So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の15件 | -

親父殿との2大ネタ話 [2018近況]

 [ BGM:【オルゴール】GReeeeN ♪ 遥か

厳しい方だと伺っていた。
風貌も田中角栄に似ていた。
緊張せずにはいられない。


その日、青年がとある家へ行くと、
その方は庭先で下着姿で水撒きをしていた。
「こんにちは、お邪魔します」
「はい、・・・」
素っ気なく、目を合わせず、
軽く会釈を返すのみ。
のっけからこれだ。
緊張感がさらに募り、胃が痛い。

通された居間で正座して待つ。
何事も未熟な青年には、
暑さも忘れ、目の前は真っ暗闇、
かつ無音で、非常に長い時間だ。

しばらくして、
「いやいや、お待たせしました」
顔を上げると、何と背広姿だ。
「・・・!」
きちんと正装し登場は、
さらに精神へ追い打ちをかける。
やはりただ者ではない。

着座しても、
視線はうつむき加減で無言のまま。
この威圧感に押しつぶされそうだ。
やはり自分からか。
青年は意を決して勇気を振り絞る。

「本日、急にお伺いしましたのは・・・」
自分から押しかける訪問理由を述べる。
(ま、当たり前のことだが )

「ん、で?」
「・・・なので、・・・です」
「うん、で?」
「・・・なので、・・・と思います」
「ん、で?」

自分は何も言わず、
頷きつつ、「で、で」と先を促すのみ。
この繰り返しで延々と喋らされる。
青年は汗が噴き出し、喉が渇く。
「ん、で?」
言葉使いはどうか、
意図は伝わっているのか、
さらに胃が痛い時間が続く。

「・・・ということで、
 ご返答は後日で構いませんので、
 よろしくご検討のほど、
 お願い申しあげます」
敬語、これで良かったんだっけ?
「ん・・・、うん・・・、ん・・・」
言いたいことは何とか伝わっていたようだ。
長い長い時間であった。

そして次は、
たぶん短かったのだろうが、
永遠に長く感じた無言の間・・・。

やがて口を開く。
「わかりました。
 後日とのことだが、今、返事します」
それは審判の瞬間。

「実は、さる親戚筋から、
 おたくは非常に良い青年だと伺っている。
 こちらこそ、よろしくお願いしたい」

面接試験一発合格。
その瞬間、その方と青年=私は、
義父と娘婿の関係となった。

それはそれで安堵した瞬間であったが、
(今では予定調和ながら、
 お互い演じきったと笑い話だが )
その時に勧められたお茶とケーキ。
後にも先にも " 味の無い ” ケーキは、
まったく、この時のみの貴重な体験だ。

91.JPG

そして縁の出来た、その後に、
" おたくは非常に良い青年・・・” について。

あの日は弟と2人で稲わら運搬をしていたが、
とある所で軽トラが故障したのか、
突然に動かなくなった。
そこで自動車屋さんへ連絡をすべきと判断し、
私が軽トラの状況確認を行うので、
弟が目の前の家で、
電話を借りて連絡することに。
(当時は携帯電話普及前だ)
その電話を借りる時の丁寧な姿勢に、
好印象を持ったその家が、
実は " さる親戚筋 ” であったのだ。

ゆえに " 良い青年 ” とは・・・、
” 弟 ” のことだったのだ!

そのことを話すと・・・。
「・・・・・・(目が点)、
 なにぃ~!騙された!?」
「何言ってるんですか、
 勝手に勘違いしておいて。
 もう時効ですよ!」
「・・・・・・(目が点)、
 そうか、そうだな、あっはっは!」
「ハハハハハ!」


以上、義父との2大ネタ話。
もう、30年近く前のことになろうか。

93.JPG

そんな義父は、
9/19(水)13時過ぎに、
93歳の長き生涯を閉じた。
最期は静かに眠るが如く・・・
・・・大往生とはこのようなことか。

責任感が強く実直、勤勉な性格で、
風貌も田中角栄似なれば、
近寄りがたい存在と思われたが、
私には優しく、温かく接してくれて、
可愛がっていただき、様々に教えを受けた。

親父殿、長きに渡る人生、お疲れさまでした。
親父殿、本当にありがとうございました。

後の事は、残されたお袋殿のことも、
精一杯の尽力をさせていただきます。
安心しておやすみ下さい。
悲嘆に暮れますが、
このような死生観で乗り切ります。

今はただただ、ご冥福を祈るのみ。


nice!(0)  コメント(0) 

私の死生観 [2018ひとりごと]

次のシーンは1987年発刊された、
山岡荘八 原作、横山光輝 漫画の、
コミックス『伊達政宗』の終盤にて。

81.JPG

82.JPG

83.JPG

84.JPG

85.JPG

1987年当時、私は21歳。
そんな若き頃は思うことが少なかったが、
歳を重ねるにつれ、別れの機会も多くなり、
考えることが多くなった死生観
その時にいつも思い出すのがこのシーンだ。

たかが漫画、されど漫画、侮れない。
なんか、また行きたくなったなぁ・・・(^_-)☆
→ 仙台真田氏と片倉小十郎の旅(3)オレの寺!傑山寺


伊達政宗 (文庫版) 【コミックセット】

伊達政宗 (文庫版) 【コミックセット】

  • 作者: 横山 光輝
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 

収穫GO!の愉しみ [2018ひとりごと]

毎日使う家電が突然壊れるとパニック!
この夏は居間エアコンと洗濯機であった。
やはり計画的に更新しておかないと。

そこで収穫の秋を愉しみましょう。
「稲」では無く、その後の買い物GO!

91.JPG

【とりあえずの予定】
① Wi-Fiルーター
② 炊飯器
③ コンプレッサー式除湿機
④ 掃除機

雑誌とカタログで作戦を練る時が愉しい。
様々なものが劇的に進化しているし、
便利そうな新製品も多く感心感心。
さてさて (-。-)y-゜゜゜


家電批評 2018年 10月号 [雑誌]

家電批評 2018年 10月号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: 晋遊舎
  • 発売日: 2018/09/03
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

秋のWCS2018(2) [2018べご=和牛作業]

61.JPG

晴天続きゆえに鬼のように猛進。
毎日1haをやっつける。

62.JPG

穂の出ない元気な「たちすずか」ヨシ。

63.JPG

早い夕暮れは秋の気配ぷんぷん。

64.JPG

65.JPG

手前がうるち米=一般的なコメで、
奥の青々しいのが「たちすずか」。

66.JPG

今年から作付けしたこの田んぼは、
入口=水口が低いので、
排水せず乾かずドロドロ・・・(--#)

67.JPG

田植え機が脱出出来なかった、
不便な真ん中出入り口・・・(--#)

そしてトラブルが発生しベーラー停止!
未だ半分のところで復帰には1~2週間?
毎度のことながらヤレヤレ・・・(×_×)

68.JPG

そんなちょっとしたイラつきは、
お香で精神安定を図る。

69.JPG

男臭香る着替え所にて d(^^)

70.JPG


nice!(1)  コメント(0) 

実家地区の稲荷神社の秋祭2018 [2018地域活動・行事]

あら、えっさっさぁ~♪ とな。

71.jpg

例年のこの時期、
実家地区の稲荷神社の秋祭りが開催された。

72.JPG

73.JPG

74.JPG

75.JPG

行ってらっしゃい (^^)/
米沢行き上り一番列車。

76.JPG

昨年に引き続き、
台風接近のために旗立ては見送り、
堂内清掃のみ=
=ほとんどダラダラして終了だ。

77.JPG

78.JPG

そして夕方の直会はいつもの公民館にて。
あら、えっさっさぁ~♪ とな。

79.jpg

実家地区の先輩方と語るは愉し、
こんなコミュニケーションが貴重な機会だ。
少しは勉強になることもあるが、
ほとんど下らない世間話に終始かも (^^)
そして今期館長のミッションは、
・・・政治家輩出!( ̄∇ ̄)~☆


nice!(0)  コメント(0) 

『がっちりマンデー!! 知られざる40社の儲けの秘密』 [本(思想・啓蒙)]

いまの世の中で、
儲かっている会社を紹介する、
TBSテレビの人気番組『がっちりマンデー!!』が、
過去約3年間に取り上げた企業の中から、
40社を厳選して紹介している。

取り上げられた会社は、
ちょっとしたアイデアから始めたビジネスで、
がっちり儲かっている会社ばかり。
しかも思いついたアイデアはごく普通のもの。
最先端の科学技術など出てこない。
大手企業の資本力とも無関係だ。
そんな本当にちょっとしたアイデアを、
ビジネスに発展させ、
成功している会社が登場!

P9050002.JPG

いつも模索してしまう・・・。
別に現在の仕事に拘らず、
それなりに生活できる収入を稼げれば、
それでイイと常に思っているので。
これも興奮させられた本ですた。

柔軟な視点、発想のためには、
日頃からの意識ですかね (^^)


がっちりマンデー!! 知られざる40社の儲けの秘密

がっちりマンデー!! 知られざる40社の儲けの秘密

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/05/12
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

つや姫・雪若丸刈取講習会2018 [2018視察・研修]

02.JPG

飯豊町の椿地区へ参上は、
いつもyumeoさん家を掠めて。


わかりにくい会場は田んぼのど真ん中。

03.JPG

農道を延々とトボトボと。

04.JPG

どーと云うことのない講習会なのだが、
参加することに意義がある?(;´Д`)

05.JPG

山形ハイエンド『つや姫』。

06.JPG

捻りタオルでコブシをまわし・・・演歌歌手か?

08.JPG

07.JPG

今年本格デビュー『雪若丸』。

09.JPG

あの干ばつが嘘のような雨の日が続き、
嫌な予感の漂う9月かな (~_~;)

10.JPG

燃える男の場違いな赤クルマ。

11.JPG

しかし多収地域らしい様子に、
やっぱり羨ましく思ってしまう。
さて帰路30分・・・現実に戻ろうか (^^)


nice!(0)  コメント(0) 

秋のWCS2018(1)たちすずか開始 [2018べご=和牛作業]

いよいよの稲刈りの前に、
稲WCSを進めておく。
穂の出ない専用品種「たちすずか」開始!

21.JPG

茎は太く硬いので、
例えば稲刈りコンバイン仕様では、
刃が直ぐ無くなりそうだ・・・。

22.JPG

さて会場はザル田揃いの松岡地区で。
ゆえに田んぼは固くスケジュールは早い。


台風の影響もあり倒れかけている。
早めに刈取りすべく親子3代で猛進。

16.JPG

ジジが刈り、

17.JPG

私が運んで、

18.JPG

積んで運搬。

19.JPG

地元でフィルミングは、
牛舎用事で行き来しつつの2号。

20.JPG

天気が良く、機械も調子が良く、
場所等の条件が整えば、
一日1haをやっつけやられる。

23.JPG

しかし予報は雨続き(×_×)
どこまでやれるか、
毎日空模様と睨めっこ :-)


nice!(0)  コメント(0) 

『イーロン・マスク 未来を創る男』 [本(思想・啓蒙)]

驚異的な頭脳と集中力、
激しすぎる情熱とパワーで
宇宙ロケットから電気自動車まで
「不可能」を次々と実現させてきた男―。

シリコンバレーがハリウッド化し、
単純なアプリや広告を垂れ流す、
仕組みを作った経営者ばかりが目立つ中、
リアルの世界で重厚長大な、
本物のイノベーションを巻き起こしてきた男―。

「人類の火星移住を実現させる」
という壮大な夢を抱き、
そのためにはどんなリスクにも果敢に挑み、
周囲の摩擦や軋轢などモノともしない男―。

イーロン・マスク
いま、世界がもっとも注目する経営者。


1 イーロン・マスクの世界 「次の」ジョブズはこの男
2 少年時代 祖国・南アフリカの甘くて苦い記憶
3 新大陸へ 壮大な冒険の始まり
4 初めての起業 成功の第一歩を踏み出すまで
5 ペイパル・マフィア 栄光と挫折とビッグマネー
6 宇宙を目指せ ロケット事業に乗り出すまで
7 100%の電気自動車 テスラモーターズという革命
8 苦悩の時代 生き残りをかけた闘い
9 軌道に乗せる 火星移住まで夢は終わらない
10 リベンジ 21世紀の自動車を世に出す
11 次なる野望 イーロン・マスクの「統一場理論」

P9050025.JPG

翻訳が読みやすくGood!
非常に興奮させられた伝記だ。

彼風に未来を描くと、
トラクターもコンバインも電気動力で、
もちろん自動運転・作業。
そして火星で、
稲作と牛飼いをしているかも。
ロケットに牛を積載して・・・d(^^)


イーロン・マスク 未来を創る男

イーロン・マスク 未来を創る男

  • 作者: アシュリー・バンス
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/09/16
  • メディア: ペーパーバック



nice!(0)  コメント(0) 

最後は、基本は、人力 (~_~;) [2018稲作作業]

干ばつ騒ぎの後は、
台風を心配する時期へ。
青が抜けず、
倒伏気配がアチコチにチラホラ・・・と。

61.JPG

コンクリート側溝の継ぎ目等から、
水漏れする田んぼはいよいよヤバい。
稲刈りまで乾くか、固まるか (>o<)

62.JPG

そこでヤバい田んぼは、
このように溝きりのように泥上げを。

63.JPG

スコップにて延々と・・・(@@;)
いくら機械、重機が身近になろうと、
所詮、最後は、基本は、やはり人力 (~_~;)

64.JPG

疲れた帰路の軽トラに、
タクシーのようにお客が・・・MJ!?

65.JPG

MJ・・・伝説のセビリア1999年。
何回観てもシビれるハイカメラアングル、
何回聴いてもシビれる実況中継 (^_-)☆


汗だく、息ぜぇぜぇの疲労困憊でも、
このような他愛の無いことを考えて、
今日も脳内バラ色で健康一番!v(^^)


nice!(0)  コメント(0) 

和牛市場2018・・・9月 [2018べご=和牛]

そんなヒヤッとした夜の、
日中9/4(火)は置賜和牛市場であった。

51.JPG

おさらい=市場場所は、
川西町と高畠町を結ぶ幹線道路沿いの、
最上川と鬼面川合流近辺の、
ちょっと注目な夏目橋と吉島橋の麓だ。


台風21号の上陸の迫る中でだ。

52.JPG

53.JPG

子牛は約200頭出品の中で、
取引の中弛みが不安な140番あたりの登場だ。

54.JPG

我が家は去勢5頭、よろしくお願いします。

55.JPG

56.JPG

まずは精神衛生にダメージを受けぬように、
事前に低い見積もりでの結果に、ホッと安堵だ。
購買者のみなさま、ありがとうございました。

57.JPG

終了13時過ぎには怪しい雲行きに。
やがて夕方からは強い風に見舞われる (×_×)

58.JPG

そんな強い風雨に、
ビニールハウス等も心配であったが、
翌朝は無事なことを確認して安堵だ。
また米坂線も始発から通常運転で助かる。

ありがたや~ありがたや~ (^^)/


nice!(0)  コメント(0) 

台風21号の夜・・・米坂線は [2018近況]

昨夜の米坂線はヤバかった。
台風21号が迫る夜に、
通常小国駅19時56分着で3号が帰宅するが、
(雨風で)10分くらい遅れていると連絡があり、
そのまま小国駅で駐車待機していた。
更に遅れたところで再び連絡が入る。

43.JPG

汽車が木にぶつかって止まった! と。
(゚o゚;!(゚o゚;!(゚o゚;!(゚o゚;!
場所は羽前松岡駅と小国駅の間で、
約4kmなれば通常はたった4、5分の区間だ。
雨と風は強く、不安は増すばかりだが、
ここは慌て動かず待つべしと判断だ。
居眠りをしていたら、
ガガガガン!との衝撃と音で、
直ぐさま目が覚めた、とのこと (@@;)


運転士さんが車外を点検している
またファミマ前で止まった
などと心配な続報が入る (~_~;)
が、やがて約40分遅れで小国駅へ到着だ。
運転士さん、お疲れさまでした。
子どもたちを無事に連れて来ていただき、
ありがとうございました <(_ _)>

