So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

牛舎春秋2018(1)生物活性水プラントのライン追加 [2018べご=和牛]

さて牛舎での生物活性水の噴霧。
  → 牛舎春秋2017(1)生物活性水プラント試運転
  → 自動噴霧再開だが・・・

21.JPG

噴霧ラインは外壁に沿って配管した。

50.JPG

しかし窓とカーテンを開ける時期には、
風通しによっては噴霧が外へ逃げることも多く、
効果が半減することが問題だ。

22.JPG

そこで舎内中央部でも噴霧することにした。

23.JPG

牛に直接噴霧するような位置にラインを追加する。
従来をアウトラインとし、新たにインラインとしよう。

51.JPG

まずは噴霧ノズルを上部へ取り付ける。

26.JPG

27.JPG

馬瀬の上で、おっとっと (^0^;)
歳でフラフラが情けない (゚´Д`゚);;;

54.JPG

取付け位置は、ほぼ目の前なので、
老眼でピントが合わない (×_×)
ネジの打ち込みにイライラだ。

29.JPG

ドヤドヤ、ガタゴトとゴメンね。

30.JPG

馬瀬上部はネズミの食い千切り跡が酷い。
あの日の大事な梵天が (--#)

31.JPG

34.JPG

最近よく食い千切られるビニールチューブは、
綺麗に這わせず、わざと宙ぶらりんに配管だ。

35.JPG

36.JPG

A、B棟の設置配管で、のべ10時間か。
ノズルは約40個、結ぶビニールチューブもほぼ同じ数。
夜の9時頃まで頑張る足下では、
チューチュー♪と夜行性で走り回っている (--#)

37.JPG

そしていよいよ分列部へ。

39.JPG

あるモノでバルブはこんな感じに。

40.JPG

A、B棟の各々アウト、インラインに。

41.JPG

そしてドキドキの試運転は、
ショワ~♪と吹き出す活性水に感動 ヾ(^v^)k

42.JPG

わざと宙ぶらりん配管ゆえに、
配管長による圧損が懸念されたが、
特に問題はないようだ v(^^)v

43.JPG

風通しの影響を受けるが、
逆にそのランダムさが良いかもしれない。
ただ馬瀬上部が結構濡れるので防腐塗装しよう。

  【A棟の動画】

  【B棟の動画】

さらに効果が上がることを期待だ。
ノズルが詰まらなければよいが・・・(~_~;)

45.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント