So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018仕事・作業 ブログトップ
前の10件 | -

とある日の夕方作業 [2018仕事・作業]

17時前には暗くなり終了感が漂うが、
仕事が無いわけではない。

21.JPG

例えば精米。
自家分、送付分、そんな時期か。

22.JPG

その米ぬかを牛舎へ運び、
馬瀬に散布したり。

23.JPG

パトローラー達たちのご機嫌伺い。
「体調如何ですか?」ペコペコ <(^_-)>

24.JPG

25.JPG

人なつっこくて、めんこい (*^_^*)
(山形弁で "かわいい” )

26.JPG

27.JPG

キリリと頼もしい d(^o^)
「よろしくお願いしま~す」<(_ _)>

28.JPG

そしてなぜか今頃に、
米袋の準備でハンコ、ペン入れを。
70枚だが今や厭戦気分で怠い (-_-)

29.JPG

そこで気晴らしにMusicは、
今が旬のクイーンを聴きながら ♪

30.JPG

うぃ~ あざ ちゃんぴょん まいふれ~ん ♪
じゃん!じゃん!
あ うぃ~ きま ふぁいでぃん ちゅでぃえ~ ♪
じゃじゃじゃん!じゃ!


いゃぁ映画の興奮が蘇るぜ (^^)

うぃ~ あ~ざ ちゃんぴょん ♪
うぃ~ あ~ざ ちゃんぴょん ♪

そんな乗りに乗った作業は、
33枚押したところで衝撃の事実に気付いた!
はえぬき」が必要なのに、
なぜかつや姫を押している (O_O)
3枚足らずの67枚で勘弁してもらいました・・・。

ダメだ、こりゃ (×_×)

nice!(0)  コメント(0) 

田んぼ出入口の補修 [2018仕事・作業]

秋のうちに田んぼの出入口が、
荒れた所を補修で町内を駆け巡る。

36.JPG

38.JPG

40.JPG

私がダンプカーで砂を運んで、
父親が油圧ショベルで均す。

41.JPG

例年苦労する所を。
しっかりと固まって欲しい。

42.JPG

晴天日を選んで一気呵成に2日ほどで。

44.JPG

45.JPG

北から東と10km範囲を移動し10箇所ほどを。

46.JPG

ついでに排水路も掘り起こす。
これで20年は大丈夫であろう=
=私が引退するまで d(^^)

47.JPG

今日も終わった、はぁ~やれやれ。
が、まだ17時前なんだよね (^0^;)

48.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

秋の用水路補修(2) [2018仕事・作業]

81.JPG

本当はシーズン前作業が望ましいが、
短い春に作業出来る保証が無いので、
今出来る秋の内に進めておく。

82.JPG

シーズン中に水漏れ箇所へ、
マーキングしておいた。

83.JPG

私が生まれる前の土木工事なれば、
痛みも激しくなかなか・・・(×_×)

84.JPG

マーキング以外も怪しく見えるので、
当初予定の3倍の、
結局50箇所くらい頑張ったかも。

85.JPG

この地区は用水路が、
防火水槽の役目も果たしているので、
常時水を流しておくらしい。
そこで地区担当へ止水、地区内周知をお願いして、
モルタル作業なれば晴れの日にようやく可能となる。
晴れが続きそうな1週間の勝負は、
自分の都合だけでは簡単にゆかない。
はぁ、やれやれ・・・
そんなところに癒やしの米坂線 (^_^;)
この光景に汽車が通れば「作品」になろうが。

86.JPG

他にも壊れた入水部を同様に補修だ。

87.JPG

ここは防火水槽等ではないが、
水が流れているので止水に時間を費やす。

88.JPG

さらに他も今のうちに。
果たして水漏れは止まるのか、
実際にやってみないと判らないが。

90.JPG

少ない晴天時にやるべき事は多く、
雪国の忙しいところだ (-_-)

91.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

秋の用水路補修(1) [2018仕事・作業]

稲刈り終わらぬ、秋深しのとある時期。

51.JPG

来年の春では雪融けが遅いために、
作業可能かどうか、その時にならぬと判らない。
そこで秋の内に作業を進めるが、
用水路の泥上げや補修だ。
もう人力作業では不可レベルな所を今のうちに、
パワーショベルで対応するのだ。

52.JPG

ところで当ブログでも多く引用している、
「パワーショベル」だが、
ちょっと曖昧なので調べてみた。
  → ユンボ・油圧ショベル・バックホーの違いとは?

