So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

防災・危機管理意識・・・実践?  [2018近況]

大寒波が去っても降雪量は多く、
朝に夕に除雪作業に追われている。

41.JPG

そこに、まさに泣きっ面に蜂で、
昨日夕方から水道が出なくなった=
=炊事、風呂、洗濯、トイレが不可!
先日の記事投稿から早くも実践か。
(命に関わるほどでは無いが・・・)

しかし台所に井戸水も配管しており、
先日まで渇水で使用不可であったが、
久しぶりに捻ると勢いよく水が出る。

47.JPG

こんな非常時のために、
常に大型ペットボトルを準備しており、
適当に水も入れ替えて確保していた。
ゆえに炊事は可でトイレも使用可だ。

43.JPG

ただ風呂と洗濯は不可なので、
井戸水主体の、隣の実家へ頼る。
こんな雪の中なので、
少しの外出でも億劫だが、非常に助かる。

44.JPG

「水道水源地の渇水で給水制限をしている、
 ご迷惑をおかけします」
と防災ラジオから昨夜19時も今朝7時も、
全く同じ放送が流れている。
しかしこんな時には、もう少し詳細に、
活きた、役に立つ情報を、
定期時間のみでは無く、
臨機応変にお願いしたいところだ。


3.11の教訓で微なりとも、
落とし込んでいるつもりなので、
そんなに騒がないが、
果たして何日耐えれば良いのかな・・・。


nice!(2)  コメント(0) 

防災・危機管理意識 [本(思想・啓蒙)]

狭い国土に複雑な山河で地震大国なれば、
常に自然災害の危機に瀕している日本。
その関係職種の方々には有名な本らしいが、
これは全国民必読と思う。

『新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている』
(Amazon紹介より)
本書は、2005年に出版された書籍 『人は皆「自分だけは死なない」と思っている』の改訂新版です。
東日本大震災や御嶽山噴火など、日本を揺るがせた大震災についても新たに収録しています。
「関東大震災が来ると言われていても、本当に来るかはわからないから…」「自分だけは大丈夫、助かると思ってる」そんな方も多いと思います。
阪神淡路大震災、新潟県中越地震、スマトラ沖地震、東日本大震災など…甚大な被害をもたらす災害が頻発するのに、なぜ人は“防災”ができないのか…。
本書は、その心理を解明し、その上で何ができるのかを紹介していきます。

P1280010.JPG

防災とは視点は変わるが、
危機管理と云う意味では同じく興味深い本。
分厚いので、たまにチマチマと、
つまみ読みで未だ1/4だが。

『最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか』
(Amazon紹介より)
現代における最も危険な場所の一つが巨大システムの制御室である。原子力発電所、ジャンボ機、爆薬工場、化学プラント、核ミサイル基地…技術発展に伴い、システムはより大きく高エネルギーになり、人員はより少なくて済むよう設計されたが、事故が起これば被害は甚大になる。巨大システムが暴走を始めたとき、制御室で人びとは何をするのか、何ができるのか。最悪の事故を起こすシステムと、その手前で押さえ込むシステムとの違いは何か。50余りの事例を紹介しつつ、巨大事故のメカニズムと人的・組織的原因に迫る。

P1280011.JPG

自分の身は自分で守るは原則だが、
現実の生活は巨大システムに依存しているので、
一旦何かが止まればたちまち・・・怖い。


日々の生活は常にリスクと隣合わせ。
その「瞬間」に何が出来るのか、を。
例えば、この大雪が続いたらどうなるのか?
コタツで本書を読みつつ想定を、とな。


新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている

新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている

  • 作者: 山村 武彦
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2015/04/03
  • メディア: 単行本



最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか (草思社文庫)

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか (草思社文庫)

  • 作者: ジェームズ・R. チャイルズ
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2017/08/02
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 

泣きの大寒波 [2018近況]

史上最強寒波?
早朝4時からの除雪作業は、
ただでさえ暗闇で困難なのに、
吹雪でさらに視界が遮られて酷い。
しかもワイパーが凍りつき捗らない。

51.JPG

風が巻くので質が悪い。
普段は全く問題の無い所も雪だらけで、
かつ、凍りついている。

52.JPG

あと2日も続くのか・・・(゚´Д`゚);;;

54.jpg

53.JPG

もちろん郵便配達も凄く嫌だ・・・(-_-)



nice!(1)  コメント(1) 

雪国POSTMAN2018(2)新年会+α [2018仕事・作業]

たぶん、この曲が好きなんだと思う。

 [TOP GUN ANTHEM
  HAROLD FALTERMEYER & STEVE STEVENS

この1週間は雨続きで、
雪もすっかり融けて3月の春のようだ。

62.JPG

その1/20(土)は郵便局配達陣の新年会であった。

56.JPG

私の誕生日でもある、とアナウンスしたら、
改めてケーキの代替品が注文されて出てきた。
(これ、久しぶりに見たな~)

57.JPG

58.JPG

ケーキ入刀 ♪(^.^)

59.JPG

その後もウダウダぐだぐだ。
本社はどこに在るか知らず、
 社長の名前も言えない。
 それでは企業人失格なんじゃないの!?」
親方日の丸気質が抜けてない、反省すべし!」
・・・いつもの言いたい放題 <(^_-)>

55.JPG

パン!と一発、お疲れさまでした <(_ _)>

60.JPG

そして2次会は爆食い悔いですた (^_-)
(画像はイジーメ× イメージ○)

61.jpg

さて呑み会報告は、どーでもよくて本題。

実は今期の監督さんは、
名字は異なれど同じ名前(漢字)で珍しい。
過去も身近でそんな人に出会ったことが無いので。

「△&■$#さん、よろしくお願いします」
「△&■$#さん、こちらこそ!」
・・・お互い慣れないので変な感じだ。

「この名前は堅くて重いですよね (゚´Д`゚)」
「字を説明する時に恥ずかしいよね (>_<)」
・・・やはり同じ感想ですか!

親から貰った名前に心から感謝していない、
不義な息子たちの出会いでした (^_-)☆

64.JPG

この名前は歴史上の人物でも、
豊臣秀吉と共に出世した大名と、
江戸初期に権勢を振るった人の息子、
の2人しか私は知らない。
ちなみにFacebookで検索すると、
名字も同じ人が4人出てくるが実感は乏しい。
(そんなに珍しい名前・字とは思えないが・・・)

・・・で、同世代の監督さんが愛車内で、
ガンガン♪鳴らしているらしい、
お気に入りの曲が「トップガン」とのことで、
本日のMusicとしているわけだ d(^^)

ANTHEMとDanger Zoneのこっちかな?

ということで、単調な日々の、
郵便配達も愉しく過ごしている今日この頃。

「また今日もDMだけかよ!?(--#)」
・・・(^_-)ヘッヘッヘッ♪


nice!(1)  コメント(2) 

52歳に [2018近況]

昨日1/20は52歳の誕生日でした。
特にFacebookでは多くの方々より、
お祝いのメッセージをいただきありがとうございました。
ちなみに家族からは誰ひとり、
ひと言も無いが現実で・・・それもイイね!d(^^)

66.jpg

各位が添付してくれた画像もありがたく拝借。

67.jpg

68.jpg

改まって決意表明もないが、
平穏に過ぎる日々に感謝し、
小さな一歩を積み重ねたいと思う。

65.jpg

69.jpg

楽しいこと・・・
自分で探す、作る以上に、
感じられること=感性を磨き続ける・・・かな。
あと、苦しいこと、辛いことも、
楽しいと云えることが目標だ (^^)ホホホ

 [CALL ME - DENNIS DE YOUNG


nice!(1)  コメント(0) 

熱海旅行(2)まさかの東京へ [2017旅行]

日頃の4時起床に比べれば、
完全にだらだらと寝坊の6時半。
布団の中でウトウトしつつ、
昨日の回顧と今日の予定を考える・・・ムニャムニャ
→ 熱海旅行(1)行田から江ノ島へ

11.JPG

12.JPG

本日も平日だが、
早朝から堤防での釣り人多し。

13.JPG

海から徐々に明ける様子はいつも新鮮だ。

15.JPG

まずは朝風呂を愉しむとすっか。

16.JPG

熱海には様々な観光箱物があるが、
オッさんはあまり食指は動かない。
(若いときにはデートで愉しいかも)

