで解散、皆さまお疲れさまでした。

72.JPG

で、この視察の成果と云うか、
本題の件の具体的なプラン、アクションは?
まずはみんなでラーメンすすって考えよう!

73.JPG

・・・ではイカんでしょう?
一寸の光陰矢の如し
人生は短いぞ、早くやらんと。
(↑よい子は騙されてはいけませんよ)

相変わらずの公私混同視察。
大義はよそにマイワールドは灼熱。
それが私。
今回もリフレッシュ万歳。
次は何処へ遊びに行こうかな~(^o^)  (終幕)



やくざ監督と呼ばれて ~山陰のピカソ・野々村直通一代記

やくざ監督と呼ばれて ~山陰のピカソ・野々村直通一代記

  • 作者: 野々村 直通
  • 出版社/メーカー: 白夜書房
  • 発売日: 2012/04/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



強育論 -悩める大人たちに告ぐ!「いじめの芽を摘む」特効薬

強育論 -悩める大人たちに告ぐ!「いじめの芽を摘む」特効薬

  • 作者: 野々村 直通
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/03/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



駅伝日本一、世羅高校に学ぶ 「脱管理」のチームづくり (光文社新書)

駅伝日本一、世羅高校に学ぶ 「脱管理」のチームづくり (光文社新書)

  • 作者: 岩本 真弥
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/12/15
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0) 

広島視察研修(2) [2018視察・研修]

[ BGM:Casiopea - Wonder Quest

前日自分の足で確認した混乱の大阪市内。
  → 広島視察研修(1)大阪初見参
本日は電車、新幹線も通常運行とのこと。

11.JPG

こんな時は食えるときに食えの鉄則で、
朝から豪華に満腹 (^0^;)ポンポン

12.JPG

7時過ぎに新幹線で広島県福山市へ向かうが、
お初の沿線車窓も愉しみだ。


7時12分発を直前の7時0分に買う。
ツアコンは放任主義らしく、
ボケッとしてりゃぁ置いてぞ、と冷たい。
危ねー(~_~;)

13.JPG

14.JPG

尼崎、芦屋、神戸、明石・・・聞いたことあるネ。

16.JPG

やがて最も気になるは姫路の国宝 姫路城
サラリーマン時代の知合いが姫路出身で、
駅前からドドーン!と見える姫路城は、
大迫力ですよ~♪ と誇っていた。

412.JPG

むむ、車窓を凝視 (`へ´)
おお、見える見える (^^)
ああ、ここで途中下車したい (;´Д`)

17.JPG

また岡山駅に停車すれば、
後楽園は、烏城=岡山城はあっち方面か?
関西は?岡山理大附は?岡山城東は?
高校野球の名門校はどこだ!?
・・・と私は忙しい ヘ(・.ヘ)(ノ.・)ノ

413.JPG

やがて新大阪駅から1時間程度で福山駅へ到着だ。
駅隣接の城はファンには理想的だ ヾ(^v^)k
ついにやって来たぜ広島県!

18.JPG

さてここから視察地の内陸へ向かうは、
神石高原町と世羅町だ。


2台のレンタカーで険しい山間部へ。

19.JPG

立ち寄る道の駅もまた視察対象かも。
ご当地物産はもとより施設そのものとか。
やはり誰かが買食いしている (^^)

20.JPG

内陸=中国山地は、
我が町の山間部と変わらない景色だ。

21.JPG

やがて最初の視察地の、
神石エコファームへ到着だ。

22.JPG

ここでは養豚、堆肥、食品リサイクルで、
臭気防止対策、飼育等の様子を。

23.JPG

24.JPG

畜舎の臭気は問題無し。う~む。

25.JPG

26.JPG

また驚くは活き活きした豚の様子だ。
ドドドドド!ブヒブヒ、ブヒーッ!
快適な環境以外にも餌も秘密があるらしい。

27.JPG

その肉は驚きの良質。

28.JPG

肉本来の旨味が判りやすい、
しゃぶしゃぶで試食させていただく。

29.JPG

嫌み、えぐみが無く、
さっぱりとした脂、上質な味わいだ。
くぐらしたお湯にもアクや脂が少なく、
それ自体も美味しく、また驚く(゚o゚;

