So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

熱海旅行(2)まさかの東京へ [2017旅行]

日頃の4時起床に比べれば、
完全にだらだらと寝坊の6時半。
布団の中でウトウトしつつ、
昨日の回顧と今日の予定を考える・・・ムニャムニャ
→ 熱海旅行(1)行田から江ノ島へ

11.JPG

12.JPG

本日も平日だが、
早朝から堤防での釣り人多し。

13.JPG

海から徐々に明ける様子はいつも新鮮だ。

15.JPG

まずは朝風呂を愉しむとすっか。

16.JPG

熱海には様々な観光箱物があるが、
オッさんはあまり食指は動かない。
(若いときにはデートで愉しいかも)

17.JPG

さて展望の心地好い風呂の5階へ。

18.JPG

宿泊客自体が少ないので、
ほぼ貸し切りのようでゆっくりできる。

20.JPG

が、となりの露天風呂の若い声に耳がダンボに。

21.JPG

今日も希望の一日が始まる、って感じやヨシ。
朝から太陽が拝めることがありがたや~。

22.JPG

温泉街も輝いている。

23.JPG

さて夕食と同じレストランで朝食だ。

25.JPG

まだ昨夜からお腹がいっぱいだが、
旅行では食べねばならん、何杯も (`へ´)フンッ

26.JPG

27.JPG

西伊豆のどこか有名な塩のラーメン・・・
・・・実はただ単に盛り付け担当の、
可愛いオネーさんに惹かれて。
今日も朝ラー、ヨシ! (*^_^*)

28.JPG

さて部屋に戻りこれからの予定を相談だ。
3、4号曰く、もう箱根の山は飽きたし、
鎌倉も横須賀も興味無し、と (>_<)
では何処へ行きたいかと聞くと、
「浅草のドンキへ行きたい」
「上野のアニメショップへ行きたい」
・・・それは
・・・トーキョー
・・・とうきょう
・・・東京!?
え~、クルマで都内かよ!

そのようにウダウダしていると、
「お邪魔しま~す」と、
担当者数名がドヤドヤと来て、
手際よく布団を片付けていった。

して、すっきりした部屋で考える。
古都鎌倉、海防・近代化の横須賀にて、
子供たちにも知見や気づきの一助になろうかと思ったが、
実はそれは建前で、ただ単に親のエゴだ。
子供たちと何かそれらしい場所で
 思い出作りをして満足しているだけ ” と。

“ この歳頃 ” の彼らなれば、
家族旅行に付き合ってくれること自体で親は満足すれば良い。
なれば彼らの要望どおりでも良いではないか。

「じゃあ、東京行くか!」
「やったー、めっちゃテンション上がる~♪」
と歓喜し屈伸を始める4号。
「よ~し、ドンキ!」
「え~あたしは何処いったらいいの?」
ひとりだけ難民がいる。

30.JPG

さて決めたら上野までのルートを考える。
一般的には東名高速で首都高C1からだが、
同時に帰郷ルートも考慮してだ。
東名とC1は渋滞していそうだ。
そこで首都高湾岸側からのアクセスが、
現地での様々な状況での選択肢が多いので良いとも思う。
しかし湾岸線への、ここから横浜までが、
部分的に一般道を通るので時間を費やしそうだ。
土地勘は疎いのでなかなか悩みどころだ。

32.JPG

さらに都内C1から上野へのルートも調べる。
ポイントは江戸橋JCTだが、
今まではC1沿いに通過するだけだったので、
気にしなかったが、調べると上野へは、
C1外回りからは不可で、内回りからしか行けない。
(ついでに箱崎JCTからも不可のようだ)
神田橋か江戸橋から下りて一般道も有りだが、
道路土地勘は不安なので、
パニックに陥り、事故を起こしたりしたら大変だ。
クルマのナビに100%依存する気も無いし。
むしろ湾岸線側から向かい、途中の木場から下りる方が、
1号の住処で走ったことが多い地域なので安心かも。

とにかく、急遽まさかの都内行きは、
事前調査不足で自信が無い (-_-)

33.JPG

しかし潔く覚悟を決めて出発しよう。
この眺望よ、さらば (^^)/~

35.JPG

36.JPG

売店で買ってしまった健康グッズ。
掌ツボ用の木球と、風呂上がりに足ツボ板が、
非常に気持ち好く感じてしまったので、
何年も温泉巡りをしているが、ついに!と。

37.JPG

南国リッチ気分をありがとう (^^)/~

38.JPG

ところで以前TVで観たが、
ワイナイナはバスを終点まで追いかけられる説」の、
検証現場は熱海だったような気がする。
ま、どーでもいいが・・・(^_-)☆

 [ ではMusic:FRUIT SALAD SUNDAY

ここから上野まではざっくりと100km。
小田原厚木道路から東名高速道路の、
結局王道ルートで都内を目指す。
グーグー寝る連中に囲まれ、
ひとり緊張しつつの運転だ (--#)

ここからは誰かのYouTube動画で、
ドライブを愉しみましょう。

石橋ICから厚木IC (等速=約35分)


海老名SAから東京料金所 (6倍速)

2年前を思い出しつつ暴走。
やがて多摩川を越えると東京都で、
料金所前から渋滞が始まっている(×_×)
ちなみに、3号熱烈信者の、
駒澤大トラックが近くにあるのだが、
知れば「行こう行こう」とうるさいだろうで、
ここは幸い寝ているので黙っていよう。