17.JPG

さて展望の心地好い風呂の5階へ。

18.JPG

宿泊客自体が少ないので、
ほぼ貸し切りのようでゆっくりできる。

20.JPG

が、となりの露天風呂の若い声に耳がダンボに。

21.JPG

今日も希望の一日が始まる、って感じやヨシ。
朝から太陽が拝めることがありがたや~。

22.JPG

温泉街も輝いている。

23.JPG

さて夕食と同じレストランで朝食だ。

25.JPG

まだ昨夜からお腹がいっぱいだが、
旅行では食べねばならん、何杯も (`へ´)フンッ

26.JPG

27.JPG

西伊豆のどこか有名な塩のラーメン・・・
・・・実はただ単に盛り付け担当の、
可愛いオネーさんに惹かれて。
今日も朝ラー、ヨシ! (*^_^*)

28.JPG

さて部屋に戻りこれからの予定を相談だ。
3、4号曰く、もう箱根の山は飽きたし、
鎌倉も横須賀も興味無し、と (>_<)
では何処へ行きたいかと聞くと、
「浅草のドンキへ行きたい」
「上野のアニメショップへ行きたい」
・・・それは
・・・トーキョー
・・・とうきょう
・・・東京!?
え~、クルマで都内かよ!

そのようにウダウダしていると、
「お邪魔しま~す」と、
担当者数名がドヤドヤと来て、
手際よく布団を片付けていった。

して、すっきりした部屋で考える。
古都鎌倉、海防・近代化の横須賀にて、
子供たちにも知見や気づきの一助になろうかと思ったが、
実はそれは建前で、ただ単に親のエゴだ。
子供たちと何かそれらしい場所で
 思い出作りをして満足しているだけ ” と。

“ この歳頃 ” の彼らなれば、
家族旅行に付き合ってくれること自体で親は満足すれば良い。
なれば彼らの要望どおりでも良いではないか。

「じゃあ、東京行くか!」
「やったー、めっちゃテンション上がる~♪」
と歓喜し屈伸を始める4号。
「よ~し、ドンキ!」
「え~あたしは何処いったらいいの?」
ひとりだけ難民がいる。

30.JPG

さて決めたら上野までのルートを考える。
一般的には東名高速で首都高C1からだが、
同時に帰郷ルートも考慮してだ。
東名とC1は渋滞していそうだ。
そこで首都高湾岸側からのアクセスが、
現地での様々な状況での選択肢が多いので良いとも思う。
しかし湾岸線への、ここから横浜までが、
部分的に一般道を通るので時間を費やしそうだ。
土地勘は疎いのでなかなか悩みどころだ。

32.JPG

さらに都内C1から上野へのルートも調べる。
ポイントは江戸橋JCTだが、
今まではC1沿いに通過するだけだったので、
気にしなかったが、調べると上野へは、
C1外回りからは不可で、内回りからしか行けない。
(ついでに箱崎JCTからも不可のようだ)
神田橋か江戸橋から下りて一般道も有りだが、
道路土地勘は不安なので、
パニックに陥り、事故を起こしたりしたら大変だ。
クルマのナビに100%依存する気も無いし。
むしろ湾岸線側から向かい、途中の木場から下りる方が、
1号の住処で走ったことが多い地域なので安心かも。

とにかく、急遽まさかの都内行きは、
事前調査不足で自信が無い (-_-)

33.JPG

しかし潔く覚悟を決めて出発しよう。
この眺望よ、さらば (^^)/~

35.JPG

36.JPG

売店で買ってしまった健康グッズ。
掌ツボ用の木球と、風呂上がりに足ツボ板が、
非常に気持ち好く感じてしまったので、
何年も温泉巡りをしているが、ついに!と。

37.JPG

南国リッチ気分をありがとう (^^)/~

38.JPG

ところで以前TVで観たが、
ワイナイナはバスを終点まで追いかけられる説」の、
検証現場は熱海だったような気がする。
ま、どーでもいいが・・・(^_-)☆

 [ ではMusic:FRUIT SALAD SUNDAY

ここから上野まではざっくりと100km。
小田原厚木道路から東名高速道路の、
結局王道ルートで都内を目指す。
グーグー寝る連中に囲まれ、
ひとり緊張しつつの運転だ (--#)

ここからは誰かのYouTube動画で、
ドライブを愉しみましょう。

石橋ICから厚木IC (等速=約35分)


海老名SAから東京料金所 (6倍速)

2年前を思い出しつつ暴走。
やがて多摩川を越えると東京都で、
料金所前から渋滞が始まっている(×_×)
ちなみに、3号熱烈信者の、
駒澤大トラックが近くにあるのだが、
知れば「行こう行こう」とうるさいだろうで、
ここは幸い寝ているので黙っていよう。

39.JPG

大橋JCTから少しは渋滞が緩和されたが、
六本木ヒルズ森タワーが見え始め、
谷町JCTが近づくと再び渋滞だ (×_×)
残りわずか5、6kmが遠い。

40.JPG

ようやく内回りへ合流すればそれなりに進む。
やはり東京タワーはシンボルかも。
41.JPG

銀座の辺りでも軽く渋滞だが、
江戸橋JCTからは嘘のようにガラガラで、
気持ち好く進み、やっと上野へ到着だ。

42.JPG


東京料金所から上野IC(6倍速)
(上野は動画9分30秒辺りまで)
当日は汐留JCTを北上し、
銀座を通るルートだったが、
次の動画では新橋、有楽町を、
迂回するルートで再び合流している。
こちらは首都高名物 新橋の直角コーナー!
も有りでコレはコレでイイ d(^^)


迷子候補は合羽橋を物色したいとのことで、
なればその近くに駐車すべく彷徨う。

44.JPG


3号は合羽橋から直ぐの浅草ドンキへ。
4号は上野とのことで、
私も時間つぶしは上野、御徒町とする。
駐車場へ14時30分に集合の、
約2時間半を各自自由行動とする。
昼食も各自勝手にすべし。

43.JPG

45.JPG

さて4号と徒歩で上野へ向かう。
かつて1号とレンタサイクルで、
この辺を荒らしたとのことで、
土地勘は問題無いようで頼もしい。

46.JPG

「ちゃんと14時半に戻れよ、じゃあな!」
と4号と別れるが、
特に用事の無い私は何をしようか?

47.JPG

いつもの寺社仏閣巡りか、
山手線一周電車乗りとか思ったが、
時間が中途半端で気が乗らない。
まずはアメ横をプラプラと雑踏を味わう。

48.JPG

いつもの徳大寺にも参拝するか。


50.JPG

51.JPG

正式には日蓮宗妙宣山徳大寺なれば日蓮聖人だ。

52.JPG

崇拝される摩利支天(まりしてん)は、
厄を除き、運を開き、福を招く、
霊験あらたかな守護神だ。

54.JPG

我が家の開運勝利を守護神へ祈る <(_ _)>

56.JPG

その「勝守」を2号へのお土産に。
毎日休むことなく仕事をしていて、
今後も辛いこと、苦しいことに、
遭遇するだろうが、負けるな!と願う。

55.JPG

また堂内の浄行菩薩は、
水が垢や穢れを清めるがごとく、
煩悩の汚泥を洗い注ぐ水徳を持つ菩薩様だ。
自身の悪いところ、病気、怪我などで痛む箇所を、
菩薩のご尊体を磨くことにより、
身体の病いも、心の病いも洗い清める菩薩様だ。
そこで頭とお腹をゴシゴシと祈りつつ <(_ _)>

53.JPG

さらば深キョン!また来ま~す (^^)/

57.JPG

その後も特に用事もないので、
電車に乗ってみよう。

59.JPG

ひと駅先の秋葉原へで、
何となくヨドバシカメラで時間を潰す。

60.JPG

お得バーゲンのコンプレッションシャツ見っけ。
タイトル『大炎上知事編』にも惹かれて (^_-)

61.JPG

帰りは地下鉄・・・やはり電車乗り自体が愉しい模様。

62.JPG

さて集合時間に3、4号は遅れず到着したが、
やはり迷子候補はモタモタと・・・(--#)
結局想像どおりに出発は15時近くだ。

向島入り口から首都高へ上がり、
悪天候の磐越道を嫌い常磐道は却下し、
素直に東北道にて帰郷だ。

64.JPG

次はスカイツリーソラマチなどと騒いでいる。
浅草界隈の風情ある旅館宿泊も良いかもしれない。
 → 浅草ホテル旅館組合 公式ホームページ

66.JPG


向島ICから蓮田SA (等速=約35分)

佐野SAは徒歩で上りと下りエリアを往来できる。
ドックランがどうのこうのと・・・。

67.JPG

遅い昼食はあの日以来の佐野ラーメン。
今旅もラーメン三昧の締めとして、
特徴的な麺を愉しむ (^^)

ゆず香る とちぎゆめポーク 900円

68.JPG

小腹が満たされて睡魔と共に高速道は、
チンタラとイヤイヤな雪国へ。
福島盆地は雪融けしているが、
県境を越えれば、やはり吹雪く置賜盆地 (×_×)

70.JPG

ここで先日開通の東北中央道の動画紹介。

福島JCTから南陽高畠IC (2倍速(一部8倍速))

前日よりは幾分緩いが大雪に変わりなく、
危険な山道を最後まで緊張感を維持し帰郷だ。
今日は特に熱海から都内へのドライブを、
何だかんだ云っても愉しんだかも (^_-)
まずは首都高、都内で事故に遭わずに安堵。

71.JPG

出迎えのイルミネーション・ツリーやヨシ。
付き合ってくれた子供たちよ、ありがとう。
そして無事に送迎してくれてありがとう、愛車 <(_ _)>

72.jpg

ぐったりと疲れた旅行だが帰宅後も愉しみは続く。
フォロースルーが大事なのさ (^_-)☆


明日は方々へ饅頭を届けなくては!

75.jpg

江ノ島ロケのTV放送も愉しみだ。
 → テレビ朝日「帰れまサンデー」公式サイト

そしてブログにまとめること。   (終わり)


nice!(2)  コメント(0) 

いつもの大雪 [2018近況]

大雪なれば、早朝4時から約2時間、
牛舎、家、実家周りの除雪に追われて一日が始まる。

86.JPG

87.JPG

置賜地方でも小国町は昔から、
除雪作業が上手いとの評判は自慢ではある。

88.JPG

89.JPG

90.JPG

一瞬の日射しで幻想的に彩るかも。

91.JPG

92.JPG

これぞ「無音の音」・・・聞こえるかな。

93.JPG

真っ暗闇から始める除雪が終わる頃は、
運が良ければマジックアワーを味わえる。

94.JPG

95.JPG

96.JPG

97.JPG

太陽はありがたい。
1時間でも降り注げば道路の雪は消える。

98.JPG

当たり前の、いつもの大雪。
ど根性で前進あるのみ v(`へ´)フンッ


nice!(1)  コメント(0) 

熱海旅行(1)行田から江ノ島へ [2017旅行]

ここは静岡県熱海市。
VIVA!な夜景に乾杯 ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

04.JPG

昨年12月最終週の27(水)28(木)に、
毎年恒例の家族旅行で熱海温泉へ泊まった。
昨年は仙石原、一昨年は強羅と、
箱根駅伝テーマで泊まった、また近くに。
 → 箱根駅伝の旅(1)湾岸ドライブ満喫
 → 箱根駅伝の旅 again (1)

そして私的には、
9月に焼津泊まりのために東名高速道路を往復したし、
1ヶ月前には甲府・身延と出陣したばかりの近い地域だ。
 → 静岡研修旅行2017(1)
 → 甲斐南信濃紀行(1)信玄の本拠地を訪ねて

今回は海の見える宿とのリクエストで、
子供たちの熱海温泉一本釣り指定なのだ。
小田原から真鶴、湯河原と同じく有名温泉地を経由し、
日本を代表する大温泉地の熱海も良かろう (^^)