31.JPG

「神石高原ポーク」と高品質ブランドだ。
う~む、様々に感心だ。
・・・と簡単に言い切る v(*^▽^*)v

33.JPG

さて次の視察地へ移動だが・・・

34.JPG

その「神石高原ポーク」メニューの、
地元の店で昼食とする。

35.JPG

お薦めの豚キムチ定食を。
(なぜそれだけ税込み表示でないのか?
 などと細かいことに気付いてしまう私)

36.JPG

濃い味付けにしてしまうと、
素材本来の質が判らなくなるのでは?
「普通の豚」、キムチ有り無し、
と食べ比べをしてみたいかも (^_-)

37.JPG

ま、それはどうでもイイことだが、
それにしてもお腹いっぱいだ。
視察や旅行の遠征は、
ついデブる公式が今日も・・・(;´Д`)

さて次の視察地は、
実は今回最も食指が動いていた世羅町。
そう、あの「世羅町」・・・(^_-)☆   (つづく


nice!(0)  コメント(0) 

広島視察研修(1)大阪初見参 [2018視察・研修]

広島県へ視察のために大阪前泊としていて、
その出発の数時間前に大阪で地震が起こった。
航空機は運航しており、宿泊先にも連絡が取れ、
まずは行き、様子を見る、といざ出発。

51.JPG

新潟空港を発ち、大阪国際空港へ。


近畿地方の水田地帯が眼下に広がると、
さらに高度を下げて大阪市内ど真ん中を。
窓からは、「おお、迫力の大阪城が!」

52.JPG

(どなたかの)映像はこちら

初見参の大阪、というか、
実は京都・奈良から西=近畿西部、
中国、四国地方へ行ったことがない。
ゆえに愉しみにしていたのだが、
空港のシャトルバス乗り場は大混雑。
先が思いやれらる・・・(;´Д`)

53.JPG

空港から宿泊の新大阪駅までは、
通常30分程度らしいが、約1時間と。
電車が全停止なので車道は大混雑。

54.JPG

ノロノロと渋滞の車窓からは気になる光景が。
ビルに囲まれた一角に5a程度の数枚の、
田植え後の田んぼが見えるのだ (゚o゚;
(次図はこんなイメージと)

93.JPG

大都市のど真ん中でいったい誰が・・・。
訳が分からないと驚いていると、
やがて新大阪駅へ到着だ。

55.JPG

上空では轟音を撒き散らして飛行機が。

56.JPG

2時間前の我らと同じルートか。

57.JPG

電車全停止なので市内移動へのタクシー、
バス乗り場の、長蛇の列にゲンナリだ (-_-);;;

58.JPG

新幹線は新大阪から上りは運行らしいが、
下りは岡山まで運転見合わせとのこと。
明日はどうなることか・・・。

59.JPG

駅3階からホテルフロントは12階だが、
停電でエレベーター停止中!
仕方無く登山の如く階段を延々と・・・(×_×)

62.JPG

地震の爪痕があちこちに。

63.JPG

大汗 (~_~;)

64.JPG

と、フロントに到着した直後に、
通電しエレベーターが動いた!
世の中こんなもんだ・・・(゚´Д`゚);;;

66.JPG

67.JPG

ガラス張りのシャワールーム。
オッさん、ひとり恥ずかしい ♪(*^_^*)

68.JPG

さて夕食まで1時間半以上の暇な時間が。
初見参なので名所へでも出撃したいが、
地理感も疎く、電車も止まっていては、
移動範囲は極端に限られる。
とりあえず大阪城って、どうよ?

70.JPG

8km先で徒歩90分強とのことだが、
走れば半分だろうが、帰って来られない。
やっぱ無理か・・・~( ̄∇ ̄)~

71.JPG

では行けそうな所まで散策開始。
停電の影響は小さいようで、
各種店舗は普通に開店しており、
さほど混乱は感じなくトボトボと歩く。

72.JPG

大河の向こうに行ってみたい=
=淀川を越えて少しは大阪中心地へ。
その新淀川大橋の歩道へ入るが、
多くの人が行き交い軽い渋滞だ。

73.JPG


上空では数台のヘリコプターが頻りに行き来だ。
非常時監視や報道関係であろう。

74.JPG

東側には生駒の山々が。
大坂の陣で多くの徳川勢が進撃してきた方面で、
雲霞の如く現れ、激しい戦いが繰り広げられた。
ああ、真田幸村の足跡を辿りたい ヽ(゚Д゚)ノ