ショベルカーの相関関係を整理しよう
①パワーショベルとは、
 コマツが販売していた油圧ショベルの商品名。
 油圧ショベルの事をパワーショベルと呼ぶことが多い。
②油圧ショベルとは、
 いわゆるショベルカー全般のことを指している。
③ユンボというのは商品名であるが、
 一般的には油圧ショベルのことを指す。
④バックホーとは、油圧ショベルの中でも、
 手前に向けて掘削するもののことを指している。

実際には油圧ショベルでもユンボでも、
パワーショベルでも通じてしまう。
しかし、きちんと区別して話が出来ることが、
大事な場面に出くわすかも知れない。
今後は「油圧ショベル」か「バックホー」にしよう。
・・・と云うことでキミも今から備えよう!d(^^)


53.JPG

自分の田んぼは自分で、が基本だが、
耕作放棄地や他用途の元田んぼは、
地主や現使用者がキチンと管理せぬがほとんどで、
仕方無く私がやらざるをえないが実情=
=田んぼ作りの厳しさの一例 (-_-)

54.JPG

畦が痩せてしまい、用水がオーバーフローし、
悩まされていた所は約15~20cmほど嵩上げだ。
これは正真正銘に油圧ショベルの出番だ。

55.JPG

さて使用の来期はどうなるか愉しみだ。

56.JPG

入出の枕木の橋も畦が痩せてしまい、
橋が30cmも落ちており、
かつ下部を通る排水路にも土が溜まり、
排水を塞き止めていた所も修繕だ。
橋を架けて20年くらい経つか。

57.JPG

見事に復活!
これで20年は安心=リタイヤまでGO!

58.JPG

しかし油圧ショベルの活躍は感心だ。
世の中の建設現場は当機で成り立っていて、
我々の快適な生活を支えている、
と云える凄い機械だ (^^)



nice!(0)  コメント(0) 

北部草刈り人足2018秋 [2018仕事・作業]

稲刈りゴール直前だが、
北部の2地区の草刈り人足に駆り出される。

61.JPG

まずは早朝6時からの若山地区へ。

62.JPG

63.JPG

担当区間の上流の山の中は寂しさ満点。

64.JPG

65.JPG

66.JPG

今回は参加者が少なく、
7時半まで掛かってしまった (>_<);;;
次は8時半からなので忙しい!

67.JPG

一旦家へ戻り7時50分。
メールやLINEで連絡ごとをすると、
8時5分過ぎで朝飯の時間も無い (゚´Д`゚);;;
急いでその小渡地区へ向かい、
到着は8時25分でギリギリセーフ (~_~;)

70.JPG

既に私はかなり疲れている・・・。

71.JPG

72.JPG

小国盆地特有の朝霧の濃さは、
10時半頃にようやく開けて日射しが降り注ぐ。

73.JPG

74.JPG

若山地区同様に小渡地区も、
参加者が少なく作業の負担は重い。
高齢化と少子化の影響がもろに。

75.JPG

2班に分かれての水路の後は、
この高く急な法面がクライマックス。

77.JPG

転倒の危険性大で、
後半疲労が蓄積なれば腰が、ふ~らふら ♪

78.JPG

あー辛い (>o<) 辛い (゚´Д`゚);;;
終盤へ進むにつれて、みんな口数が少ない。

79.JPG

しっかりと正午近くまで費やし、
何とか今年も無事終了だ。
来年が思いやれるが・・・(×_×)

90.JPG

この日は長井マラソン大会で、
ゲストの瀬古さんとイカンガー氏の、
レジェンドを見たかったなぁ。

91.JPG

仕事日和の良い天気だが、
午後はパワーゲージが少なく、
15時前から気になる所の、
草刈りに終始の一日となったのだ。

92.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

草刈り人足ラッシュ! [2018仕事・作業]

