So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
本(思想・啓蒙) ブログトップ
前の10件 | -

親子読書・・・『君たちはどう生きるか』 [本(思想・啓蒙)]

古本屋で今年のベストセラーを。
3、4号へ薦めたがはてさて・・・(^0^;)

PC160064.JPG

自分の人生に影響を与えた本を振り返ると、
社会に出た頃のビジネス、自己啓発本かも。
既に手元には無いが、
アレとアレとアレだな v(^^)

では現在のバイブルは?
などと考えつつ、
昨日は本の断捨離三昧だった。
もちろん判断基準はこれで!
ときめくか(*^_^*)


漫画 君たちはどう生きるか

漫画 君たちはどう生きるか

  • 作者: 吉野源三郎
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2017/08/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか

  • 作者: 吉野源三郎
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2017/08/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



君たちはどう生きるか (岩波文庫)

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

  • 作者: 吉野 源三郎
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1982/11/16
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

『がっちりマンデー!! 知られざる40社の儲けの秘密』 [本(思想・啓蒙)]

いまの世の中で、
儲かっている会社を紹介する、
TBSテレビの人気番組『がっちりマンデー!!』が、
過去約3年間に取り上げた企業の中から、
40社を厳選して紹介している。

取り上げられた会社は、
ちょっとしたアイデアから始めたビジネスで、
がっちり儲かっている会社ばかり。
しかも思いついたアイデアはごく普通のもの。
最先端の科学技術など出てこない。
大手企業の資本力とも無関係だ。
そんな本当にちょっとしたアイデアを、
ビジネスに発展させ、
成功している会社が登場!

P9050002.JPG

いつも模索してしまう・・・。
別に現在の仕事に拘らず、
それなりに生活できる収入を稼げれば、
それでイイと常に思っているので。
これも興奮させられた本ですた。

柔軟な視点、発想のためには、
日頃からの意識ですかね (^^)


がっちりマンデー!! 知られざる40社の儲けの秘密

がっちりマンデー!! 知られざる40社の儲けの秘密

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/05/12
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

『イーロン・マスク 未来を創る男』 [本(思想・啓蒙)]

驚異的な頭脳と集中力、
激しすぎる情熱とパワーで
宇宙ロケットから電気自動車まで
「不可能」を次々と実現させてきた男―。

シリコンバレーがハリウッド化し、
単純なアプリや広告を垂れ流す、
仕組みを作った経営者ばかりが目立つ中、
リアルの世界で重厚長大な、
本物のイノベーションを巻き起こしてきた男―。

「人類の火星移住を実現させる」
という壮大な夢を抱き、
そのためにはどんなリスクにも果敢に挑み、
周囲の摩擦や軋轢などモノともしない男―。

イーロン・マスク
いま、世界がもっとも注目する経営者。


1 イーロン・マスクの世界 「次の」ジョブズはこの男
2 少年時代 祖国・南アフリカの甘くて苦い記憶
3 新大陸へ 壮大な冒険の始まり
4 初めての起業 成功の第一歩を踏み出すまで
5 ペイパル・マフィア 栄光と挫折とビッグマネー
6 宇宙を目指せ ロケット事業に乗り出すまで
7 100%の電気自動車 テスラモーターズという革命
8 苦悩の時代 生き残りをかけた闘い
9 軌道に乗せる 火星移住まで夢は終わらない
10 リベンジ 21世紀の自動車を世に出す
11 次なる野望 イーロン・マスクの「統一場理論」

P9050025.JPG

翻訳が読みやすくGood!
非常に興奮させられた伝記だ。

彼風に未来を描くと、
トラクターもコンバインも電気動力で、
もちろん自動運転・作業。
そして火星で、
稲作と牛飼いをしているかも。
ロケットに牛を積載して・・・d(^^)


イーロン・マスク 未来を創る男

イーロン・マスク 未来を創る男

  • 作者: アシュリー・バンス
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/09/16
  • メディア: ペーパーバック



nice!(0)  コメント(0) 

ビジネス書ばかり読むバカ [本(思想・啓蒙)]

・・・と巷でささやかれていたりする。

本質的なことは、
古典で既に回答があるので、
今さら同じようなことの羅列を、
繰り返し読む輩を非難云々だ。
確かに『1分で話せ』は、
『韓非子』にも出てくるが。
ま、あまり固く考えずにネ (^_-)!

