So-net無料ブログ作成

箱根駅伝の旅2019(2) [2019旅行]

さて箱根翌日は雨上がりの朝を迎える。
→ 箱根駅伝の旅2019(1)

11.JPG

このホテルは別館が宿泊で、
本館が日帰り温泉施設となっていて、
日中開業前より宿泊客が無料で利用でき、
連絡通路で往来可能だ。

12.JPG

富士山が望めるだろう、
内湯同様な露天風呂だが、
寒風がピューピューで、
男気が試される ヽ(゚Д゚)ノ

13.JPG

ガスが晴れつつで、
いよいよ富士山が望めるか!

14.JPG

が、見えん!(×_×)
(ちゃんと富士山が見えるように、
 手前の木が切られているに注目)

15.JPG

朝食の間に、
さらに晴れ渡るを期待しよう。

18.JPG

室内に飾られた写真から、
このように望めるはず、と。

19.jpg

出発の時間まで粘る。
が、ついぞ姿を現さない (゚´Д`゚);;;

20.JPG

残念だが仕方が無い。
気持ちを切り換えて出発だ。
さらば、静かで落ち着いた、
好い時間をありがとうございました。

22.JPG

天気が良ければ駒ヶ岳山頂へ、
隣のケーブルカーでの予定であったが、
眺望は悪く、風も強く冷たいので却下だ。
では次予定の関東総鎮守 箱根神社へ!


源頼朝も徳川家康も参拝した、
パワースポットへ立ち寄らなくては!

25.JPG

26.JPG

私は、あの時の2年3ヵ月ぶりだ。
休日でもあるが、さすがの人出だ。

27.JPG

九頭龍神社の新宮にも。
それぞれの想いを祈念 <(_ _)>

28.JPG

3号へのお守り(仕事、縁結び)と、
セレナの交通安全お守りを。

29.JPG

30.JPG

我が子たち、お祖母ちゃんの、
御利益のあらんことを <(_ _)>

31.JPG

さて次はメインイベント=
=箱根駅伝の聖地へ再びGO!


「ここが往路ゴールへの、
 ラストスパート区間ですよ」
「へぇ、TVで観るよりも狭いねぇ」


また来たぜ、通算5回目 (^^)/

33.jpg

そして毎回お決まりの、
苦悶ゴールごっこ (^_-)☆

34.jpg

もちろん隣の箱根駅伝ミュージアムへ。
お祖母ちゃんはコアファンなので、
十二分に愉しんでいるようだ (^^)

37.JPG

この時期は初めてゆえか、
いつもと違う充実?のグッズの品揃えだ。
お祖母ちゃんは4号へ早稲田大を、
家内は3号へ駒沢大の、
キーホルダーをプレゼント。

38.JPG

お連れできて良かった \(^^)/
(縁が出来ての長年の悲願成就か?)

36.JPG

さて帰郷方向なれば6区山下り。
前回同様に面白い動画を見つけた。
コース地形とレース雰囲気抜群 ヾ(^v^)k


そして前方車窓動画もヨシ ヾ(^v^)k


アレコレと沿道名所、
名場面を解説しつつは昨日と同じ。
「TVとは違って狭いなぁ」
カメラは肉眼より広角なので、
現地の印象は全く異なるようだ。
「でも来年の箱根駅伝が愉しみだ」
そのセリフが嬉しい ヾ(^v^)k

41.JPG

塔ノ沢温泉の遙か手前から、
渋滞となったは日曜日の箱根の洗礼か。

42.JPG

やはり湯本温泉街がボトルネック。
渋滞でお腹いっぱいになったので、
ここでの土産物屋徘徊は中止で通り過ぎる。

44.JPG

この後、特に決めていなかった予定は、
4号が池袋のショップへ行きたい、
とのことで再び東京ど真ん中へ (~_~;)

5年前地図のポータブルナビでは、
東京ど真ん中はかなり不安だ。
そもそも首都高速高は怖いし、
下りての一般道も怖い。



まずは親心×男気で、
池袋を目指すと腹を決める。
東名高速道路は大橋JCTや用賀料金所まで、
渋滞10キロとか7キロの情報だが、
他に効率の良いルートも無いので、
小田原厚木道路と東名高速道路で、
毎度ドキドキと首都高速道を目指す。


この用賀料金所からはさらにチンタラだ。

47.JPG

「もうすぐ右手に駒澤大が見えますよ」
「3号がたぶん遊びに来る渋谷の駅界隈」
「あれが青山学院大学ですよ」
「そして目の前が渋谷六本木ヒルズ、
 あ、東京タワーもチラチラと!」


鬼気迫る運転と鼻息荒き説明を。
そして霞ヶ関と皇居へ (^^)

[ついでに備忘録動画はC1攻略法 ↓ ]

皇居千鳥ヶ淵の地上へ出ると、
皇居内に大勢の人々の姿が見えるが、
一般公開の日なのか?
桜も咲き誇り賑やかな様子だ (^^)

では竹橋JCTから東池袋ICへ向かう。
そこはサンシャインシティーだが、
問題は駐車場がどうなのか (@@;)


目の前のクルマが、
地下駐車場へ向かったので、
付いて行き駐車可で助かった (^0^;)


4号はお目当ての池袋駅西口へ直行し、
我々はここで待つことに。
集合は1時間半後で良かろう。

50.jpg

ではのんびりと昼食だ。

51.jpg

ノンアルで乾杯 ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

52.JPG

まだ待ち合わせまで時間はあるが、さて。
本心は上野の東京国立博物館での、
特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」
へ行きたいが、そこまでの時間は無く諦める。
そこで、折角なのでサンシャイン60の展望台へ。

55.JPG

おお!絶景、絶景!
" 高い系 ” 堪らん (*^_^*)
ここへ上るは、凡そ30年ぶりだ。

56.JPG

お祖母ちゃんビビってます (^^)

57.JPG

池袋駅だが、そう云えば、
明日3号も来る予定だった。

58.JPG

さっそく眺望をLINEすると、
「東京はいいですねぇ~」
と余裕をかましたコメントが、
ちょっと悔しい (--#)チッ

60.JPG

池袋は高台に位置するゆえか、
他のタワーや展望台よりも、
高く感じるような気がする。

61.JPG

こんな東京ド真ん中の大パノラマを、
お観せ出来たで、私も満足だ (^_-)☆

63.JPG

親子連れで愉しめそうな、
最新アトラクションも気になる。
VR技術全開ですか!

65.JPG

さすが今風の最先端の仕掛けやヨシ。
ちょっと夢中なオッさん (^_-)☆

66.JPG

山手線はまさに箱庭。
ジオラマ鉄道模型を作りたくなる。

69.JPG

十分堪能した所で待ち合わせ時間だ。
今は4号もスマホ持ちなので、
あの人混みの中でも簡単に合流できる。

さて地下駐車場から地上へ出ると、
ナビがだんまりをきめている。

「あ!高倉健状態 !?
 (・・・自分は無口です・・・)

ここがどの地点か判らず、
騒がしい周囲の交通状況で、
一瞬焦ってしまったが、
こんな時こそ冷静に考える。

「東池袋ICへ行くには、
 サンシャインシティー周囲を、
 左回りでいればたどり着くはず」

80.JPG

「このヤロー!惚けて、
 最後の最後にスカしやがって(--#)」 

82.JPG

が、いったん首都高速道へ上がれば、
後は目の前の運転に注意すれば大丈夫だ。
帰り道は、荒れ模様の、
新潟県=関越自動車道を避けて、
東北自動車道で山形県へ向かう。


さらば東京、箱根、
そして埼玉の3号 (^^)/

73.JPG

SAで、行き来の人々を眺めて、
ふと、お祖母ちゃん曰く、
「な~んか、サンシャインシティーで、
 見かけた若者たちとは、ちょっと違うな~」
鋭い観察眼に感心してしまう (*^▽^*)

74.JPG

そんなこんなで、いつの間にか帰郷だ。
21時前は、ひと気皆無のまるで死んだ町=
=現実に戻ってきた・・・ (^0^;)

3号と一昨日夜はともに食事をし、
昨日に別れたは遠い昔の出来事のような。

78.JPG

まずは3号の門出を祝おう。
そのおかげで我々も、
思い出深い1ページを重ねることが出来て、
今回も感謝の気持ちでいっぱいだ。
次回会うときは、
少しずつ成長した姿を見せておくれ。
まずは元気でな (^^)/       (おわり)



PS.
心の中にぽっかりと喪失感は、
1号を草加に送った時と同じ気持ちかも。
→ 1号の引越しで首都圏棲息(5)

が、自宅の居間と3号の部屋は、
今夜も明日も当たり前のように、
帰ってくるかのような散らかし放題 (--#)
周囲でよく聞く、
「しばらくは子どもの部屋を片付けられない」
しかし私は、ソレはソレの古いタイプなので、
ケジメをつけるべく即座に3Sしてしまった。

81.JPG

写真を撮り、3号へLINEすると、
「ありがとさんです~」
この繋がっている感でホッとするも事実。
「毎晩パーティーしているよ」
あっそう、元気そうでなにより ( ̄∇ ̄)


nice!(0)  コメント(0)