39.JPG

大橋JCTから少しは渋滞が緩和されたが、
六本木ヒルズ森タワーが見え始め、
谷町JCTが近づくと再び渋滞だ (×_×)
残りわずか5、6kmが遠い。

40.JPG

ようやく内回りへ合流すればそれなりに進む。
やはり東京タワーはシンボルかも。
41.JPG

銀座の辺りでも軽く渋滞だが、
江戸橋JCTからは嘘のようにガラガラで、
気持ち好く進み、やっと上野へ到着だ。

42.JPG


東京料金所から上野IC(6倍速)
(上野は動画9分30秒辺りまで)
当日は汐留JCTを北上し、
銀座を通るルートだったが、
次の動画では新橋、有楽町を、
迂回するルートで再び合流している。
こちらは首都高名物 新橋の直角コーナー!
も有りでコレはコレでイイ d(^^)


迷子候補は合羽橋を物色したいとのことで、
なればその近くに駐車すべく彷徨う。

44.JPG


3号は合羽橋から直ぐの浅草ドンキへ。
4号は上野とのことで、
私も時間つぶしは上野、御徒町とする。
駐車場へ14時30分に集合の、
約2時間半を各自自由行動とする。
昼食も各自勝手にすべし。

43.JPG

45.JPG

さて4号と徒歩で上野へ向かう。
かつて1号とレンタサイクルで、
この辺を荒らしたとのことで、
土地勘は問題無いようで頼もしい。

46.JPG

「ちゃんと14時半に戻れよ、じゃあな!」
と4号と別れるが、
特に用事の無い私は何をしようか?

47.JPG

いつもの寺社仏閣巡りか、
山手線一周電車乗りとか思ったが、
時間が中途半端で気が乗らない。
まずはアメ横をプラプラと雑踏を味わう。

48.JPG

いつもの徳大寺にも参拝するか。


50.JPG

51.JPG

正式には日蓮宗妙宣山徳大寺なれば日蓮聖人だ。

52.JPG

崇拝される摩利支天(まりしてん)は、
厄を除き、運を開き、福を招く、
霊験あらたかな守護神だ。

54.JPG

我が家の開運勝利を守護神へ祈る <(_ _)>

56.JPG

その「勝守」を2号へのお土産に。
毎日休むことなく仕事をしていて、
今後も辛いこと、苦しいことに、
遭遇するだろうが、負けるな!と願う。

55.JPG

また堂内の浄行菩薩は、
水が垢や穢れを清めるがごとく、
煩悩の汚泥を洗い注ぐ水徳を持つ菩薩様だ。
自身の悪いところ、病気、怪我などで痛む箇所を、
菩薩のご尊体を磨くことにより、
身体の病いも、心の病いも洗い清める菩薩様だ。
そこで頭とお腹をゴシゴシと祈りつつ <(_ _)>

53.JPG

さらば深キョン!また来ま~す (^^)/

57.JPG

その後も特に用事もないので、
電車に乗ってみよう。

59.JPG

ひと駅先の秋葉原へで、
何となくヨドバシカメラで時間を潰す。

60.JPG

お得バーゲンのコンプレッションシャツ見っけ。
タイトル『大炎上知事編』にも惹かれて (^_-)

61.JPG

帰りは地下鉄・・・やはり電車乗り自体が愉しい模様。

62.JPG

さて集合時間に3、4号は遅れず到着したが、
やはり迷子候補はモタモタと・・・(--#)
結局想像どおりに出発は15時近くだ。

向島入り口から首都高へ上がり、
悪天候の磐越道を嫌い常磐道は却下し、
素直に東北道にて帰郷だ。

64.JPG

次はスカイツリーソラマチなどと騒いでいる。
浅草界隈の風情ある旅館宿泊も良いかもしれない。
 → 浅草ホテル旅館組合 公式ホームページ

66.JPG


向島ICから蓮田SA (等速=約35分)

佐野SAは徒歩で上りと下りエリアを往来できる。
ドックランがどうのこうのと・・・。

67.JPG

遅い昼食はあの日以来の佐野ラーメン。
今旅もラーメン三昧の締めとして、
特徴的な麺を愉しむ (^^)

ゆず香る とちぎゆめポーク 900円

68.JPG

小腹が満たされて睡魔と共に高速道は、
チンタラとイヤイヤな雪国へ。
福島盆地は雪融けしているが、
県境を越えれば、やはり吹雪く置賜盆地 (×_×)

70.JPG

ここで先日開通の東北中央道の動画紹介。

福島JCTから南陽高畠IC (2倍速(一部8倍速))

前日よりは幾分緩いが大雪に変わりなく、
危険な山道を最後まで緊張感を維持し帰郷だ。
今日は特に熱海から都内へのドライブを、
何だかんだ云っても愉しんだかも (^_-)
まずは首都高、都内で事故に遭わずに安堵。

71.JPG

出迎えのイルミネーション・ツリーやヨシ。
付き合ってくれた子供たちよ、ありがとう。
そして無事に送迎してくれてありがとう、愛車 <(_ _)>

72.jpg

ぐったりと疲れた旅行だが帰宅後も愉しみは続く。
フォロースルーが大事なのさ (^_-)☆


明日は方々へ饅頭を届けなくては!

75.jpg

江ノ島ロケのTV放送も愉しみだ。
 → テレビ朝日「帰れまサンデー」公式サイト

そしてブログにまとめること。   (終わり)


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント