So-net無料ブログ作成

消防デイズ血算・・・支部操法大会2014 [2014地域活動・行事]

支部操法大会の会場は長井市の西置賜行政組合消防本部だ。
小学生などの見学が多いようで、
私は発見!=サービスとしてこんな乗物を用意して愉しませるはイイね!

31.JPG

さて大会前日は、競技と同じ時間に会場で最後の練習を。
今回出場割り当て=正規の東原地区班からは1~3番員で、
応援の町原地区班からは指揮者=我班ハンチョウなので気合いMax夜露死苦(?)


初メンツの1~3番員が当日はベストパフォーマンスであることを期待して、
事前にやれるべきことは全てやる、の優しく厳しい我ら (--#)d

32.JPG

稲の追肥の時期なので、ここに付き合う余裕があるのか!?と内心焦る (@@;)
しかし田植えで総合演習を不参加なれば、こんなことで穴埋めするしかない、
と真面目の鑑な私 (ノД`);;;エライ,エラスギル


・・・そして血戦の朝を迎え、早朝6時にポンプ庫前へ集合して準備、
またブラジル×オランダ戦の経過を気にしていたりする ~( ̄∇ ̄)~

33.JPG

さて開会式では回り番で今年は小国町が選手宣誓で、
レンタルの指揮者=我班ハンチョウのSさんが大役を務めるが、
その同行の旗手は、これも人員不足からだが、なぜか私もレンタルでなってしまった。

Sさんとは実家地区で様々な公私ともに長い付き合いで、
消防活動でも約15年前の支部大会優勝メンツ同士でもある。
(小型ポンプの部では小国町で後にも先にも唯一のチームと自慢しておこう♪)
そんなことを懐古しつつ、今またアラフィフコンビで前へ出て、
気合いの宣誓のSさんの隣でボケ~っ(^ω^) と、
本部のお偉さん方の顔や仕草を眺めていたりする、やや緊張感に欠ける私。

何はともあれ、これも好い思い出かも。サンキューマンキュー (^_-)

34.JPG

そして緊張の競技が始まる。

35.JPG

「ケガをしないように十分に注意して!」と署員は常に口にしているが、
いざ目の前でそんな事態が出来しても、
その「対応」には疑問を呈す声 ヽ(゜Д゜)ノ が方々のテント内から挙がっていた。

36.JPG

37.JPG

競技が上手いチーム、選手は姿勢から違うんだよなぁ~(>o<)

38.JPG

ところで当日も前日も、高校の同級生で今は飯豊町に住む、
トニーTくんに久しぶり会い、お互いの元気な姿を確認できたはヨシだ。
(変わらぬ体形も良しだが、髪は染めてやがるな (^▽^) )

39.JPG

さて競技は粛々と進み、出番を待つパドックで鼻息荒し・・・バフバフ♪

40.JPG

いよいよ我がチームの競技開始。
先ほどから降り出した雨が徐々に強くなる。
約15年前の優勝時も雨の中であったので、こんな悪環境も天の啓示なるか。
およそ1ヶ月半近くの汗と涙と怒り(?)の集大成を魅せるのだ!

41.JPG

私は渾身の闘いをビデオ撮影ロックオン!
・・・たぶん、こんな感じだったですなぁ~(^_-)☆


選手の皆さま、お疲れさまでした <(_ _)>
出場するからには優勝を目指そう!の取組であったが結果は惜しくも残念 (ノД`)
しかし共に過ごした地域の仲間とのコミュニケーションの時間が、
何にも代えがたい貴重なものであったことは言うまでもない。

(競技ビデオはここで公開出来ないほど、みっともないパフォーマンスでは無かったが、
 [心を入れ替えた]プライバシーポリシーで密封です (^_-)☆ )

42.JPG

さてそんな感極まる中、自分の番が終われば、そそくさと車内へ閉じこもり、
他の応援や手伝いもせずに、高校生のようにスマホいじりに夢中な後輩の姿を発見!
まったくダメなヤツだ (--#)
(それもこれも先輩の私の責任かのぅ~(ノД`);;;)

43.JPG

そんなことで正午過ぎには閉会となり長井市を後にする。
この1ヶ月半の練習と緊張からの解放からか、みんな一気にお疲れモード。


そして地元公民館にて、ついにとうとう、これこそラスト呑みの慰労会を開催だ。
町原、東原班の合同チーム・・・まずはみんなお疲れさま乾杯!( ^_^)/□☆□\(^_^ )

44.JPG

やっと終わったね。
こんなに練習、関わったのはキャリア初。
何だかんだ云っても愉しかったね。
連夜の練習後のポンプ庫内での呑み会もさ。

それらの全て、やがてセピアな思い出となることであろう・・・敬礼!(^^ゞ
これぞ田舎の地域活動万歳 \(^^)/


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント