So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018旅行 ブログトップ

農家の休日・・・東京プチ旅行2018初秋 [2018旅行]

>話は約1ヵ月前にさかのぼる・・・>

そんな心配な時期ではあったが、
こちらも同じくらい心配事で、
急遽上京することになった。

21.jpg

そうと決まれば割切り今を愉しむ。
赤湯駅から山形新幹線だが、
東北新幹線と合体連結の福島駅が好きだ。


在来線を利用したミニ新幹線が、
高架を上り合流するに、いつも興奮だ。


かつてはこの合体連結を観せるために、
子どもたちを福島駅へ連れて来たものだ。
「ガッチャーン!がっちゃ~ん!」


そんな福島駅は過密さでも有名だ。
特に上り東北新幹線が合体連結のために、
左線路から一気に最も遠い右路線へ移動は圧巻だ。
(前ビデオで40秒、次ビデオで20秒あたり)


こんな汽車旅気分を助長するが駅弁。

22.JPG

あー東京へ来たぁ (^o^)
田舎者が実感するメロディ♪
フリー切符なればJRをフル活用だ。


 [ BGM:Mezzoforte - Fusion Blues

さて上野で別れて大丈夫であろう。
久しぶりに東北地方玄関口の雑踏を味わうか。

24.JPG

地元の後輩の店のお土産=
=いつもの「小国セット」片手に。

25.JPG

戦い、スポーツの仏様に拝礼 <(_ _)>
忙しい常在戦場に負けは許されん(?)

26.JPG

そして秋葉原から総武線で、
約30分の船橋は改めて遠く感じるが、
それものんびり心のゆとりで車窓が愉しい。
降りれば何年ぶりかの懐かしい沿道だ。

28.JPG

伯母さん宅へ向かうのだ。
夏に伯父さんが亡くなったので線香あげと、
伯母さんのご機嫌伺いだ。

30.JPG

従兄弟も加わりしばしのお邪魔で、
またお目にかかれる日を楽しみに (^^)
帰路は身の危険を感じてそそくさと・・・。

31.JPG

しかし、お土産のどら焼きが重い。
地元から律儀に背負って来たのだ (--#)v
再び秋葉原へ戻り、その友人と一献だ。

32.JPG

33.JPG

数年前に小国から東京へ越して行った、
Iくん、お元気そうで何より。
お互い4人の子持ちの談義だったかも。
さらば、またそのうち会おう (^^)/

34.JPG

さてホロホロと板橋区のホテルへ。
この煩い首都高も4号と暴走したな。

36.JPG

LINEで様子確認連絡は、
便利な世の中になりありがたい。
外を行き交うクルマ音も都会を実感、
心地良い疲労感で・・・(-_-)゚zzz…

37.JPG

さて翌日は正午過ぎに合流ゆえに、
練っていたプチ観光だ。
中山道は板橋区の地名の「板橋」だ。
「新板橋」から木々に隠れる「板橋」を望む。

41.JPG

そして目指すは高校野球、
サッカー等の強豪帝京高校


狭い路地を彷徨いながら到着!

43.JPG

野球部員の元気な声が響く。
休日は練習試合か?
吉岡、三沢、石橋貴明も汗を流したグランドか。

44.JPG

45.JPG

何部か判らぬが練習試合に訪れる他校生徒。
帝京大学も併設なれば、
行き交う若者たちの活気を感じる。

46.JPG

さて初めての埼京線十条駅から、
目指すは日野市の高幡不動尊だ。
だからフリー切符で遠くへJRをフル活用。


新宿駅で中央線へ乗り換える。
乗り換え自体はさほど問題無いが、
駅構内は相変わらず解らん (>o<);;;

47.JPG

約30年前の東京デビューは、
中央線を利用がほとんどだったので、
あの頃のピュアな気持ちが蘇る。


同じく懐かしい立川駅で、
当時は無かったモノレールへ乗り換えだ。
駅界隈も当時の印象と全く異なる。

49.JPG

親子連れの子どもたちに混じり、
少年オヤジは前面展望を鬼気迫る凝視。
わくわくする車窓に乾杯 ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

51.JPG


向かう多摩丘陵地の、
あの辺が高幡不動尊だとは五重塔で判る。

52.JPG

1号在京に合わせて、
都内の有名な寺社仏閣を攻めまくった、
いよいよ残り少ない寺の参拝は、
興奮とついに来た感が漂う d(^^)

