So-net無料ブログ作成
本(思想・啓蒙) ブログトップ
前の10件 | -

その後の勉強(2)・・・『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』 [本(思想・啓蒙)]

 その時、日本は“三分割"されるところだった―。

 「原子炉が最大の危機を迎えたあの時、私は自分と一緒に“死んでくれる"人間の顔を思い浮かべていました」。
 食道癌の手術を受け、その後、脳内出血で倒れることになる吉田昌郎・福島第一原発所長(当時)は、事故から1年4か月を経て、ついに沈黙を破った。覚悟の証言をおこなった吉田元所長に続いて、現場の運転員たちは堰を切ったように真実を語り始めた。
 2011年3月、暴走する原子炉。現場の人間はその時、「死の淵」に立った。それは同時に、故郷福島と日本という国の「死の淵」でもあった。このままでは故郷は壊滅し、日本は東日本は汚染され、北海道と西日本に「三分割」される。
 使命感と郷土愛に貫かれて壮絶な闘いを展開した男たちは、なぜ電源が喪失した放射能汚染の暗闇の中へ突入しつづけることができたのか。

P7040007.JPG

 「死」を覚悟した極限の場面に表われる人間の弱さと強さ、復旧への現場の執念が呼び込む「奇跡」ともいえる幸運、首相官邸の驚くべき真実……。吉田昌郎、菅直人、班目春樹、フクシマ・フィフティ、自衛隊、地元の人々など、90名以上が赤裸々に語った驚愕の真実とは。
 あの時、何が起き、何を思い、人々はどう闘ったのか。ヴェールに包まれたあの未曾有の大事故を当事者たちの実名で綴った渾身のノンフィクション。
[Amazon商品紹介より]

P7100040.JPG

訪問から惹き付けられたので、
『いちえふ』等で勉強したが、
さらに深く知りたくて本書を。

P7100039.JPG

いたる所で涙無しには読めない。
様々な立場の人々の証言が重い事実を伝える。
吉田元所長のリーダーシップはもちろん、
その他の現場の方々の決死の行動に、
頭が下がるし感謝は尽きない。
素晴らしい英雄たちだ。
原発電力に恩恵を受けている、
日本国民は必読!

P7100041.JPG

豪放磊落で親分肌と云われた吉田元所長だが、
2013年7月9日に58歳の若さでこの世を去った。
原子炉の暴走とは、悪魔の連鎖を生み、
日本の壊滅に至るものであった。
その極限状態の現場にあって、
陣頭指揮をとり続けた氏のストレスは、
想像以上のものであったと思われる。
事故と闘いつつ、官邸や東電本店とも闘い、
やがて病魔に襲われた・・・。
ただただ、ご冥福をお祈りいたします。

P7100042.JPG

本書は昨夜7/9に読み終えた。
奇しくも吉田元所長の7回目の命日だ。
何か意味があるのかな?
妙な紐付けを考えてしまう。

兎にも角にも、おかげさまで、
私は毎日平和で平凡な時を迎え、
野良仕事に勤しむことが出来る。
今日も感謝です <(_ _)>
仕事がんばろう!

[実録 福島第一原発 88時間]


死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 (角川文庫)

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 (角川文庫)

  • 作者: 門田 隆将
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/10/25
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

その後の勉強(1)・・・『いちえふ』他 [本(思想・啓蒙)]

その後に思ったが、
「何もしらぬこと」を反省だ。

そこで『いちえふ』をひっぱり出し、
急遽3巻を求め熟読だ。
既に5年も前のレポだが、
現場の淡々とした事実が伝わり、
後は自分の考えが試されるようだ。

P7040002.JPG

その原発周囲の、
様子も描かれていて、
かなり参考になる。
訪問した今ではよく判るし、
改めて訪問したい意欲も湧かせる。
う~む、良い作品だ d(^^)


さらに原発自体、
その後、今、を知るために次を。

P7040006.JPG

P7040004.JPG

両書を通じて、
やはり「知らぬは罪」と。
知らぬことによる、
勝手な恐怖や思い込みが問題だ。


いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)

  • 作者: 竜田 一人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/04/23
  • メディア: コミック



いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(2) (モーニング KC)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(2) (モーニング KC)

  • 作者: 竜田 一人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/02/23
  • メディア: コミック



いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(3) (モーニング KC)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(3) (モーニング KC)

  • 作者: 竜田 一人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/10/23
  • メディア: コミック



福島第一原発廃炉図鑑

福島第一原発廃炉図鑑

  • 作者: 開沼 博
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2016/06/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



PS.
その後日に知り合いから連絡があった。
「ブログ観たよ、
 オレ近くで働いているんだよ、
 なんで来るなら教えてくれないの?」
「ええっ!マジ (゚o゚;」
彼とは長くご無沙汰だが、
実際働いている生の話を聞きたい。

世の中、いろいろあるもんだ (^^)


nice!(0)  コメント(0) 

落合信彦の本 [本(思想・啓蒙)]

落合陽一も刺激的と感心しているが、
その父親が落合信彦だったとは。

P1270010.JPG

甘ったれるな!
力強く生きろ!

当時へなちょこな私に活を入れてくれて、
今も大事にバイブルとして保管している。
また、世界に目を向けろ(視野を広く持て)、
と言わんばかりの本たちも同様だ。

P1270011.JPG

『狼たちへの伝言』は、
最初は『豚は死ね!』
というタイトルだったのだ。

豚は檻の中でしか生きられない。
今後日本は様々に檻(柵)が、
外されて行くだろう。
その時に死にたくなければ狼になれ、と。

懐かしい (^^)


nice!(0)  コメント(0) 

『FACTFULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』 [本(思想・啓蒙)]

自分とは遙かに大局観な話だが、
非常に刺激になる。

P3270002.JPG

これで今年の稲作もキマリだぜ!?



FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

  • 作者: ハンス・ロスリング
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2019/01/11
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

『図解 頭のいい説明「すぐできる」コツ 』 [本(思想・啓蒙)]

「オレってバカだ~↓」
最近も要領の悪い回答を反省することが多い。
そんな時のけっこうバイブルな、
図解で判りやすい本を読み返し。

P3180002.JPG

ポイントを押さえ、短く話せ!
永遠のミッションかも (~_~;)


図解 頭のいい説明「すぐできる」コツ: 今日、結果が出る! (単行本)

図解 頭のいい説明「すぐできる」コツ: 今日、結果が出る! (単行本)

  • 作者: 鶴野 充茂
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2016/02/19
  • メディア: 単行本



頭のいい説明「すぐできる」コツ―今日、結果が出る! (知的生きかた文庫)

頭のいい説明「すぐできる」コツ―今日、結果が出る! (知的生きかた文庫)

  • 作者: 鶴野 充茂
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2008/11/20
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

健康であること [本(思想・啓蒙)]

健康は目的ではなく条件だ。
それなりに元気に歳を重ねたいので、
日々生み出される新しい常識を。

P1270002.JPG

ガン家系なのでピリピリ。

P2250001.JPG

またそれは心から。

L1000036.JPG

今朝は良い写真に出会えた。
私もこうありたい (^^)
https://twitter.com/hatchcamera/status/1098749223393144832/photo/1


健康の結論

健康の結論

  • 作者: 堀江 貴文
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/08/09
  • メディア: 単行本



元ハーバード大学准教授が教える ガンにならない体: 効果絶大!「食事」と「生活」の小さな心がけ (単行本)

元ハーバード大学准教授が教える ガンにならない体: 効果絶大!「食事」と「生活」の小さな心がけ (単行本)

  • 作者: 荒木 裕
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2018/12/14
  • メディア: 単行本



あなたの心と身体をゆるめる 瞑想メソッド100

あなたの心と身体をゆるめる 瞑想メソッド100

  • 作者: 龍村 修
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2018/05/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 

『学校の「当たり前」をやめた。』&『多動力』 [本(思想・啓蒙)]

周りを気にするな!
毎日わくわくして生きろ!
まずとにかく行動しろ!
一貫しているホリエモン節が心地好い。

P2120002.JPG

次はそんなホリエモン節の正常行動編?

学校という、ある種閉鎖的で、
ガチガチの旧態踏襲組織には、
懐疑的なことが多いが、
こんなブレークスルーな人がいたんだ。

P2110007.JPG

背後には容易に想像できる。
「そんなの出来っこない」
と即座に否定する多くの人々の姿が (^^)


多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

  • 作者: 堀江 貴文
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/05/27
  • メディア: 単行本



学校の「当たり前」をやめた。 ― 生徒も教師も変わる!  公立名門中学校長の改革 ―

学校の「当たり前」をやめた。 ― 生徒も教師も変わる! 公立名門中学校長の改革 ―

  • 作者: 工藤 勇一
  • 出版社/メーカー: 時事通信社
  • 発売日: 2018/12/01
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