51.JPG

若山地区の早朝草刈り人足は5時集合!
ゆえに4時過ぎに起床し30分過ぎに出ないと、
7km先の現地集合に間に合わない。

52.JPG

いつもの場所をやっつける。

53.JPG

54.JPG

寝ぼけ眼でふらふら~♪
朝露で濡れた足場=斜面は危険だ。

55.JPG

56.JPG

同じ時間にはモゾモゾとワラビ採りの婆さんたちが。

58.JPG

59.JPG

倒木箇所は冒険気分に。

60.JPG

水路をジャバジャバと前進。
けっこうな水圧もまた愉しいかも。

61.JPG

62.JPG

また続いて倒木が。
ジャングルクルーズで遊び気分 (^^)

63.JPG

約1時間強で終了し、
その日は4号の中体連の応援に出動したわけだ。

64.JPG

また、とある遠征帰りの翌朝も人足だが、
すっかり忘れていて呼び出しをくらう。
スイマセン・・・<(_ _)>

81.JPG

82.JPG

疲れ案配の体に、
雨の作業は効く~(゚´Д`゚);;;

83.JPG

そして人足は続く。

84.JPG

ここは例年、雨の作業の印象が強いが、
その日はカンカン照りで暑い。

85.JPG

例年比で雨量が少なく、
草の生長は遅いはずだが、
作業難は変わらないかも (>_<)

86.JPG

87.JPG

誰も使用しない謎の公園は、
作業確認の役人のためにの不毛なことかも。

88.JPG

同じく草刈りネタ。
聖地の米坂線の法面はJR管理だが、
ここはJRではなく、隣接の農家さんの、
完全な好意で綺麗に刈り払われている。
ゆえにこの景色を目に出来るは、あと何年か?

96.JPG

田畑に雨が欲しいところだが、
同時に余計な草も生長するのでなかなか・・・(×_×)


nice!(0)  コメント(0) 

雑作業とEast i-D [2018仕事・作業]

41.JPG

荒起こし最中だが、隙間時間に雑作業を。
雪の重みで折れた枝木、蔓が、
とある田んぼに倒れかかっている。

42.JPG

43.JPG

とにかく切る!

44.JPG

約20分で終了だ。

45.JPG

そんな聖地の朝篠地区で、もう一杯。

46.JPG

入水や排水口を補修していた時のこと。

48.JPG

49.JPG

遠くから列車の音が迫ってきた。
「お!East i-D(キヤE193系気動車)だ!」

50.JPG

そういえば、ここに来るときに、
怪しい他県ナンバーのクルマが、
線路脇に駐車していた。(赤矢印部)

51.JPG

East i-Dが去ると、そのクルマも去って行った=
=追っかけ鉄道マニアか。

52.JPG

この時間に通常運行車は無いので、
おかしいと思ったが、
確か数年前にもこの時期に見かけたかも。
そして翌日も町原地区内でも目撃!

53.JPG

特別列車にはことさらに燃える、
少年オヤジの面目躍如 v(`へ´)フンッ

そんな雑作業の中で、
ついにイルミツリーを撤去することに。
「簡単な作業ほど放置している説」ネ。
あーめんどうくさい (^_-)☆

55.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

2018春の用水路人足3連投 [2018仕事・作業]

5/3(木)は恒例の幹線用水路のゴミ上げ人足。
役員改選で会計へスライドした初仕事だ。
まず第一関門にして最大任務は出欠確認で、
実は会員の名簿から顔、名前が一致せぬと、
恥をかくだろう、恐ろしい始まりで開会。
・・・と、大袈裟に広げて、
実はそんなに大したことはない。
みんな優しいから (*^_^*)

で各チームごとに担当地域へ。
ちょっとだけ若返った我が集落チームだが、
平均年齢はサラリーマンの定年に近く、
“ 若い ” くせに腰が痛いとか怪しい (^^)