54.JPG

参道商店街には地元の英雄が待ち受ける。

56.JPG

活気溢れる賑やかな境内もヨシだが、
宝物殿は知的好奇心と、
感性をくすぐりまくり大興奮。
「え~!山形から来たのぉ~?」
暇そうな受付のオネーさんと談笑。
ここは必見、見逃すな d(^^)

57.JPG

「同じ饅頭」とのことだが、
賞味期限が3日と3週間のモノという、
摩訶不思議な饅頭は、もちろん3日モノを。
帰省すれば実質2日弱で急かすことになるが。

58.JPG

詳細はこちら → オレの寺!高幡不動尊

心地良い充足感に満たされ記念自撮りは、
なんとセブントラックが被り大失敗!
帰省後に気付くも、時既に遅し・・・チーン。

60.JPG

お初の地で、今後も訪問機会は少ないだろう地域。
さらばでござる!と流れる車窓もお初で愉しい。
府中以西は初めてなのでガン観 (`へ´)ジーッ


さて新宿へ戻り、冷やかし散歩だが、
神輿と行列はお祭りのようで威勢が響く。
何だかんだ云っても江戸なんだよね。

61.JPG

本家本元の直系弟子?の店へ。
→ 大勝軒まるいち 新宿東南口店

62.JPG

暑かったので、つけ麺とするが、
メニュー[いちおし]に流されて、
特製つけ麺 1250円!
(こんな散財も旅ならではでヨシか)

63.JPG

その後、池袋で合流し、ひと安心だが、
「あのな~、※※※では、
 ※※※と云わんばかりだ!」
出先、特に都会では性悪説で行動しないと、
トラブルに遭う可能性が大と、
つい説教をたれてしまった・・・(-_-)

65.JPG

こんな指摘が今回の成果?かも。
少々大袈裟だが知見を伝える時間も、
少なくなっているので今のうちに。

やがて東京駅へ到着し、
山形新幹線発車時間まで自由行動だ。

67.JPG

上京記念?に何か買いたい病で、
ランニング本とニット帽を。
メガ書店にて仕事系、趣味系を、
散々立読み物色した結果コレだ。
(長井、米沢でも見かけた本だが、
 後日4号も読んでいたのでヨシ♪)

68.JPG

誰が考えているのか過密ダイヤ。
そしてスムーズな運行にいつも感心。
愉しい新幹線ホームは、
ライバルの少年オヤジで溢れている。

70.JPG

71.JPG

72.JPG

およそ3時間半後には帰郷で、
即座に実家へお土産饅頭を届ける。
「賞味期限は、あと2日だよ~」

75.jpg

そして自宅玄関で待っているは、
いつの間にか郵便受けに・・・
との怪しいチラシ
こんなものを届けるマニアは、
若干1名しか思い浮かばない (^^)

76.JPG

突然の上京は瞬く間に過ぎ去った。
行くも機会、
行かぬ、行けぬもまた機会。
機会の見極めには、
日頃の物事の優先順位付けが肝要かも。
まずは目的を達成しヨシだ。

そんな割り切った農家の休日は、
参加100%でガス抜きも勢いよく。

そして直後に義父が亡くなり、
いよいよ収穫の稲刈りへと突入だ。
作業的にも、経営的にも、
厳しいと噂される今期だが、
ポジティブ思考で前進あるのみ。

さてさて如何なるや?


40代から最短で速くなるマラソン上達法 (SB新書)

40代から最短で速くなるマラソン上達法 (SB新書)

  • 作者: 本間 俊之
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2017/11/07
  • メディア: 新書



マンガでわかる新しいランニング入門 (IKEDA HEALTH BOOK)

マンガでわかる新しいランニング入門 (IKEDA HEALTH BOOK)

  • 作者: 中野ジェームズ修一
  • 出版社/メーカー: 池田書店
  • 発売日: 2017/10/15
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

農家の休日・・・白河プチ旅行2018夏 [2018旅行]

 [BGM: Mezzoforte - Fiona

クソ暑い避暑というか逃避というか、
突然に福島県白河市へ参上!
白河市と云えば江戸時代後期の名君、
松平定信公の領地であり、
現在も息づく観光資源にわくわく ♪

06.JPG

その氏が整備した日本最古の公園 南湖公園は、
周囲約2kmでジョギングに最適なれば、
軽く遠征ランニングといってみよう!

07.JPG

ゆえに自宅からジョグパンツ。
そう、私はいつも本気だ (`へ´)フンッ!

08.JPG


米沢市から約1時間で到着なれば近い。
座右の銘「備えあればチャンスあり」で、
日頃から研究していた以下プランを実行だ。

11.jpg

東北道白河中央ICから市街地へ突進し、
南湖公園でのランニング前のアップとして、
最初に市シンボル 白河小峰城を目指す。
城は東北本線白河駅の北側に在り、
5年前の各駅旅でも車窓に強烈な印象が残っている。
クルマも白河駅隣接の北側駐車場へ。

12.JPG

東北では珍しい総石垣造りの男らしい城。
ここに松平定信公も住んでいたのだ。

14.JPG

そして見所のひとつは、
その石垣にくるっと半円を描くように積まれた、
同心半円型落積は蜘蛛の巣のような面白い模様で、
この城の他には江戸城と姫路城にしか存在しない、
非常に珍しい石積みだ。う~む (^^)

15.JPG

16.JPG

そんな名君、ついでに名家老と云えば、
里見浩太朗や北大路欣也のイメージだな、
とまるで関係の無いことを考えつつ満喫だ。
詳細はこちら → 白河紀行① オレの城!白河小峰城

園内は憩いの場所らしく、遠征疲れか、
チャリダーがベンチで横にぐったりしていた。
また、大きなヒップの外国人女性が、
切れ好くカメラで狙いまくりは、
やはり感じる地だったのかも・・・(^^)

17.JPG

次こそ南湖公園でランニング・・・とその前に、
ちょっと離れた白河の関を攻め落としておこう。
歴史舞台と云うよりも、
東北地方のスポーツ的に重要な意味の地だから。

19.JPG

白河関の森公園の駐車場へ駐め、
なぜかの相撲道場を横目に、
観光案内所のような所で資料確保。

20.JPG

平日なのに若いカップルが、
例のアレの写メでイチャついていた。
チッ、コラッ!・・・羨ましい (--#)

21.JPG

その公園内には目もくれず白河の関へ。
約21年前であろうか、
今は亡き友人と訪問以来2回目だ。

23.JPG

その前の道路をヒューン!
とロードレーサーが走り去る。
昔も思ったが白河って、
チャリダーが多い地域だ。

24.JPG

さて松平定信公が特定した碑を観て、
伊達政宗公寄進の白河神社へ参拝だ。

25.JPG

と云うことで東北地方のスポーツ=
=高校野球関係者、ファンには有名な、
大優勝旗が越すに越されぬ「白河の関」!
確かに承った!(^^)

詳細はこちら → 白河紀行② 白河の関

26.JPG

次こそ南湖公園でランニング・・・とその前に、
戦国ファンにはウルトラマニアックな地=
革籠原の防塁跡へ突進だ。
かの関ヶ原の戦いの前章とも云える、
ガチンコではどうよ?の上杉軍 vs 徳川軍の、
幻の白河決戦」の地へ愛車を走らせる。
当時は湿地帯らしかった田園地帯を快走。

27.JPG

おおっ!この・・・やる気の無さ!

28.JPG

現在のこんな雑な状況に・・・(゚´Д`゚);;;
こんなんで、イーんですか!?

29.JPG

詳細はこちら → 白河紀行③ 革籠原防塁跡

当時はこのラインに数kmの土塁だったとか。
もし関ヶ原の戦い=決戦が無ければ、
ここが日本の歴史の1丁目1番地であったかも。
いふ・if・イフ!!の歴史浪漫万歳 \(^^)/

30.JPG

そんなハイアップなのか、テンションダウンなのか、
次へ移動地中に、ふと白河実業高校発見。

32.JPG

ほーら、やっぱチャリ部ネ d(^^)
他校も強いようなので地域的に盛ん?

33.JPG

つーことで、ついにいよいよ、
今度こそ南湖公園でランニング・・・とその前に、
開店ダッシュが無難と判断し、
白河ラーメンを全国に広めた名店、
とら食堂を攻め落としておく必要があろう。

35.JPG

平日でも都会の人気店並みの大行列。
11時開店の10分後に到着し、
約1時間で何とかありつけた (^0^;)
ここも、その友人と約21年前以来、だと思う。

詳細はこちら → 白河紀行④ とら食堂

36.JPG

さて、いよいよ南湖公園でランニング。
・・・が、
お腹いっぱいなので、
・・・中止!(*^_^*)
(出たよ、やはり嘘本気が・・・(~_~;))