『頭に来てもアホとは戦うな!』 [本(思想・啓蒙)]

古本で安くなったから買ってみたが、
途中で飽きてしまった (^0^;)

P2030007.JPG

今も「アホ」は散見するが、
特にサラリーマン時代を懐古してしまう。
確かに「アホ」と戦ったし、
かくいう私も「アホ」だった。
ん、今も「アホ」か。

あほあほあほ~ v( ̄∇ ̄)v


頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法

頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法

  • 作者: 田村耕太郎
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2014/07/08
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

『ゼロ ― なにもない自分に小さなイチを足していく』 [本(思想・啓蒙)]

あの逮捕された頃は、
ホリエモンは好きでなかったが、
本書で見方が180°変わった。

飾らない姿勢に好感が持てたかも。
またストレートで、
熱いメッセージが伝わる。

例えば、
自由と責任は必ずセットである。
責任を自分で背負うからこそ、
自由でいられるのだ。

全くそのとおり。
個人農業にてつくづく感じる。
自己責任で、
やりたいようにやっているので。
休日も作業時間も自分次第。
仕事なのか遊びなのか、
判らないことも多々あるし。

P1310075.JPG

みんなゼロから出発する。
最初の一歩は「足し算」で、
「掛け算」を考えることはずっと後のこと。
小さなイチを足して1、2、3と積上げる。
ゼロに掛け算をしても、
答えはゼロのままなので。

自分を磨く努力を怠り、
もし宝くじで1億円当選しても、
ろくな結果にならぬ人はそんな人。


思いのほか良い本であった。
共感する考え方が随所に煌めく。
オッサンも柔軟に吸収しよう。
そして今日も働こう (^^)


ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

  • 作者: 堀江 貴文
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/11/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 

『日本が売られる』&『日本進化論』 [本(思想・啓蒙)]

全国民必読=知らぬでは済まされない。


『日本が売られる』堤 未果

日本で今、起きている とんでもないこと。
日本は出血大セール中!
知らずにいると、取り返しがつかないことになる!
水と安全はタダ同然、医療と介護は世界トップ。
そんな日本に今、とんでもない魔の手が伸びているのを知っているだろうか?
法律が次々と変えられ、米国や中国、EUなどのハゲタカどもが、我々の資産を買いあさっている。
水やコメ、海や森や農地、国民皆保険に公教育に食の安全に個人情報など、
日本が誇る貴重な資産に値札がつけられ、叩き売りされているのだ。
マスコミが報道しない衝撃の舞台裏と反撃の戦略を、気鋭の国際ジャーナリストが、
緻密な現場取材と膨大な資料をもとに暴き出す!
[Amazon商品の説明より引用]

今の日本では、
国民の暮らしを左右する政策を決める場に、
現場の人間や当事者はいない。
財界人か財界寄りの総理が議長の会議にて、
あらゆる政策がビジネスの論理
(=金儲け基準)で決められてゆく。
「今だけ、オレだけ、カネだけ」
50、100年後の未来より、
目の前の、四半期の利益のみ。
政治家、官僚のなんたる売国奴ぶりか。

P1270007.JPG

『日本進化論』落合陽一

平成の次の時代を生きる皆さんに伝えたいと。
「バブル崩壊」「失われた20年」「二流国への転落」…。平成の次の時代を、我々はどう生きていくべきなのか。今の日本が抱えている課題と、この先の未来に向けての解決策を、その分野のプロフェッショナルの方の力も借りながら、考えてみました。
・AI・高齢化時代の「仕事」を考える
・孤立化した子育てから脱却するために
・本当に、日本の財源は足りないのか
・人生100年時代の「スポーツ」の役割とは?
[Amazon商品の説明より引用]

現在と今後の日本の問題や課題について、
具体的な解説がされていて非常に勉強になる。
鋭いと感心ばかりでなく共有感も湧くかも。
私も頑張ろう(?)(^_-)

P1270005.JPG

これが元で、加筆修正された本書か。


やはり両書とも全国民必読。
判りやすくまとまっていてヨシ。


日本が売られる (幻冬舎新書)

日本が売られる (幻冬舎新書)

  • 作者: 堤 未果
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2018/10/04
  • メディア: 新書



日本進化論 (SB新書)

日本進化論 (SB新書)

  • 作者: 落合 陽一
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2019/01/08
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 本(思想・啓蒙) ブログトップ