75.JPG

中心部=大阪駅方面から、
新大阪駅へ行き交う人が多いようだ。

76.JPG

反対側の上り口では大渋滞 (>_<)
ま、私のような輩が、
渋滞に一役買っているのだが。

77.JPG

同じ所の引き返しのつまらない私は、
東海道本線を抜けて他の橋を通ることにする。

79.JPG

散歩者が多い、のどかな淀川沿いを。

80.JPG

81.JPG

82.JPG

84.JPG

低空を飛来する飛行機が珍しく、
いちいち反応だ、あー疲れる (^^)

85.JPG

86.JPG

その長柄橋は驚くほどに空いている。
改めて生駒山等の周囲を、
キョロキョロ眺めつつ新大阪駅へ向かう。

87.JPG

実は時間が怪しくなっていたので、
軽く小走りで大汗だったりして (^0^;);;;

88.JPG

初見参の大阪を、
軽くウォーキング&ジョグで約6km。
次こそは「これぞ大阪」地域へ出撃したい。

90.JPG

急いでシャワーを浴び、
懇親会へGO!( ^_^)/□☆□\(^_^ )

91.JPG

トイレへ行っている間に、
皆とはぐれてしまった。
停電続きなればホテルで大人しく、
静かに大阪の夜はふける。

92.JPG

明日は通電し広島へ迎えるのか。
もちろん沿線もお初なので車窓も愉しみだ。
ん?何しに行くんだっけ・・・ムニュムニュ(-_-)゚zzz…(つづく


nice!(0)  コメント(0) 

パトロール部隊編成! [2018近況]

ようやくのある日・・・おっ!

92.JPG

その時から対策として考えていたネコ部隊。
知り合いに分けて頂き、我が屋の牛舎へ参上。

91.JPG

子どもも3匹ほど。
早く戦力になってくれ。

93.JPG

本格的なパトロール部隊編成までは、
お前がガンバっておくれ (^^)/

94.JPG

相変わらずネズミ被害は続き、
昨日も噴霧ホースから噴水させていやがった (--#)

ホント、追いかけっこで疲れる(×_×)


nice!(0)  コメント(4) 

草刈り人足ラッシュ! [2018仕事・作業]

51.JPG

若山地区の早朝草刈り人足は5時集合!
ゆえに4時過ぎに起床し30分過ぎに出ないと、
7km先の現地集合に間に合わない。

52.JPG

いつもの場所をやっつける。

53.JPG

54.JPG

寝ぼけ眼でふらふら~♪
朝露で濡れた足場=斜面は危険だ。

55.JPG

56.JPG

同じ時間にはモゾモゾとワラビ採りの婆さんたちが。

58.JPG

59.JPG

倒木箇所は冒険気分に。

60.JPG

水路をジャバジャバと前進。
けっこうな水圧もまた愉しいかも。

61.JPG

62.JPG

また続いて倒木が。
ジャングルクルーズで遊び気分 (^^)

63.JPG

約1時間強で終了し、
その日は4号の中体連の応援に出動したわけだ。

64.JPG

また、とある遠征帰りの翌朝も人足だが、
すっかり忘れていて呼び出しをくらう。
スイマセン・・・<(_ _)>

81.JPG

82.JPG

疲れ案配の体に、
雨の作業は効く~(゚´Д`゚);;;

83.JPG

そして人足は続く。

84.JPG

ここは例年、雨の作業の印象が強いが、
その日はカンカン照りで暑い。

85.JPG

例年比で雨量が少なく、
草の生長は遅いはずだが、
作業難は変わらないかも (>_<)

86.JPG

87.JPG

誰も使用しない謎の公園は、
作業確認の役人のためにの不毛なことかも。

88.JPG

同じく草刈りネタ。
聖地の米坂線の法面はJR管理だが、
ここはJRではなく、隣接の農家さんの、
完全な好意で綺麗に刈り払われている。
ゆえにこの景色を目に出来るは、あと何年か?