湖周囲が約2kmで、小山も森林公園とかで、
トレイルランも可能のような、
トレーニングに最適な環境なのだが、
今走ったらラーメンをリバースしてしまう。
(だってラーメンにも公園にも失礼だろ?(--#))

38.JPG

39.JPG

まずは散策・・・この涼しげな眺め。

40.JPG

41.JPG

42.JPG

昼休み中のオッさん達も気持ち良さそうだ。
市民憩いの場感がプンプンでイイ (^^)

43.JPG

このような水門や水路が気になるは、
職業柄もあるかもね (^_-)☆

44.JPG

遠くには見えるは、
いつも通過するのみの東北新幹線 新白河駅だ。
思えば遠くに来たもんだ。

45.JPG

松平定信公による日本最古の公園は、
身分制度の厳しい時代ながら、
一般庶民にも開放するなど、
開明的を象徴する遺産と云える。
そんな香り、しかと承った!さらば(^^)/

46.JPG

そして至近の南湖神社へ参拝だ。

47.JPG

ここで締めずして白河訪問はあるまい。
その20年以来の使命をついに果たせた (^^)

48.JPG

49.JPG

詳細はこちら → 白河紀行⑤ オレの神社!南湖神社

あちこちに像、多しの、
松平定信公、お邪魔しました <(_ _)>
遺跡を満喫させて頂き心から感謝 ヽ(゚Д゚)ノ

50.JPG

さて、市内は戊辰戦争の跡も多いが、
あまり好きで無いんだよね、東北人的には。
特に激戦地となった稲荷山には、
南湖神社参拝の後に通るが・・・合掌 <(_ _)>



・・・ということで、
来るときは東北自動車道であったが、
帰宅路は違う道を通るが私の流儀で、
今回は会津西(日光)街道から退散したい。

53.jpg

実はそこへ至るR289による、
甲子街道の走破も今回の目的だったりする。
建築・土木浪漫も大好物なので ヾ(^v^)k

54.JPG

その街道の山中奥羽山脈分水嶺の甲子峠は、
長く未開通の酷道(国道)でマニアには有名で、
徒歩の登山道に国道標識が立てられていた!
その地域悲願の道路は2008年に、
約4300mの長大な甲子トンネルを中心に開通した。


そして連続するトンネルや橋も、
険しい地形を彷彿させ、
ドライブを興奮させてくれる (`へ´)バフーッ!
当初は3連続トンネルであった区間が、
自然災害で地層破壊などが起きて、
トンネルを1本にし南側へ弓なりに付け替えるなど、
かなりの難工事さを魅せてくれる、
ちょっと珍しいは「きびたきトンネル」だ。

55.jpg

西郷村=白河側から入ると、左側へカーブするが、
その分岐地点をいざ目にすると興奮だ ヽ(゚Д゚)ノ

57.jpg

その出口もこんな感じだが、
現在は左側の旧トンネルは塞がれている。

58.jpg

こんな動画を見っけ。


では長大な甲子トンネルの動画を。
ただし動画は白河市側の反対の下郷町側からだ。


実はこのトンネルも中央内部で不具合が発生している。
東日本大震災の影響とも考えられる側壁のヒビや溢水、
鉱物の影響とも云われる道路隆起等だ。


ちょっと凸凹段差だが、ぶっ飛ばすと危険!
この辺は次のリンクが興味深いので参照あれ。
  → 国道289号 甲子トンネルの変状HETIMA DIARY

61.JPG

いつかは通ってみたかった峠道路に興奮し、
会津西(日光)街道の下郷町に出る。
ここから沿線も、塔のへつり、大内宿など、
見所は多いが、きりが無いので次回へ見送り。
やがて大好き会津若松市の会津盆地へ至れば、
未訪問のラーメン店や山城等の観光資源も多く、
さらに何となく勿体ない感で焦ってしまう。
が、外気温は38℃!との表示。
潔く諦めがつき、北西部の飯豊連峰の裏側の我が家へ、
約120kmをひたすら暴走帰郷するのみ。

60.JPG

例年この時期は、ふと空き時間を作れる。
そんな時のための日々の研究で、
突然の実行でも満足のゆくことが多いかな。

観光目的ではあるが、
沿線の田畑や果樹、畜舎に自然と目がゆくも、
職業柄でそれがまた軽い刺激で良かったりする。


見知らぬ土地散策、次は何処へ? d(^^)
では次のために日々の仕事に励みませう!


nice!(0)  コメント(0) 
2018旅行 ブログトップ