002.JPG

さて当日は北日本は大荒れで山形県脱出も一苦労。
暗い早朝の吹雪では視界不良で運転は倍疲れる。

05.JPG

開通したばかりの東北中央自動車道の、
長大9km弱の栗子トンネルでひと息という感じ。

06.JPG

雪が少ないはずの福島盆地も多い (×_×)
まずはいつもの安達太良SAで朝食休憩だ。

08.JPG

朝一発目のラーメンの温かさが染み渡る。

09.JPG

しかしこの雪は栃木県那須界隈までで、
高速道も除雪車出動で大渋滞となり時間を費やした。

10.JPG

宇都宮近くからは関東らしいピーカン照りで、
羽生PA=鬼平江戸処で再び休憩だ。
「また来たな~」感に包まれて (^_-)

11.JPG

12.JPG

さてここからはTVドラマ『陸王』のロケ地、
埼玉県行田市へ向かう。

 [ ではMusic:「陸王」メインテーマ

羽生ICを下りて行田市へだが、
なんと!ナビが起動しない (゚o゚;
エンジンを停止・再始動、
少し時間を置く等を繰り返すが起動しない。

14.JPG

これから本チャンなのに、
地理感の無い一般道では辛い (O_O)ガーン
仕方なく地図帳と睨めっこし頑張るか。
心地好いピーカン照りなので、
気持ちを前向きに切り替え、切り替え!

R125行田バイパスを暴走し、
左折し市街地へ向かうと、
ここもロケ現場の進修館高校が見える。
(ここからはドラマのロケ地特番、
 ぴったんこカン★カンの映像とともに)

95.jpg


さらに市内へ突撃し最初は、
こはぜ屋のイサミコーポレーションへ、
次に水上公園とその前で饅頭を買い、
忍城跡で締めるという計画だ。

004.JPG

駐車を兼ねた行田八幡神社で、
まずは旅の無事を祈念だ <(_ _)>

15.JPG

その裏手のイサミコーポレーションへ。
安住紳一郎アナも紹介していた会社だ。

16.jpg

17.jpg

おお、ここが!(^o^)

18.JPG

次はドラマで役所広司がジョギングし、
駅伝大会の舞台となった水上公園だ。

19.jpg

20.jpg

おお、ここが!(^o^)
目印の小さいアーチ橋で確信!

21.JPG

そしてコラボ饅頭を販売するだが、
個数限定なれば時間も時間なところに、
続々とクルマが出入りするので、
ふと、“ 売り切れ ” が脳裏をよぎる (@@;)

22.JPG

23.JPG

24.JPG

しかし問題なくコラボ饅頭Get!d(^^)b
旬なお土産として各位の喜ぶ姿が目に浮かぶ・・・
・・・その熱い饅頭顛末は以下リンクを参照あれ。
 → 踊る『陸王』饅頭 at 山形おぐに

25.JPG

次は忍城跡だが、
以前から攻略計画していた城だ。

27.JPG

それは和田竜原作映画化もされた、
『のぼうの城』の舞台でもあるからだ。

28.JPG

もちろんドラマでも登場するので、
いつかは、と今が旬、の訪問に大満足だ。

29.JPG

次の訪問地も一般道で忙しいと思っていたら、
突然にナビが起動し、安堵の拍子抜け。
まずは運転軽減は助かる (^o^)ホッ

東松山市、坂戸市を通り、昼食ひと休みだ。
そのファミレスの隣は先の饅頭店支店だったりする。
後ろ席のお母さん軍団の若干一名が、
学校への文句タラタラとうるさい (--#)

31.JPG

さて目指すは東洋大学の陸上トラックだ。
箱根駅伝では2009年に総合初優勝してからは、
現在までの10年間は3位以内という強豪ぶり。
 → 陸上競技部(長距離部門)/ 東洋大学
 → 輝け鉄紺!(公認応援HP)


以前より関越自動車道、圏央道の、
鶴ヶ島JCTを通過するたびに気になっていた。


航空地図でもトラックを確認、ヨシ!
ゆえにナビセットも楽ちん (^^)

003.JPG

おお、ここが!(^o^)

33.JPG

当日は昼時なのか、箱根駅伝直前なのか、
選手の姿は見えないが、目を閉じれば、
柏原竜二選手、設楽兄弟、服部兄弟ら、
レジェンドの勇姿が見える!・・・とな(^_-)
酒井監督も見たかったなぁ~。
たぶん陸上ナウの、
3、4号もグッ、と来たはず ( ̄∇ ̄)♪・・・たぶん。

34.JPG

プチな興奮で次は早稲田か青学かと、
トラック巡りに食指が動いたが、
気紛れな行き当たりばったりは却下で、
予定通り湘南は江ノ島へ向かう。


辺りは数日後に迫った箱根駅伝の、
交通規制のお知らせ看板等が目に付く。
風は強いが雪国から比べれば屁の河童だ。

36.JPG

 [ んでMusic:FRUIT SALAD SUNDAY

江ノ島はあの日から1年10ヶ月ぶりの参上だ。

37.JPG

光線の透る冬の青空万歳 \(^^)/

38.JPG

40.JPG

海上自衛隊のヘリコプターかな?
明日は基地の横須賀へ行ってみようか。

41.JPG

また来たよ、青銅の鳥居へ。
江島神社へ続く参道両脇のお土産屋街は、
相変わらずの混雑ぶりかな。

42.JPG

ここでお土産物色部隊と別れて、
ひとり江島神社へ向かう信仰深い私だ。
もちろんエスカレーターなど使わず自分の足で!

44.JPG

また来ましたね (;´Д`)
 → 江島神社 公式HP
前回に全ての宮を制覇したので、
今回は時間の都合でここまでだ。

45.JPG

今旅の無事安全も兼ねて、
大事な愛車の車形のお祓いを祈念だ。

46.JPG

もちろん弁財天さまにもお願い <(_ _)>

47.JPG

傍の銭洗白龍王の白龍池も詣でる。

48.JPG

ここでもやはり100円硬貨を洗い、種銭とする。
この銭洗い儀式が好きだ (*^_^*)
 → オレの神社!・・・銭洗弁財天 宇賀福神社
 → オレの神社!・・・日本橋七福神巡り(小網神社)

49.JPG

神妙な気持ちでジャバジャバしていると、
周囲が騒がしく、ふと見るとTVロケ?
あ、サンドウィッチマンのふたり !(゚-゚)
 → 伊達みきお「もういいゼ!」
 → 宮澤たけし「名前だけでも覚えて帰って下さい」

51.JPG

52.JPG

参拝するふたりの横で、興味深く離れない、
チビッコふたりの姿が微笑ましかった。

53.JPG

TVでの印象よりも遙かに背が低いようだ。
こんな所で見たよ、東北の英雄を (^^)
(仲良く足揃っているしぃ♪)

54.JPG

まずは御朱印をいただき退散だ。

55.JPG

57.JPG

江ノ島名物タコ煎餅で有名なはいつも行列。
他にもヨダレが滴るB級グルメが多いが、
この後の夕食バイキングを考えて我慢だ。

58.JPG

別れた3人との待ち合わせ場所にいると、
4号がやって来たので、
「お父さん、サンドウィッチマン見たぜ!」
と鼻の穴を大きくし自慢すると、
「ボクは(さらに)徳光さんも見たよ。」
とのクールな回答だ・・・負けた (゚´Д`゚);;;

59.JPG

再び消えた4号に取り残され、
ひとり寂しく佇んでいると、
ゾロゾロと大名行列よろしく、
再びサンドウィッチマンがやって来た。

60.JPG

旅番組かな?
!!!・・・
・・・ここで私もカメラに写ったかも ♪
・・・あ、カメラこっち向いていないか (-_-)

006.JPG

う~む、何だ番組は???非常に気になる。

61.JPG

その後橋の上でドヤドヤしているようだが、
良く見ると誰かと会った?合流した?
あ、これは「会うまで帰れない」ヤツか!
 → テレビ朝日「帰れまサンデー」公式サイト

62.JPG

その合流したのは橋本マナミ
他は誰だかよく判らないな・・・(゚´Д`゚);;;
とにかく!よい子のみんなは、
1/14(日)16:30からの放送を観てみよう!

63.JPG

そんなドヤガヤなロケ集団を横目に退散だ。
生の芸能人、有名人を久しぶりに見たかも。

64.JPG

前回同様に、ここでもジョガー多し。
なぜにわざわざ混雑する観光地に現れる?
(つい反応する遠征ラン好きな私)

66.JPG

あの夕日の辺りが熱海温泉かな?
遠景の富士山も素晴らしい。

67.JPG

さらば江ノ島!
平日ゆえに遭遇出来た芸能人=
=生サンドウィッチマンも今回の思い出か。

68.JPG

ところで4号の大荷物・・・。

91.JPG

自分の小遣いを叩いての、
友達へのお土産=11人分!
自分のモノは買わず剛毅なやつだ。
親とは異なり、まったく立派な・・・(゚´Д`゚);;;

92.JPG

さて後は熱海温泉を目指し海岸沿いを走るが、
箱根駅伝の3区の光景も慣れたものだ。

70.JPG

その後は夕暮れのマジックアワー光景に感動しつつ、
西湘バイパスを爆走し小田原からは、
夕闇の中、狭く険しいR135と二つの有料道路にて。


軽く市街地を2周ほど流し、街の雰囲気を愉しみ、
調子に乗って事故を起こす前にホテルへと。
う~ん、南国リゾートの香りぷんぷん♪

72.JPG

ライトアップで輝く謎の熱海城の下なので
途中の海岸道路からも直ぐに確認出来たホテルだ。
 →  熱海後楽園ホテル(公式サイト)

73.JPG

おお、これだ!(^o^)
お祈り希望の、高層階の部屋での、
期待通りの熱海の夜景眺望に万歳 \(^^)/ウォー

74.JPG

75.JPG

夕食前にひとっ風呂浴びるが、
同じ眺望で、露天風呂も格別!
しょっぱい温泉で肌もビリビリ=効能あり?
部屋に戻ると夜景に向き合いつつもスマホは、
いつもの変わらぬ様子 (--#)

76.JPG

5年前に泊まった宿は、あの辺かな?・・・と。
 → 富士山&熱海温泉旅行(1)往路

84.JPG

そのインチキ城を望みエレベーターへ。

78.JPG

消去法で選んだプランはカニ三昧とのことだが、
実は誰も特に好みでは無く仕方ない・・・が甘く美味。
まずはバイキングで各自好きなモノをいくらでも。
それも宿泊の第一条件だったので (^^)

81.JPG

その夜景もそのままに、食った食ったで、
大満足のお腹はジャバ・ザ・ハット

82.jpg

再び温泉三昧で部屋に戻るが、
やはりスマホとDSでピ~ヒョロロ~♪
家にいるのと変わらないのでは (--#)

85.JPG

で、私も変わらず「呑む」が、この景色を凝視して。
この「夜景」に気張って大枚を叩いているので。

86.jpg

10~15分おきに通過する東海道新幹線と、
東海道線が気になる、気になる・・・ヾ(^v^)k


そんなうっとり夢気分で寝ようかと思うと、
TVではサンドウィッチマンが。
4、5時間前に生を見たな~( ̄∇ ̄)

88.JPG

その番組の松野明美に親子で大爆笑させられ、
それはいつもの我が家と変わらぬ。

89.JPG

早朝5時からの猛雪は那須まで4時間、
でその後もドライブの疲れでかバタン (-_-)゚zzz…

90.JPG

まずは濃厚で好い一日であった。
遊びも疲れる!
だが、それがいい(?)        (つづく


nice!(1)  コメント(0) 

一年の計は元旦にあり2018 [2018近況]

83.JPG

81.JPG

82.JPG

92.JPG

84.JPG

85.JPG

86.JPG

87.JPG

93.JPG

88.JPG

89.JPG

90.JPG

91.JPG

昨年とほとんど変わらぬ元日の一日。
今年も単調な生活に変化を生み出し、
刺激を得るべく努力の日々かな (^_-)☆


nice!(1)  コメント(0) 

慶春2018 [2018ひとりごと]

ブログ1.jpg

今年もよろしくお付き合い下さい <(_ _)>


nice!(1)  コメント(0)