39.JPG

便利な世の中の裏側を説く、
『すごい技術・・・』は技術魂をくすぐりGood!
『1日1ページ・・・世界の教養365』は、
山間ど田舎で百姓をしている現実と、
あまりの隔世感がGood!
いつも「バカ、死ね、アホ」
と口汚く連呼しているので、
『いい言葉は・・・』で浄化しませう。

「読書の夏」ですよね~(*^▽^*)


1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

  • 作者: 伊藤 羊一
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2018/03/14
  • メディア: 単行本



雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科

雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科

  • 作者: 涌井 貞美
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: 単行本



1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

  • 作者: デイヴィッド・S・キダー
  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2018/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



いい言葉は、いい人生をつくる (成美文庫)

いい言葉は、いい人生をつくる (成美文庫)

  • 作者: 斎藤 茂太
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2005/01/05
  • メディア: 文庫



現代農業 2018年 08 月号 [雑誌]

現代農業 2018年 08 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2018/07/05
  • メディア: 雑誌



nice!(0)  コメント(0) 

『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』 [本(思想・啓蒙)]

前書の続編は、
では具体的に身近な生活への影響は?と。

P6110002.JPG

う~む。う~む。う~む。
私は2、30年でお陀仏だが、
働き盛りの子と孫の代は・・・(゚´Д`゚);;;

P6110003.JPG


未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書)

未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書)

  • 作者: 河合 雅司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/05/16
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0) 

再勉強Excelマクロ・VBAとか [本(思想・啓蒙)]

田植えが終われば、草殺しも忙しいが、
事務作業が待っている。
特に水利組合会計の、
前任者が苦労していた作業を軽減すべく、
Excelファイルのブラッシュアップが急務だ。

P4280001.JPG

しかし毎日向き合っていたサラ時代から離れ、
忘れていることは多く、ソフトver.も上がったので、
まずはマニュアル本を購入しスタンバイだ。

P4280002.JPG

全開脚が便利であろう d(^^)

P4280003.JPG

今時の農家、というか地域作業でも、
庶務や会計に携わる事務では、
PCでドキュメントが作成できないと務まらない。
手書き手作業でも何とかなるが、
効率は圧倒的に違うし、報告義務があれば、
ほとんどはPCドキュメントだからだ。
ゆえにPCドキュメント作成スキル取得は、
農家にも必須の時代だ。
簡単な案内文書、四則演算表とか。

また、子どもの保護者会も同様か。
あの時も担当者は同じ事を言っていたなぁ。


さてさて、まずは田植えを、
さっさと終わらさないとな・・・。


ビジネスExcel 完全版

ビジネスExcel 完全版

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2018/01/25
  • メディア: 単行本



かんたんだけどしっかりわかるExcelマクロ・VBA入門 (Informatics&IDEA)

かんたんだけどしっかりわかるExcelマクロ・VBA入門 (Informatics&IDEA)

  • 作者: 古川 順平
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0) 

防災・危機管理意識 [本(思想・啓蒙)]

狭い国土に複雑な山河で地震大国なれば、
常に自然災害の危機に瀕している日本。
その関係職種の方々には有名な本らしいが、
これは全国民必読と思う。

『新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている』
(Amazon紹介より)
本書は、2005年に出版された書籍 『人は皆「自分だけは死なない」と思っている』の改訂新版です。
東日本大震災や御嶽山噴火など、日本を揺るがせた大震災についても新たに収録しています。
「関東大震災が来ると言われていても、本当に来るかはわからないから…」「自分だけは大丈夫、助かると思ってる」そんな方も多いと思います。
阪神淡路大震災、新潟県中越地震、スマトラ沖地震、東日本大震災など…甚大な被害をもたらす災害が頻発するのに、なぜ人は“防災”ができないのか…。
本書は、その心理を解明し、その上で何ができるのかを紹介していきます。