51.JPG

また一服の飲み物を届けるも任務。
人数分を購入し、各作業区域へ届けるも、
簡単なようでタイミング等の、
微妙かつ些細なノウハウが必要のようだ。
まずは一回りしないと判らないかも。

52.JPG

しかし雨の日は何をやるにも不便だ (>_<)

53.JPG

さて水路の泥上げは重労働。

55.JPG

56.JPG

そして枝水路へ民族大移動。

57.JPG

58.JPG

59.JPG

60.JPG

雨中の半日、みなさまお疲れさまでした。

61.JPG

大泥=あまりの重量物に、
ポンコツスコップもご臨終。

62.JPG

そして5/6(日)は早朝5時半から、
枝水路のゴミ上げを。

65.JPG

77.JPG

6時過ぎの1番列車通過前に横断だ。
約1時間で終了、お疲れさまでした。

75.JPG

と翌々日5/8(火)も同じく5時半から、
残りの水路をやっつける。

66.JPG

67.JPG

68.JPG

69.JPG

実際作付けしている農業者数名のみでは、
とてもこなせない作業量ゆえに、
貸し手の地主さんにもご足労を願っている。

70.JPG

みなさまのおかげで米作りが出来ます。
ありがとうございました <(_ _)>

71.JPG

以上GW恒例のミッションだが、
年々参加者の減少に歯止めが掛からず、
残された人たちに負担は重くのしかかる。
それは米作りを継続出来る地域は、
限られてくると云うことだ。

78.JPG

従来どおりの発想で、
チビチビした助成金をバラまいても、
解決しませんよ。


nice!(0)  コメント(0) 

頭痛のネズミ被害対応 [2018仕事・作業]

その後の牛舎のネズミの悪さ。

38.JPG

B棟天井から噴水の大騒ぎ!

26.JPG

冬期休業から再開した、
3月末にA棟でも噴水騒ぎがあった。

27.JPG

今回も同じ原因であろう。

28.JPG

樹脂製の生物活性水の噴霧配管を、
ネズミがかじって穴を開けたと思われる。
先と同じく柱にぴったりと沿わせた部分かと。

29.JPG

ピンポーン!大当たり (--#)

30.JPG

修繕しなくては。

31.JPG

部分切断し新品をジョイントで結合だが、
三つ叉が勿体ないような気がするが、
緊急を要するし先の工事の余り品なのでヨシだ。

32.JPG

交換後は柱に沿わせず、
出来るだけ宙ぶらりんにする。

33.JPG

噴霧状況を確認、ヨシ d(^^)

34.JPG

ひと安心もつかの間で、
そろそろ暑い日があるので、
天井の扇風機のスイッチオンすると、
4台ほど動かないものがある。

36.JPG

電気屋さんに対応して頂くと、
配線をネズミがかじって断線とのこと!

37.JPG

チッ、チッ、チッ (--#)

25.JPG

対策のネコ部隊編成作戦は、
担当者がモタモタしていて進捗遅し。
毎日みんなドタバタで仕方ないが・・・(-_-)


nice!(0)  コメント(2) 

実家地区の稲荷神社の雪囲い外し2018 [2018仕事・作業]

今年も時期となり春のイベントを粛々とこなす日々。
例年同様に実家地区の稲荷神社の雪囲い外しを。

51.JPG

雨なので会長が安全第一作業のポイントを指示だ。

52.JPG

その後に斜面の桜の下刈り、支障木撤去を、
予定していたが、この雨では危険なので中止だ。
その桜は今週末には開花しそうな状態だ。

53.JPG

では作業開始。
「気合い入れネーとケガすっぞ ヽ(゚Д゚)ノ」

54.JPG

55.JPG

程なく終了し、午後3時に再集合して春祭り、
その後は公民館にて直会だが、
駅伝練習で遠征の4号を迎えに行くので不参加だ。
地域の方々との懇親機会は貴重だが仕方無い。

だから帰宅後にひとり呑み ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

56.jpg

自分の仕事とともに、
季節行事、作業のルーチンも始まる。
雪融け、春の息吹とともに (*^_^*)


nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | - 2018仕事・作業 ブログトップ