So-net無料ブログ作成

Facebook 農友会 2015 梅花皮荘満喫 [イベント(一般)]

雲ヨシ 風ヨシ 雪山ヨシ viva絶景 飯豊連峰

49.JPG

昨秋から延び延びの恒例会=第4回は小国町会場で、
飯豊温泉 飯豊 梅花皮荘(かいらぎそう)で開催!
(まだ国民宿舎だったんだ (゜o゜; )

50.JPG

前回プレイバック
  → 第3回 Facebook 農友会 2013 晩秋 ~希望の朝

さて我が家近くのコンビニで、
yumeoさんと九十九匠会長と待ち合わせし、約25km先へいざ出発。

R113から南部街道へ入り飯豊連峰の麓を目指して進むが、
折しもの好天も重なり今年は雪が少ない!?
しかし道路脇の杉の木への除雪痕は侮れない厳しさを表している。

51.JPG

約30分ほどで飯豊温泉梅花皮荘へ到着。

52.JPG

土曜日とはいえ、お客さんが多い盛況ぶりに少し驚く (゜o゜;
先日送迎途中で故障し停車を余儀なくされたらしいとの噂のバスが。
(その時はお客のオバちゃんたちがバス内で、
 早々に宴会を開始し待ち時間は難無き?を得たとか得ないとか・・・)

54.JPG


さて今回は期間限定超お得宿泊プランだ。

ゆったりぽかぽかプラン (1/6~3/13)
  1泊2食 6700円!(休日前も同料金)
  15時から翌日15時まで24時間滞在可能

相変わらずのチープなフロントが少し不安にさせるが・・・。

55.JPG

しかし館内は日中宴会の御年輩方が、
気持ち良さげに叫びつつ、足元はふらふら千鳥足♪で漂流し、
賑やかで愉しい雰囲気が漂っている。

そんなところに便乗し我々も再会を祝し乾杯だ ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

56.JPG

次は食事会場を横目に自慢の湯を浴びにyumeoさんと突撃。

57.JPG

飯豊連峰の絶景を臨むこの開放感が堪らない。
やや茶色に濁り、浴槽底部には湯ノ花も堆積する本物の温泉を、
熱くない湯温ゆえにゆっくりと湯船に浸かり、
じんわりと体に染み込んでくる効能を感じ味わいサイコー(^^)v

ちなみに絶景温泉大国 長野県に住むマダムが、
ここはイイ!と大絶賛してくれた温泉でもあるのだ (^^)v

  (photo by yumeo)
58.jpg

夕食は自慢のイワナのお造りと塩焼き (^^)d そしてなぜかイチゴ。

60.JPG

んで米沢牛のすき焼き (^^)d

61.JPG

そんな萌え萌え気分の記念撮影を、
係のオネーさんへお願いするが、
「あたしはダメ、ダメ、上手く撮れません」
「ああん? 大丈夫だよ~♪ オネーさん~♪ ほれほれ♪ 」
とパワハラまがいな強引さのyumeoさん。
(無理強いはイケないよ、と私は注意したのに)

62.JPG

でもオネーさん、しっかり写っていますよ! ありがとうでした<(_ _)>

63.JPG

さて絶品に舌鼓のあとは部屋へ戻り、さらにグダグダといつもの調子。

65.JPG

適当なところで私は再び温泉へ。

68.JPG

69.JPG

宿泊客も少ないゆえか、その時は私1人締めなので撮影しまくり!

70.JPG

71.JPG

真っ暗な外を強引に狙うが、しっかり写る愛機が頼もしい。

72.JPG

73.JPG

熱くも温くもない絶妙の温度で気持ち好く体の内側から温まる♪
「はぁ~ 極楽 極楽 ♪ 」

74.JPG

愛機は防水では無いので恐る恐ると遊んでおりまする (^_-)

75.JPG

ところで約20mの部屋廊下には、
明らかに多すぎるだろう「非常口」表示が珍百景のようだ。
(有事には、これで数秒は悩み、逃げ遅れるかも・・・)

77.JPG

さて部屋では相変わらずウダウダと (*^_^*)♪
もう “ yumeoさんの決意 ” 云々を我々は追求しない ~(-_-)~

78.JPG

入館して9時間以上呑んでいた?
オッさん午前さまで力尽きる (-_-)゜zzz…

79.JPG

さて気だるく目が覚めて朝風呂へ。

80.JPG

男女浴室が入れ替わっているが絶景に変わりなし。

  (photo by yumeo)
81.jpg

モノクローム景色を眺めほっこりと湯を愉しむ。

82.JPG

83.JPG

我ら以外誰も居ないので、やっぱり撮影三昧。
お互いの見たくないヌード写真も撮りまくり大騒ぎ!
修学旅行の中学生なみなオッさんたち アホだ。

84.JPG

朝から騒いだのでお腹も空くわさ (^_-)

85.JPG

この歳には嬉しい優しいメニューかも (^^)d

86.JPG

そして再び4回目の湯に浸かっていたりする=爺さんなみ!
まさに温泉三昧=梅花皮荘満喫万歳 (^^)/

87.JPG

まさかプランどおりに本当に15時まで粘るわけも無く、
各自所用があれば10時前に退散だ。

88.JPG

凜とした静謐な空気を吸いながら、
陽が差して美しい山々をじっくりと観賞し解散だ。

89.JPG

木々に雪が積もっていれば絵的に最高だろうが、
タイミングはなかなかね・・・しかし静かな秘湯風情を十分に堪能!

90.JPG

さらばyumeoさん またお目に掛かりましょうぞ (^^)/
九十九匠会長はまた翌日からの郵便配達で共闘しましょう!

91.JPG

お互いの近況報告を、地元再発見の地で行う・・・イイね!

92.JPG

次回はどこの地元秘境へ参ろうか、
この仲間ゆえのライフイベントは今後も愉しみだ (^^)


番外編 → E-M1でなけりゃダメなのさ? 


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント