So-net無料ブログ作成

牛舎春秋2019(4)生物活性水プラントトラブル [2019べご=和牛]

主食米の田植えが終了し、
次のWCS用稲の田植えへの所で雨が降った。
ヨシ、今がチャンス!

931.JPG

生物活性水プラントは、
冬期は停止していて4月より再開したが、
田植えの直前にトラブルが。
第5槽が空!
は第4槽から移送していない!?

932.JPG

以前もたまにあり、
その時は移送配管部をいじったら、
解決したことがあったので今回も。

933.JPG

ところが何も変わらない。
これは重症くさいが、
田植えもMaxなので時間が割けない。
と放置せざるを得なかったのだ。

934.JPG

そこで心身共に余裕が出来たので対応だ。
まずは第4槽から第5槽への移送配管を外し、
詰まりを確認するが異常無し。

935.JPG

ではその前の第3槽から第4槽、
第2槽から第3槽へと上り、確認だが、
何れも詰まりは確認出来ない。

936.JPG

もっと他の部位レベル等が原因か?
とアレコレ探るが、よく判らない。

まずはさらに上位の第1槽から第2槽の、
配管も確認だが、ここで気付く。
あ、水位レベルが違う!
ということはココが詰まっている?

938.JPG

このような継ぎ手の段差部が怪しい。

939.JPG

がっちりと接着されているので、
配管を切断するしかない。

940.JPG

ノコギリを進めると、
直ぐに水が滲み出したので、
ここは詰まっていない。
では向こう側か?

950.JPG

ノコギリを進めると、
汚泥!?が滲み出し、
やがて水が噴き出した=ここだ!

951.JPG

952.JPG

これは染み出し槽からの堆肥のようだ。
冬期停止とは云え、
エアーは回していたので、
その影響で浮遊していたものか?
何れにせよ噴霧していない=
=水を動かしていないことが、
原因なのかもしれない。

953.JPG

今後のために、
ここは水抜きバルブを、
設置しておくが最善か。
今すぐ工事出来ないので、
まずは一旦テープ巻きで騙そう。
そんなに圧力も掛からないだろし、
滲む程度で凌げよう。

954.JPG

しばらく様子を見ていると、
水は動き出したようだ。
これで第5槽まで押してゆくだろう。

955.JPG

何だかんだと2時間近くも費やした。
19時のサイレンも聞こえたので帰宅の前に、
チビッコたちのご機嫌伺いを。

957.JPG

おーお、めんこいのぉ~(*^_^*)

958.JPG

その夜22時過ぎに牛の出産が始まったので、
そのついでに確認すると、
第5槽へ溜まりつつあったので、
ようやく安堵出来た。


しかし、ふと思ってしまう。
第1槽には大量に汚泥が沈殿しているかも。
一度協会と相談しなくては (-_-)


と、このように、
やることがたくさんあり・・・
・・・凄く嬉しい ヾ(^v^)k (゚´Д`゚);;;


nice!(0)  コメント(0)