96.JPG

田畑に雨が欲しいところだが、
同時に余計な草も生長するのでなかなか・・・(×_×)


nice!(0)  コメント(0) 

牛舎春秋2018(1)生物活性水プラントのライン追加 [2018べご=和牛]

さて牛舎での生物活性水の噴霧。
  → 牛舎春秋2017(1)生物活性水プラント試運転
  → 自動噴霧再開だが・・・

21.JPG

噴霧ラインは外壁に沿って配管した。

50.JPG

しかし窓とカーテンを開ける時期には、
風通しによっては噴霧が外へ逃げることも多く、
効果が半減することが問題だ。

22.JPG

そこで舎内中央部でも噴霧することにした。

23.JPG

牛に直接噴霧するような位置にラインを追加する。
従来をアウトラインとし、新たにインラインとしよう。

51.JPG

まずは噴霧ノズルを上部へ取り付ける。

26.JPG

27.JPG

馬瀬の上で、おっとっと (^0^;)
歳でフラフラが情けない (゚´Д`゚);;;

54.JPG

取付け位置は、ほぼ目の前なので、
老眼でピントが合わない (×_×)
ネジの打ち込みにイライラだ。

29.JPG

ドヤドヤ、ガタゴトとゴメンね。

30.JPG

馬瀬上部はネズミの食い千切り跡が酷い。
あの日の大事な梵天が (--#)

31.JPG

34.JPG

最近よく食い千切られるビニールチューブは、
綺麗に這わせず、わざと宙ぶらりんに配管だ。

35.JPG

36.JPG

A、B棟の設置配管で、のべ10時間か。
ノズルは約40個、結ぶビニールチューブもほぼ同じ数。
夜の9時頃まで頑張る足下では、
チューチュー♪と夜行性で走り回っている (--#)

37.JPG

そしていよいよ分列部へ。

39.JPG

あるモノでバルブはこんな感じに。

40.JPG

A、B棟の各々アウト、インラインに。

41.JPG

そしてドキドキの試運転は、
ショワ~♪と吹き出す活性水に感動 ヾ(^v^)k

42.JPG

わざと宙ぶらりん配管ゆえに、
配管長による圧損が懸念されたが、
特に問題はないようだ v(^^)v

43.JPG

風通しの影響を受けるが、
逆にそのランダムさが良いかもしれない。
ただ馬瀬上部が結構濡れるので防腐塗装しよう。

  【A棟の動画】

  【B棟の動画】

さらに効果が上がることを期待だ。
ノズルが詰まらなければよいが・・・(~_~;)

45.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』 [本(思想・啓蒙)]

前書の続編は、
では具体的に身近な生活への影響は?と。

P6110002.JPG

う~む。う~む。う~む。
私は2、30年でお陀仏だが、
働き盛りの子と孫の代は・・・(゚´Д`゚);;;

P6110003.JPG


未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書)

未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書)

  • 作者: 河合 雅司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/05/16
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0) 

夏のWCS作業2018(1) [2018べご=和牛作業]

最近は購入干し草で凌いでいるので、
自前粗飼料の確保も急務となっていた。
田植えは終了していないが、
その松岡地区ザル田で、
" すたらもっこら ” しているならば、
WCS確保もしてしまえ、と。

06.JPG

08.JPG

採草現地で父親が刈り、
私が積込み、運搬だ。

07.JPG

地元でフィルミングは2号。
獣医さんが来る等で牛舎へ行き来するので。

09.JPG

10.JPG

また別日は北部4、5km先の採草地で、
その時は私がくるくるポン♪ と。

11.JPG

最初の頭出し=1台目が来るまで、
私が東部2km先の松岡地区で代掻きだ。

12.JPG

たった20aずつの、
1/3から2/3しか水が回らない (--#)
ゆえに1時間程度で退散せざるを得ない。

13.JPG

そんなやり繰りは、
IntelAMDのCPU並みの、
マルチスレッド=同時並行作業だ d(^^)

14.JPG

15.JPG

仕事は探せば幾らでもある。
なので敢えて探さないようにしよう。
嫌でも目の前に転がっているので (^_-)☆


nice!(1)  コメント(0) 
前の15件 | -