P1280010.JPG

防災とは視点は変わるが、
危機管理と云う意味では同じく興味深い本。
分厚いので、たまにチマチマと、
つまみ読みで未だ1/4だが。

『最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか』
(Amazon紹介より)
現代における最も危険な場所の一つが巨大システムの制御室である。原子力発電所、ジャンボ機、爆薬工場、化学プラント、核ミサイル基地…技術発展に伴い、システムはより大きく高エネルギーになり、人員はより少なくて済むよう設計されたが、事故が起これば被害は甚大になる。巨大システムが暴走を始めたとき、制御室で人びとは何をするのか、何ができるのか。最悪の事故を起こすシステムと、その手前で押さえ込むシステムとの違いは何か。50余りの事例を紹介しつつ、巨大事故のメカニズムと人的・組織的原因に迫る。

P1280011.JPG

自分の身は自分で守るは原則だが、
現実の生活は巨大システムに依存しているので、
一旦何かが止まればたちまち・・・怖い。


日々の生活は常にリスクと隣合わせ。
その「瞬間」に何が出来るのか、を。
例えば、この大雪が続いたらどうなるのか?
コタツで本書を読みつつ想定を、とな。


新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている

新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている

  • 作者: 山村 武彦
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2015/04/03
  • メディア: 単行本



最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか (草思社文庫)

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか (草思社文庫)

  • 作者: ジェームズ・R. チャイルズ
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2017/08/02
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 

最近良かったビジネス書 [本(思想・啓蒙)]

実際に書店で手にとり確認し買った本。
平行読みなので完読まで時間を要したが (^_-)

『図解 モチベーション大百科』
『10倍速く書ける 超スピード文章術』
『図で考える。シンプルになる。』

PC260054.JPG

専業専門書以外にクロストレーニングで、
様々にインプットするは大事なことだ。


図解 モチベーション大百科

図解 モチベーション大百科

  • 作者: 池田貴将
  • 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版
  • 発売日: 2017/06/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




超スピード文章術

超スピード文章術

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/08/23
  • メディア: Kindle版



図で考える。シンプルになる。

図で考える。シンプルになる。

  • 作者: 櫻田 潤
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0) 

年末恒例事典更新2017 [本(思想・啓蒙)]

判らぬ用語が多いので、
4、5年で買い換える『現代用語の基礎知識』。
昔は同じようなものが各社から出版されていたが、
生き残りはこれのみかな?
こんなことでも厳しい出版業界を垣間見たりして。

また時事のガイドとして、
『論点もの』は毎年買っているかも。
結局活字かな、と思っている。

PC120003.JPG

大方の着地点は「日本は大丈夫か?」と。


現代用語の基礎知識2018年版 通常版

現代用語の基礎知識2018年版 通常版

  • 作者: 池上彰/佐藤優/竹内洋岳/飯田泰之/平田直/島薗進/五野井郁夫/伊藤真/金子勝/森永卓郎/清家篤/湯川れい子/塚田穂高/伊勢崎賢治/やくみつるほか
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2017/11/09
  • メディア: 雑誌



文藝春秋オピニオン 2018年の論点100 (文春MOOK)

文藝春秋オピニオン 2018年の論点100 (文春MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/11/09
  • メディア: ムック




nice!(1)  コメント(0) 

『町の未来をこの手でつくる-紫波町オガールプロジェクト』 [本(思想・啓蒙)]

自分の住んでいる町の未来はもちろん気になる。
本書は非常に良い事例であった。

PB170018.JPG

→ 岩手県志波町
→ 岩手県紫波町「オガールプロジェクト」
  補助金に頼らない新しい公民連携の未来予想図


あの日廻ってみるべきだったかも。

ただ単に、
利便性の良い箱物を作った、
と云う話ではない。
町作りに直接関わる人は必見と思う。

PB170021.JPG


どこかの自治体みたいに、
まず設計事務所ありきではなぁ・・・。


町の未来をこの手でつくる 紫波町オガールプロジェクト

町の未来をこの手でつくる 紫波町オガールプロジェクト

  • 作者: 猪谷 千香
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/09/26
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 本(思想・啓蒙) ブログトップ