47.JPG

特に米坂線の小国町区間は山岳渓谷絶景だが、
このような時は土砂災害の過去も多く、
非常に不安な気持ちになる。

48.JPG

何事も無い=普通運転の日々に感謝だ。
それは誰かの仕事の努力の上で成り立っている。
まったく、ありがたい <(_ _)>

44.JPG

こんな時はいつも、
JRの狭軌規格(1067mm)を恨めしく思う。
約1.5倍の標準軌規格(1435mm)だったら、
走行時の車体安定性も上だろうで、
脱線等の心配も少しは軽減できるだろうと。
明治に日本が輸入した失敗技術のひとつ。
はぁ~やれやれ、しゃーないな (-_-)


nice!(0)  コメント(0) 

またパクッ、と食われる(--#) [2018ひとりごと]

また農業新聞を買わされている。
(まだ判子を押していないのに (^_-))

71.JPG

先日の片山善博氏の講演でも語られていた。
鳥取県知事時代にJAは、
「農家にモノ売り」に躍起となっていた印象があり、
氏は違和感を覚えて、
「良い農産物を消費者へ届けることが第一義では?」
と意識改革を促し、やがて受け入られたとのこと。

・・・しかし、今もこんな調子であるも現実。
以前も提案したと思うが、
農業新聞は毎日ではなくて、
週2回発刊でよいのでは?
現状毎日配達される新聞の内容4/5は、
どうでもいい記事、紙面としか思えないので。

そこで一般新聞紙を凌駕する内容なれば、
メインに一本化しても良いかも。
またはスポーツ紙の後半の、
ギャンブルやお色気記事を、
農業情勢に置き換えてみては如何か?
それならガチに2本購入してもイイかな?(^^)

まずは、パクッ♪
と食われる原因は・・・ズバリ義理人情。
そんな旧態依然の組織維持に、
いつまで付き合っていられるんだか・・・(-。-)y-゜゜゜


nice!(0)  コメント(0) 

JA山形おきたま米 全量集荷販売推進大会2018 [イベント(農業)]

今年も動員拉致されて川西町のJA本店へ。

81.JPG

82.JPG

PP等で飽きないプレゼンテーションを頼み候。
睡魔を追い払うようなショー化を希望。

83.JPG

そんな中で愉しみを見つけるならば、
著名人による講演で、
今回はTVでお馴染みの片山善博氏。

84.JPG

こんな感じでしたかね。


「地方創生」とは、
人口減少に歯止めをかける
出生率を上げる
が目的なのに、
その施策は、なぜか「プレミアム商品券」!
誰でも判る、その "無成果” とは何ぞや?と。

それを策定する官僚は、
真面目な人間が多いが、
ピントがズレているのが問題だと。
特に現代の若者は高学歴でも、
鶏肉の "鳥” が判らない、
稲株が稲の収穫跡だと判らない等、
多くは都会(特に東京)育ちからか、
広い一般常識・生活感覚の未熟さが、
ピントがずれたおかしなものを、
作りだす原因のひとつとも。

政治家はあんな調子だし、
官僚もそんな調子なので、
やはり・・・お先真っ暗?(゚´Д`゚);;;

まずは、鳥取県知事として、
現場を経験した知見での話は、
最後まで愉しく拝聴できたかも。

85.jpg

地方創生と云えば、
実はこんな本を持っている。

88.JPG

問題のプレミアム商品券も記載 (>_<)

89.JPG

私は将来、町長にでもなるつもりで、
こんな本を買ったのかは不明だ・・・。


地方創生大全

地方創生大全

  • 作者: 木下 斉
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2016/10/07
  • メディア: 単行本


ところで講演者選びは、
どうしているのだろう?
講演依頼.comサイトとかで?
ここではMaxの120万円以上の講師で、
橋下徹、古田敦也、尾木直樹(尾木ママ)、
野村忠宏、桑田真澄、東国原英夫はイイが、
千原せいじとは・・・(^_^;) 人気あるんだ?



nice!(1)  コメント(0) 

稲刈り準備(1) [2018近況]

まずはコンバインの1年目点検で。

11.JPG

12.JPG

新人さんが天童までとのことだが、
どこかな~?と、
もの好きは調べるとR48沿いかな?
まずは無事に到着することを。


・・・早いなぁ、もう秋の気配。

13.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
前の15件 | -